神眼使いの異世界生活

夜叉神

第三話 森の中


『マスター、マスター起きてください』
「んァ?どこだここ」

目を開けたら森の中にいた

「えっとたしか俺は……そうだ!なんかあの女神様に殺されて詫びにって転生したんだ」

『マスター』
「えっ!!!なんだこの声」
『こんにちはマスター、やっと起きてくれましたか私は女神エルフィン様よりあなたに与えられたスキルのひとつ[月光の道標]というものです。これからはあなたの人生をサポートしていくのでよろしくお願いします。』
「お、おう。あ、そうだエル様からスキルもらったみたいだけどどんなんなの?」
『では、まずステータスを見ましょうか
ステータスと唱えてみてください』
「ステータス」


【名前】 鳴神創真
【年齢】 15
【性別】 男
【種族】 人族

【体力】50
【魔力】80

【スキル】
 鑑定
 言語理解

【固有スキル】
 無限収納インペントリ
 月光の道標
 六星の魔眼   第一の瞳  与奪眼
                      第二の瞳  創世眼
                      第三の瞳  破壊眼
                      第四の瞳  夢幻眼
                      第五の瞳  転移眼
                      第六の瞳  ???


「なぁ月光の道標さんこのステータスの値は低いの?高いの?」
『正直に申し上げますとスライム以下です』
「、、、まじ?」
『マジです』
「そ、そうか。ま、まあスキルは強そうだし見てみるか」

よっ鑑定っと…

鑑定LvMAX   その人や物の真実が見れる。

言語理解   異世界の言語をあつかえるよう                
になる

無限収納インペントリ    生き物以外の物をしまえる
生き物の場合死んでいれば入れることができる

月光の道標    鳴神創真のために創造神エルフィンにより作られたスキル
この世界のあらゆる事象を知っている

六星の魔眼    さまざまな神によって創られた魔眼 全部で6種類の眼がある
第一の瞳 与奪眼   生命神と強欲神の大変珍しい協力によって創られた眼
強奪スナッチの場合範囲は半径5m程。自分の奪いたい人物や魔物からステータス(体力・魔力・スキル)を奪うことができる。レベルが上がるに連れて範囲が広くなる付与テイクの場合自分が相手に触れていないと発動できない。
第二の瞳 創世眼   創世神にによって創られた眼。スキルを創ることは出来ないが武器や装備を作ることができる。
第三の瞳 破壊眼   破壊神によって創られた眼。相手の武器や魔法を破壊することができる。しかしスキルを破壊することはできない。
第四の瞳 夢幻眼   夢幻神によって創られた眼。相手と目を合わせることによって相手に幻や夢を見せることが出来る。
第五の瞳 転移眼   転生神によって作られた眼。魂ではなく自分自身を転移させることが出来る。場所は1度行ったことのある場所と異空間に飛ぶことが出来る。
第六の瞳 ???   鑑定できません。


「…………これ超使えない?」
『はい。とても使えるスキルだと思います。流石神様方ですね』
「最後のはちょっと分からんがすごいスキルだな。さてとまずは人がいるところに行くか。道はどこにある?」
『ここから南に大通りがあります』
「わかった。そこに行ってみるか」

「神眼使いの異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く