神眼使いの異世界生活

夜叉神

第一話 死んだそうです


「んァ?どこだここ?」

目が覚めると真っ白い空間にいた。

「ようこそ、鳴神創真さん。ここは神の世界、神界です。」

「えっ!えっとあんたは…?」

「私はあなた達のいうところの神と言われるものです。」

「ええっとそれでどうしてこんなところに?」

「申し訳ございませんでした。誤って地上に神雷を落としてしまって。まさかそこに人がいるとは思わずあなたは死んでしまいました。」

「はぁ」

「意外と素っ気ない返事ですね」

「まあなんか死んだ感覚がなくて…あっ!けどなんか力が抜けていく感じはする」

「あっ、ごめんなさい。今場所移しますね。」

そう言うと女神様はパチンと指をならした。そしたらいつの間にかどこかの家のような場所に立っていた。

「ここは?」
「ここは私の部屋です。それで間違えて殺してしまったお詫びとして異世界に転生してもらおうと思うのですが、どうでしょうか」

「なるほど。いくつか質問があるんだがいいか?」
「ええ、質問は全然いいですよ?」
「では1つ目、その転生はあのラノベとかの前世の記憶を持ったままの転生ってことでいいのか?」
「はい、そうですね」
「じゃあ2つ目それは前世の体のまま異世界に行くのか、それともあっちの世界で赤ん坊の状態からやり直すのか?」
「それはどちらでも構いません。それと、これから行ってもらうのはあなたの世界でいう剣と魔法の世界ですよ。魔物や色々な種族がいる世界です。」

なんと、、まさか自分にラノベの主人公と同じことが起きるとは思はなかった。

「だいたい分かった。」

「神眼使いの異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 夜叉神

    夜叉神さんの作品見ててたまに思うけど、よく名前が尽きないな〜と思います。
    普通これだけ作品描いてたら名前が尽きたりするもんなのに…

    0
  • ノベルバユーザー280356

    イ○スマの始まり

    1
  • ノベルバユーザー270403

    剣と魔法のロ〇レス

    0
コメントを書く