話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

閃雷の元勇者

しにん。

24話 エース軍戦闘部隊一番隊隊長

 やってきた作戦決行の夜。
 極寒の地ということもあり、防寒対策として厚めの服やマフラーを装備して瞑想する。
 遠く離れた生徒会長を想い、闘志を燃やす。


「さて、そろそろ時間だ。ゆっくり眠れたか?」


「……まあまあ」


「右近、左近。お前らも魔力を貯蔵出来たか?」


「勿論。いつでも行けます、主」


 極寒の地のため、下手な迷彩より真っ白な服装が好ましいだろう。真っ白な防寒服を着たアリスを見て、雪の精かと思うほどにあっていた。
 転移魔法で移動しようとした瞬間、ドアをノックする音が聞こえてきた。


「……どうぞ」


「ライガ様、私です、レティです」


「こんな夜遅くにどうしたんだ? とっくに皆は寝静まっているだろ?」


「それを言うなら、ライガ様たちのほうが不自然ですわ。どこかへ行ってしまわれるような服装ですけど?」


「ちょっと近くの売店に――」


「この時間は空いていませんわよ?」


「オレらのことはどうだっていいだろ。お前の用事を早く言え」


「最近様子がおかしかったので、少し心配していましたの」


 生徒会長が消えたこと、そしてオレらが授業をサボってまで仮想戦闘室にこもっていたこと。どうやらその2点でオレらの異変を感じ取ったのだろう。


「どうもないさ。オレらはいつも通りだったと思うけど?」


「訓練は別に構いませんのよ? ですが、ただならぬ殺気が感じ取れましたので……」


「そうか……」


 僅かながらも殺気を感じ取る能力はあるらしい。平和ボケしてるこの学園で殺気がわかる者は、少ないと考えていたのだが……考えを改める必要がある。


「まさか、生徒会長を取り戻しに行くなんて事はおっしゃるわけ……ないですわよね?」


「そのまさかだ。アイツはオレのせいで力に目覚めたんだ。オレが助けなくて誰が助ける」


「おやめください!!」


 普段大人しく品があるレティは、大きな声を出し貴族であることを忘れてしまいそうになる。
 ここまでやられてやめないオレは、バカなんだろう。でも、今ここで退く訳にはいかない。


「断る。なんの権利があってオレへ指図する」


「それは……」


「そこで止まるってことはたいした理由じゃないな。なら引っ込んでろ」


「私は……私は!!」


「私はなんだ?」


「私はライガ様へ、好意があります!!」


 これは驚いた。目を見る限り本気だろう。
 オレではない他の誰かなら、純粋な好意を喜んで受け入れるだろう。だって、貴族で、上品で、可愛らしい女の子。何だって持っている完璧な女の子なのだから。
 でも、オレは誰かを愛することや、好きになることは許されない。


「なるほど、つまりオレのことが好きだから、自ら死にに行って欲しくない。簡単にまとめるとこうだな?」


「……はい、ですわ……」


 頬に手を当て、恥ずかしがっている。なんとも愛くるしい生き物なんだろうか、なんて事は思わなかった。オレはマリアの死以降、他人へ何も思わなくなった。たとえ何をされようが、オレはマリア以外の女を好きにはならない。


