神眼使いの異世界生活

夜叉神

第六話 異世界で最初の休み

ギルドの紹介で宿屋に向かうとそこには《渡り鳥の止まり木亭》と書かれた看板があった。
中に入ってみると12歳くらいの女の子が話しかけてきた。
「いらっしゃいませ!食事ですか?泊まりですか?」
「ああ、泊まりで。一泊いくらだ?」
「はい!一泊銅貨8枚です!」
「じゃあ5日頼む。はい、これ料金」
「ええっと、はい丁度ですね!ありがとうございます!自己紹介がまだでしたね。私はミラって言います!ここでお母さんのお手伝いをしてます!」
「俺は鳴神創真だ。」
「はい!よろしくお願いしますね!ソーマさん!じゃあこれ部屋の鍵です部屋は2階の一番奥です!」
「ああ、ありがと。」

ミラから鍵を受け取って言われた部屋に行くとそこそこの部屋だった。
創真は部屋に入るとすぐにベットに倒れ込んだ。

「あああーーーー、つっかれたー」
『お疲れ様です、マスター』
「ところでさ、お前って名前ないの?」
『そうですね、スキル名はありますが固有名はありませんね。良ければ付けていただけませんか?』
「そうだな!ううんと、何にしようか、」

ええっと[月光の道標]はエル様から貰ったスキルだからなぁ。エルって名前は入れるか、うーんと、エル、エル……アエル、オエル……りえる、リエル!

「よしっ!おまえの名前はリエルだ!」
『りえる、リエル……いい名前です。ありがとうございます。』
「なんてことないさ。リエルこれからもよろしくな!」
『はい!』


すると流石にずっと歩きっぱなしで疲れたのか眠気が襲ってきた。
「リエル、そろそろ寝るわ」
「はい、おやすみなさいませ、マスター」


翌日


「ふぁ〜あ、おはようリエル」
『おはようございます、マスター』
「さてと食事に行くか」

部屋から1階に降りるとミラとは違う女性がいた。ミラより全然歳上なので恐らくミラの母親だろう。
「おはようございます」
「あぁ、おはよう。あんた昨日来た人だね。朝食にするかい?」
「はい、あとお名前はなんと言うんですか?」
「ん?あぁ、あたしはメラって言うんだよ。ミラの母親だよ」
「そうですか、ありがとうございます。俺は鳴神創真って言います。」
「よろしくねソーマくん。あと厨房で朝食を作ってんのが旦那のガストルって言うんだ。」
「なるほど、わかりました。ありがとうございます。」
「あいよ、今朝食持ってくるからね。」

しばらく待ってると、テーブルの上にサンドウィッチの乗った皿が置かれた。
「はい、オーク肉をたっぷり使ったサンドウィッチだ」
「ありがとう」

この世界で肉類は魔物の肉がよく使われている。魔物のランクが高ければ高いほど味が良くなるらしい。このオークはランクが低い割にとても美味しいからかなり人気なのだそうだ。

……美味そうだな。よし、食うか

「いただきます…………っ!」

口に入れた瞬間に広がるソースの旨みと肉のしっかりとした噛みごたえがパンにマッチしてすげえうまい!

10分後にはサンドウィッチを平らげとても満足していた。

「メラさん、昼帰ってくるつもりないから途中で食べるための弁当を貰えない?出来れば今のと同じのがいいんだけど、」
「ああ、別料金だけどいいかい?」
「いくら?」
「銅貨5枚だよ」
「ええっと、はい。どれ位で出来る?」
「もうすぐ出来るよ。はいっとこれでいいかい?」
「ありがと!じゃあ行ってくるわ!
気に入ってくれて何よりだよ。あんた若いし礼儀も出来るから出世するだろうね。死ぬんじゃないよ。」
「当たり前だよ」

そう言って俺は宿を出た




















「神眼使いの異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ロキ

    カギカッコが付いてないのです( ͡° ͜ʖ ͡°)

    0
  • ノベルバユーザー180988

    途中一人二役してる

    0
コメントを書く