話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

閃雷の元勇者

しにん。

22話 作戦会議

 予想していたとおり、勇者と生徒会長の模擬戦後研究者たちが生徒会長を連れていった。
 少しでも止められないかと思い、シンに掛け合ってみるがいい答えはもらえなかった。それどころか、オレも同じ研究所に入れられたいかと脅される始末。本当に性格が悪い。


「研究所の場所はこここら遥か北方にある、大氷河と呼ばれる所にある。立地の問題で脱走者はいない」


「大氷河って……」


「アリスの知っている情報であっている。大氷河にある建造物はひとつだけ。サード強制収容所だ」


「サード強制収容所……」


 遥か北方にそびえ立つ強制収容所は、現在拘束されている者はいない。数年に1度収容されるが、数日で釈放されるで有名な所である。
 もちろん生きて釈放ではなく、自殺による釈放。


「どうして、すぐに死を選んじゃうの?」


「生きることより死ぬことの方が楽だからだ。あそこはまさに実在する地獄だろうな」


 サード強制収容所の管理は徹底されている。牢屋塔に収容され、外は広大な庭が広がっている。そして、何よりも壁により隔離され中へ入るのも困難だ。
 食事も1日で1度のみ。冷めたスープと硬いパンだけで、栄養失調で死ぬ者も少なくない。
 それに加え重罪人の場合、白状するまで精神的、肉体的にダメージを負わせる。


「なら、生徒会長はどうなるの?」


「収容されて初めての地獄を味わってる頃だと思う。オレ自身も噂でしか聞いたことがないから、なんとも言えないが……少なくとも、地獄には違いないだろうな」


「それでも、お兄ちゃんは助けるんだよね?」


「アリスにそんな目をされたらな。それに、アイツはオレのことを慕ってくれている。そんな奴を助けない意味が無いだろ?」


「確かに。助けに行くことなんだけど……アリスも行っていい?」


「それは構わないが、サード強制収容所は国の管理下だ。国と一戦交える覚悟はしてもらうぞ」


「アリスの全ては、お兄ちゃん。お兄ちゃんが、決めたことはアリスは従う。それが、アリスに出来るせめてもの償いだから……」


「そうか。なら作戦決行の日まで手伝って欲しいことと、やって欲しいことがある。死ぬかもしれないが構わないか?」


「構わない。アリスは成し遂げてみせる!」


 いい面構えだ。剣魔武闘会フェスタ以降暗い表情のままのアリスが、生き返ったようにキラキラとしていた。やはり、女の子はこうじゃなくちゃな。


 これから2日という短い期間でアリスにやってもらうことは、鬼化の安定。国と戦うとなれば、勇者時代共に戦場で背中を預けた仲間がいるはずだ。そんなヤツらと戦うことは本来無謀で、2日で間に合うかもわからない。だが、やってもらう。


 そしてもう一つ、手伝って欲しいことは、オレの鬼化と赤目の鬼ブラッド・モード以外の力の取得。鬼化や赤目の鬼ブラッド・モードは対人戦闘用の力であって、大軍戦闘用の力ではない。


「封印以外の力の解放。結局オレは、強くなりたいのか弱くなりたいのか分からない。なあ、教えてくれマリア。どう生きたら、正解なんだ?」


 群青色の空へ手を掲げ、眩しい太陽を睨む。
 こうしていると、天国にいるマリアが答えをくれるのではないか、そう思っていた。


『さあ、どれが正解でしょう?』


「えっ……?」


 後ろから聞こえるはずのない、懐かしい声が聞こえた気がした。あの声はマリアの声だ。どこだ、何処にいるんだ。
 必死になり、オレは辺りを走りまくった。いないはずの彼女を探して、息が上がろうが、体力が無くなろうと関係ない。
 やがて数時間が経ち、いないという現実がオレの心を押し潰してきた。