「そうか、なら早めに言っておく。オレは既婚者だ」


「えっ……」


 その瞬間面白いほどレティの表情は変わる。驚きと絶望、さらには困惑。様々な感情がごちゃまぜになっているだろうな。


「そ、それは本当ですの!?」


「本当だ。もう……いないけどな」


「お亡くなりになったのですね……ごめんなさいですわ。思い出したくないことを思い出させてしまい。私どうお詫びをすれば……」


「気にするな。死んだのはオレの弱さのせいだ、お前が関わっていい問題じゃない」


「でも……」


「時間だ。少し予定が狂ったが作戦通り正面突破だ。壁はオレが壊す」


「ん、了解」


 このままレティに構っていると時間がイタズラに消えていくだけ。そう思ったオレは止められた話を進める。


「アリス、オレの手に触れろ」


 アリスから強く手を握りしめられ、転移魔法を使った。


「ライガ様……」


────────────────────


 一瞬で辺りの景色が変わり、急激に温度が下がっていく。
 少し先に見える壁がサード強制収容所だろうか。遠目に見ただけでも分かるほど大きい。まるで鉄壁の城塞。


「ここを攻めるバカなんて居るのか?」


「いるよ、お兄ちゃんが」


「そうだな、バカだろうなオレは。落とせない城を落とすなんて常識外れにも程がある」


 吐く息が白い。防寒対策をして来て間違いじゃなかったようだ。
 サード強制収容所までの距離は約1キロ程度。鬼化して走ればすぐに着くが、アリスの時間を考えると大人しく歩くしかない。


「お兄ちゃん見て見て」


 普段とはかけ離れたテンションの高さに驚き、指さされた方を見てみる。
 大きな図体をしたシロクマが何らかの動物を食べていた。白い毛並みが返り血で赤く染まり、弱肉強食を見てしまう。


「熊だな」


「熊だね」


 不思議とオレらの思考は恐怖よりも、表面だけの感想だけが出てくる。本当に見ただけの、他に意味が無い感想だけが。


「ほら、あんなの見てないで進むぞ。ここで止まってたらあの熊に殺されるかもだぞ?」


「あの熊なら倒せる」


 同意できすぎて困る。
 大自然の王者とも言える熊ですら、オレらには勝てないだろう。普通の人なら熊を見ただけで逃げ出したり、圧倒的な恐怖に負けてしまう。
 だが、立場は逆だろう。今のオレらの殺気に熊は逃げ出してしまうだろうな。


「走るぞ、ある程度近づいて警備の動きを見る」


「了解」


 足音を立てると気づかれてしまう恐れがあるため、なるべく足音を消して走る。
 全速力で走ればすぐに着くのだが、倍の時間を費やした。


「ひとまずこの岩に隠れよう。数分観察して大丈夫なら壁をぶっ壊す」


 息を潜め、壁付近の警備隊を探す。しかし、信じ難いことに誰ひとりとして警備をしていなかった。
 幸か不幸か警備隊が居ないことを確認し壁へ近づく。
 壁に触れ、どの程度の強度を誇るのかみてみる。


「これは驚いた。この壁の厚さは、軽く10メートルはあるぞ……」


 流石は強制収容所と言ったところだろうか。仮に牢屋塔を逃げ出しても、この壁を超えることは不可能という事か。
 厄介ではあったが、予定の範囲内だった。


「鬼――解放ッ!! 剛腕爆砕ごうわんばくさい――壊れた理想郷ブロウクン・ヘブンッ!!」


 鬼化し思い切り壁を壊す。壊した瞬間大きな音がしたため、念の為にその場から一瞬で離れる。


「お兄ちゃん、誰も来ないよ?」


「いや、壁を破壊してやっと感じ取れた。壁が結界になってたんだろ」


 サード強制収容所を囲う、大きな壁は内側の魔力を外へ漏らさない結界になっていた。だから、壊すまで気づけなかったが、外に警備をおく必要がないのだ。壁の内側の魔力を感じた瞬間、逃げ出してしまうから。


