神眼使いの異世界生活

夜叉神

第二話 転移

「次にスキルを与えます」

「どんなスキルをくれるんですか?」

「それはあっちに行ってからのお楽しみです。それじゃああげますね。」

女神様はそう言って俺の頭に手を当てると淡い光が俺の体を包み込んだ。

「はい、これで出来ました。」

「ありがとうございます、あとお願いがあるんだけど」
「はい何でしょう」
「向こうに行ってからの武器が欲しいんです」

「それについては大丈夫です」
「はい?」
「じゃあそろそろですね」
「えっ?ちょ!女神様?!」
「あと私の名前は創世神エルフィンといいます。気軽にエルって呼んでくださいね、では第2の人生を送りしものに祝福を」

女神様がそういうとだんだん意識が遠くなっていった














「神眼使いの異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー282808

    短くて読みやすいイイネ

    0
  • ノベルバユーザー184952

    転生先送っちゃうのに、気軽に呼ぶ機会与えない…笑
    しかも、転生方法(そのままor赤ん坊)選んでないよ…

    1
  • 小説書いてみたいけど内容が浮かばない人

    もし自分が転生?するなら向こう行かないとどんな能力か分からないのなんか嫌だね…

    1
コメントを書く