神眼使いの異世界生活

夜叉神

第五話 冒険者ギルド

創真が通りを歩いていると目の前に城壁が見えてきた。城門からは中に入るための検問を受ける列が並んでいた。
「おおー、すげ。」

「よし!次の奴!身分を証明できるものを出せ!」

「すいません。すごい田舎の村から来て証明できるものがないのですが。」

「ならば銀貨3枚だ。」

そうそう
お金に関しては女神様がある程度入れておいてくれたみたいだ。この世界でのお金の基準は

銅貨10枚で銀貨1枚
銀貨10枚で大銀貨1枚
大銀貨10枚で金貨1枚
金貨10枚で大金貨1枚
大金貨10枚で白金貨1枚
白金貨10枚で黒金貨1枚だ
銅貨1枚で地球で言うところの100円くらいらしい(月光の道標情報)。
黒金貨はほとんど使われないらしい。

「はい、ところで身分証を作る時ってどこで作ればいいんですか?」
「身分証ならギルドで登録すればいい。ギルドカードが身分証になるからな。」
「なるほどわかりました。」
(ギルドってどこにあんだろ)
『冒険者ギルドなら西の大通りにありますよ。あとは商会ギルドや錬金術ギルド、魔道具ギルドなんかもその通りにありますね』
「なるほどね」

そう言いながら俺は城門の中に入っていった。ここは王都だったのだ。入ると大きな城がありとても街は賑わっていた。
俺は西の大通りに出て歩いていると、一際立派な建物で看板に二本の剣が交わっている看板が見えてきた。
「おっ!これが冒険者ギルドか」

ギルドの扉を開けると中はよく異世界もので出てくるギルドと似たような構造をしていた。入口を真っ直ぐ進むと受付があってそこで手続きをするみたいだ。
俺は中に入って受付まで行った。

「すみません、ギルドの登録がしたいんですけど。」
「ようこそいらっしゃいました。登録ですね。この用紙を記入して提出してください。」
「書きたくないところは書かなくてもいいんですか?」
「そうですね、けど、最低でも名前や多少の個人情報を書いていただけるといいですね。」
「わかりました」
俺は名前や使用武器などを書いていった。
その間に受付嬢は水晶の玉を出して俺が提出した紙を当てるとその中に入っていった。
「ではこの玉に手を当ててください。」
「はい」
「…問題なさそうですね。それではこのプレートの凹んでいるところに血を1滴垂らしてください。」
そう言うと受付嬢は銀色のプレートと針を渡してきた。俺はその針で指に刺して血を1滴たらすとプレートにの色が変わり文字が浮かび上がってきた。


冒険者ギルドカード
【名前】ソウマ ナルカミ
【ランク】F


と書かれていた。

「それで登録は完了です。冒険者ギルドについての説明はいりますか?」
「ええっと、ランクとか依頼についてだけお願いします。」

なぜそれだけかと言うとうちのスキルさんがとても優秀だからだ

「わかりました。ではまずランクについて説明します。ランクはしたからF、E、D、C、B、A、S、SS、SSS、EXとなっております。ギルドカードのランクマークは
Fランク→灰色
Eランク→黄色
Dランク→緑色
Cランク→青色
Bランク→赤色
Aランク→白色
Sランク→黒色
SSランク→銀色
SSSランク→金色
EXランクはカードの形が四角から丸くなってマークは裏に虹色で示されます。
Sランクからは貴族になることができます。現在SSSランクは世界に3人しかいません。さらにSSランクは10人もいません。実はSSSランクの上にも1つだけランクがありEXランクというものがありますがこれは現在、というか今までの歴史の中で1人もいません。」
「それ作る必要ありました?」
「ほんとですよね、次に依頼についてですね。依頼では自分のランクと同じランクか1つ上のランクができます。常備依頼というのもあり、ギルドからの依頼で常に張り出されているものもあります。成功すれば報酬が貰えます。失敗すると違約金+ギルドへの罰金があるので注意してください。また、高ランクになってくると国や、貴族などからの指名依頼などがあります。他にも、街に魔物の侵攻などがあった場合はギルドからの強制依頼が発動してその街にいる冒険者は必ずそれを行わなければなりません。行わない場合は違約金もありますので注意してください。これで以上となります。質問はありますか?」
「じゃあ一つだけ。冒険者同士のの喧嘩や騒動についてお願いします。」
「わかりました。基本的に冒険者同士の争いに関してはギルドは責任を持ちません。しかしその際に街の住民や街に危害が加わった場合ギルドカードの剥奪及び犯罪奴隷として奴隷商いきです。また、冒険者が街の住民などに手を出した場合もギルドカードの剥奪及び犯罪奴隷として奴隷商いきです。」
「わかりました。ありがとうございます。」
「今日は依頼受けますか?」
「いえ、今日はもう宿に行って休もうと思います。おすすめの宿屋とかありますか?」
「それでしたら、ギルドと契約している宿屋があるのでそこに行くといいですよ。場所は…………」


俺は受付嬢に宿の場所を教えてもらいそこに行った


「神眼使いの異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ゆく

    EXは主人公みたいなチートをランク付けする為の物だよだから凄い
    君にとっては重要だから
    そんなこと言わないであげてww

    0
コメントを書く