「いきなり戦闘が始まる。アリスはここで待機してくれ。これから始まる戦いは酷いもんだ」


 穴が空いた壁に向かってゆっくりと歩く。
 すると、壁の内側にひとり仁王立ちで構える戦士がいた。幾度となく戦場を共に舞った、仲間が。


「久しぶりだな、ライガの旦那。姿を消して1年間どこで何をしてたんだァ?」


「田舎でゆっくりニート生活」


「随分と落ちぶれたものだな。それで、この壁を破壊したのは旦那か?」


「さあ、知らない」


「そうかい。なら、何故こんな辺鄙へんぴな場所に?」


「ここに友達が来てるらしいから挨拶に来たってわけだ。面会は時間外か?」


「ははっ、面白いことを言うねえ。ここは面会そのものがお断りだとわかっているくせに」


 やはり共に苦楽を過ごした仲間が敵となると心が痛い。しかし、相手はそう思っていないらしく、既に剣を構えている。


「わかりやすい。通りたければ倒せってことだな?」


「頭の悪い旦那にはこれが手っ取り早いと思ってね。違うかい?」


「いいや、間違っちゃいねえ!!」


 右近と左近が小太刀になり、戦闘態勢へ入る。


「エース軍の勇者、オーラス・ライガ。来い!!」


「行くぞ、エース軍戦闘部隊一番隊隊長、カウレス・バウザー!!」


 互いに凍る大地を蹴り、颯爽と駆け出した。
 彼は強い。同じ部隊に配属された時、1人だけ異常なまでの殺気を持っていながら、平然と過ごした人間だ。
 実力は同じでも、年の功で何倍も戦っている。甘い攻撃が通じる相手ではない。それに加え、相手はオレの戦い方をほぼ知っている。対策されまくりだろうなきっと。


 互いの剣は互いに届かず、後一歩のところではじかれる。激しい斬り合いの中、バウザーには余裕があるように見えた。
 鬼化して同レベル。この1年でさらに鍛錬を積んできたに違いない。昔とは比べ物にならない強さだった。


「旦那ァ、その程度じゃダメだぜ?」


「分かっているさ。だから……アリスッ!!」


「うん!!」


 くるりと回り、後ろからアリスが猪突猛進に攻撃を仕掛けた。
 阿吽あうんの呼吸でオレからアリスへと綺麗な連続攻撃が炸裂する。


「その程度じゃまだだぜ、旦那ァ!!」


「分かっているさ!!」


 アリスとオレによる絶え間ない連続攻撃は、バウザーの剣技で回避され続ける。このままジリ貧かと思わせて、最後の手を残しておく。


「防御だけでは面白くない。オレから行くぜ!!」


 罠にかかった。こうして防御に徹している時、突破口を開くため、あえて捨て身覚悟で攻めてくると信じていた。
 斬りかかってきたバウザーは驚愕する。斬ったと思った相手が、霧となり消えたことを。


「なに――!?」


「甘かったな、バウザー。相手の得意戦術を知らずに懐へ入ったことが間違いさ!」


 何度も現れ斬ると消える霧に、バウザーは嫌気がさしたのか大きく飛び上がる。


「いくら霧とはいえ上空は無意味だろ。だったらオレの遠距離系の魔法で――」


「残念だが、そこはオレの領域だ。鬼燈籠おにどうろうッ!!」


 無数の鬼燈籠がバウザーの付近に出現する。


「クソ、対処しきれねぇ!!」


「終わりだ、バウザー!!」


 空中で避けることも出来ず全弾命中。
 落下し、身体を強く打ち付けられたバウザーは凍る大地に大の字で寝転がり手をひらひらと振る。


「参った参った。数の有利ってのもあるが、作戦が上手すぎる。かつての独りで戦ってた旦那は何処に行ったのやら……」


「おじさん、質問いい?」


 バウザーに歩み寄っていたアリスは、無邪気な笑顔で問いていた。


「なんだ嬢ちゃん?」


「おじさんって、カウレス・バウザーって名前なの……?」


「そうだが、それがどうしたんだ?」


「娘っている?」


「自慢の娘が……どうして娘がいると?」


「もしかして、レティシアって名前?」


「おお、レティシアを知ってるのか。まさか、友達か!?」


「うん、大親友」


「そうかそうか、という事は、ライガの旦那は彼氏なのか?」


 ニヒニヒと気持ち悪い笑顔でこちらを見てきた。


「何言ってんだバウザー。ついさっき好きとか言われたが断ったぞ」


 バウザーの表情が険しくなる。


「うちの自慢の娘じゃダメなのか――!?」


「違う違う。お前だって忘れてないだろ、マリアのことを」


「なんだそう言うことか。まあ、その件はもうやめておこう」


「そうしてくれるとありがたい」


 寝転んで起きないバウザーを置いて、本拠地へ歩を進める。

「閃雷の元勇者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く