神眼使いの異世界生活

夜叉神

第7話 盗賊狩り

今日は森でスキルの練習をしようと思っていた…はずだった。

「おいこらァ、なかなかいい服きてるじゃねぇか」
「ひっひっひっ!頭ァこいつ俺たちに怯えて声出せてませんぜぇ」
「、、、、、」
俺は盗賊に囲まれていた。しかし!そこはおれ!既にステータスは奪ってある。
『与奪眼と使用しました。剣術Lv1を2個、Lv2を1個、Lv4を1個取得しました。剣術Lv2に合成します。剣術がレベルアップしてLv5になりました。斧術Lv1を取得しました。水魔法Lv1を取得しました。身体強化Lv2を取得しました。ステータス体力を合計8350取得しました。魔力5380取得しました。』
と、リエルの声が頭の中に響いたのでそろそろいいだろうか。
「そろそろいいか?」
「あぁん?何言ってんだこらぁ。お前は大人しく捕まっときゃいいんだよ!」
と言いながら殴りかかってきたので。無限収納から剣を取り出し向かってきたひとりの体を上半身と下半身に分けた。
盗賊たちは何が起こったか分かっていないようだ。
「じゃあ次はこっちから行くぞ。」
「こいつ他だもんじゃねぇ、全力で行くぞ!」
そういって1人が剣を振りかぶってきた。
そいつの剣を持ってる手を手首から切断して、そのまま胴体を切り裂いた。
その勢いのまま創真は盗賊に向かって突っ込んで行った。


10分後ーーー
創真の周りには大量の死体が転がっていた。
「んーこんなもんか。『ステータス』」


【名前】 鳴神創真
【年齢】 15
【性別】 男
【種族】 人族

【体力】 13500/13500
【魔力】 15500/15500

【スキル】
 剣術Lv8
 棒術Lv4
 斧術Lv3
 炎魔法Lv5
 水魔法Lv5
 風魔法Lv3
 身体強化Lv3
 気配察知Lv2
 鑑定

【固有スキル】
吸収
分裂
 無限収納インペントリ
 月光の道標
 六星の魔眼

【武器】 純鉄の剣

よし、だいぶ強くなったな。
「さてと、盗賊は実入りが良さそうだし、追いかけるかな」
創真はわざと盗賊を1人逃がすことによって盗賊のアジトまで案内させようとしていた。
「んー、あっちか」


逃げた盗賊がアジトの洞窟についた
「はぁはぁ、みんなに知らせないと。あいつはまずい」
「うんうん、そうだね。ところで案内ありがとう。そして、さようなら。」
「えっ?」

ボトッ………ゴロ。
「へぇここがアジトか、なんかお宝あるかな。あ、けどまだいるんだよなあ盗賊」
そういって創真は洞窟の奥に入っていった。
しばらくすると2つの分かれ道に出た。
「ふむ、どっちに盗賊いるかなぁ」
追跡にも使っていた気配察知を使うと右側に10人くらいの反応が出た。
「こっちかな」
そういって創真はためらわずに右に進んでいった。また歩いていると扉があってその中から笑い声が聞こえてくる。
「当たりだな。よし与奪眼発動!」
するとスキルが手に入ったようだ。
「じゃあ突撃!」
創真は一気に扉を開け、中にいる盗賊に飛びかかって行った。
「な、なんだてめぇ!ぎゃ!」
「て、てめぐぁ!」
「な、なんで魔法が発動しねぇんだよ!う、うわぁ!」
「た、助けてぇー」

創真は盗賊たちの阿鼻叫喚の声を聞きながら、たんたんと殺していった。そして
「お前らは助けてと言ったやつを本当に助けたか?」
といって最後の1人を殺した。
「さてと、さっきも落ちてたがなんだこれ、一応回収しておいたが…まぁいっか。さてとお宝お宝 」

創真はさっきの分かれ道まで戻ってきて左側に向かった。そこからさらに左右に分かれていて、創真はどっちに行けばいいのか分からないのでとりあえず右に進んでいった。通路を出ると少し広い空間があって、
そこには色々なものが置かれていた。
「おお、お宝いっぱい、とりあえず片っ端から持っていくか。」
そして創真は本当に片っ端から無限収納に突っ込んでいった。

「さてと、もう一方は何があるかな?」





創真の今回の最終的なステータス


【名前】 鳴神創真
【年齢】 15
【性別】 男
【種族】 人族

【体力】 13500/13500
【魔力】 15500/15500

【スキル】
 剣術Lv9
 棒術Lv4
 斧術Lv4
 炎魔法Lv5
 水魔法Lv5
 風魔法Lv3
 光魔法Lv2
 身体強化Lv5
 気配察知Lv2
 鑑定Lv5

【固有スキル】
吸収
分裂
 無限収納インペントリ
 月光の道標
 六星の魔眼

【武器】 純鉄の剣


「神眼使いの異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ハル

    なんで体力と魔力増えてないの?

    0
  • ノベルバユーザー296591

    レベルは?

    1
  • パンプキンドーナツ

    漢数字じゃなくなったw

    0
  • 帆楼

    7話じゃなくて6話なんですか?

    0
コメントを書く