「まあ……当たり前か。マリアは死んだ。変えられない過去だ」


 何も出来ない過去のオレを思い出し、地面を思い切り殴りつける。


────────────────────


 寒い。
 目覚めて最初に感じ取った感情。ボクは確か――


「おい、歩け。止まるな」


 言われるがまま足を動かした。ここは何処だろうか。半開きの目を必死にこじ開け、周辺を見渡すと殺風景な景色が広がっていた。
 学園でも無ければ、寮でもない。来たことがない場所だ。


「ここはどこだ? ボクは何を?」


 隣で共に歩いている人へ取りえず聞いてみる。


「ここはサード強制収容所だ。今日からお前が暮らす場所だ」


「サード強制収容所……? ボクは重罪でも犯したのか?」


「目覚めてはいけない力に目覚めたんだ。記憶にないか?」


 確か、勇者と手合わせをして何か暗い力がボクの意識を支配した、そこまでは覚えている。あそこまで力を出せたのは初めてだったが、それはいけないことだったのだろうか。


「詳しい話は中で聞くんだな。早く入れ」


 案内された部屋へ入ると、ひとりの科学者が椅子に腰掛けていた。


「はじめまして。私はここの管理者、サードだ。君の力を研究するためにここへ来てもらった。君も聞いたことはあると思うが、ここに来たからには出られると思うなよ?」


 まさに狂気。ボクとはまた違った、科学者特有の危ない雰囲気に、気圧されそうになる。


「ひとつ聞きたいけど、学園に帰りたいんだけどどうすればいい?」


「はあ? 出られると思ってんのか馬鹿なのか? これだからガキってもんはムカつくんだよな」


 サードと名乗った男は目の前の机を蹴り飛ばし、怒りを物へぶつけ始めた。
 まるで、人が変わったかのように。


「はあ……仕方ねえ。頭の悪いお前に教えてやる。死んで感謝しやがれクソったれ。ここは極寒の地、大氷河のど真ん中にある。あとはわかるな?」


「なるほど……脱走しようが、逃げた先もまた地獄か。果たしてボクを止められるかな?」


「言ってくれるなクソガキ……」


 意識が完全に戻った今、ボクの魔法を使えばこの場から逃げることは可能。外は大氷河で寒いだろうが、氷系統の魔法使いなら多少は我慢できる。


「凍れ世界よ。いつくしむ世界は、時を止め美しく。永遠に眠り続けるがいい。世界は冱て果てるフリージング・ワールド


 これで時が止まっ――


「忠告するが、魔法は使えないぜ?」


 何故だ、何故時間が止まってない。確かに魔法は使ったはず――


「お前の首にしてる魔道具は、その者の魔術回路を一時的に作動させないようにするものだ。魔術回路ってのは――」


「魔法を使う際必要不可欠の、いわば心臓だろ?」


「ふん、バカなりに知識はあるようだな。さて……お前が今置かれている立場は分かったようだな。大人しく私のモルモットとして生きてくれよ」


 サードは異常なまでの笑顔でこちらを見ている。
 ボクはこれから、どう生きていけばいい?


────────────────────


 アリスと特訓するため、少し広い仮想戦闘室を借りた。1番大きな所を借りたかったが、生憎と使用中とのこと。


「それで、鬼化の安定って具体的にどうするの?」


「手っ取り早い話、慣れってことだな。初めの方は不慣れで、魔力を必要以上に消費してしまうんだ。実際、鬼化は鬼になる時だけ魔力を使い、鬼になってしまえば魔力はほぼ消費しない」


 幼き頃、師匠のシンから教わったことをアリスへ教える。もう2度とない鬼の説明だろう。
 いや、させない。これ以上鬼の犠牲者を減らしたい。


「聞いておきたいが、鬼化ワクチンってどんなもんなんだ?」


「鬼になれる薬。1度使えば、鬼になれるし何度でもなれる。でも、複数回使用すればもっと強くなれる」


「麻薬みたいなもんか? 2度目以降意味は無いな」


 鬼化ワクチンは今後必要が無いと聞き、少しだけ安心した。
 鬼化に制限がないとなると、作戦の幅は広がる。


「よし、残り2日で仕上げるぞ!」


「うん!」


 生徒会長奪還作戦まで、残り2日。

「閃雷の元勇者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く