神眼使いの異世界生活

夜叉神

第8話 神竜

分かれた道をもう片方に進むと一つの檻があった。しかも、布をかけられている。
「なんだこれ?」
そう思って布を外すとそこには、
「竜??」
1匹の竜がいた。しかも、まだ子供だ。
鱗は白銀に輝いていて、いかにも神々しい感じの竜だ。
「キュ?」
「お前どうしたんだ?こんな所で……って言っても捕まったのか。『鑑定』」

【名前】
【年齢】0
【種族】竜種

【体力】560/560
【魔力】840/840

【スキル】
光魔法Lv1
飛行Lv1

【固有スキル】
ブレス
咆哮

【称号】
神竜



「ファ!」
チョ!神竜って!マジかよ!
俺は神竜を檻から出すと神竜は頭の上に飛んできた。
「ん?どうした?」
「キュ!」
「もしかして俺と一緒に行きたいのか?」
「キュ!」
神竜はキュと言って頷いてきた。
「まあ、いいか。というか人間の言葉分かるんだな」
「キュ!」
「けど名前が無いと不便だな。俺が付けてもいいか?」
「キュー!」
「そうだなぁ………………」
白銀……白……ハク!
「よし!おまえの名前はハクだ!」
『スキル テイムを覚えました。使用しますか?』
(する!)
早速手に入ったテイムを使うと俺の手とハクが光出した。光が収まると俺の手の甲には、竜をかたどった紋様が浮かび上がっていた。
「なんだこれ?」
「キュー」
ハクの方を見ると首の後に似たような紋様が浮かび上がっていた。
(リエル。これ何?)
『それは竜紋と言って神竜と契約したものに浮かび上がります。』
(ふーん)
「じゃあ行くか!ハク!」
「キュイ!」

俺は盗賊のアジトを出て、街に戻ってきた

「神眼使いの異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • sho_0212

    他の作品も読ませていただいていますがどの作品も大変面白いです。ので、これからも頑張ってください。

    0
  • かりんとう

    頑張って下さい

    1
  • 爽健美茶1205

    面白いです!
    これからも投稿頑張って下さい

    3
コメントを書く