話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

閃雷の元勇者

しにん。

12話 パーティー

 国王陛下と賢者からのお誘いがあったパーティーへ参加するため、それなりの服装を着ることになった。
 いくつかストックがあると言われ、オレは衣装があると言われた場所に、国王陛下のメイドと共に歩く。
 レティは元々貴族のため、今夜のパーティーには参加する予定だったらしく、既に準備をしに何処かへ消えた。肝心のアリスだが、彼女は貴族ではないためお呼ばれはしなかった。あまりにもオレへの八つ当たりが酷く、国王陛下へ頼み込んだところ二つ返事で了承を得た。


「アリスの分のドレスも借りていいのかな……?」


「お気になさらず。国王陛下は何時いつでも誰でも参加できるよう、万全の準備をしておられます。お好きなものを1着お選びください」


 メイドから丁寧に案内され、扉を開くと目の前には視界が埋まる量の服が目に入る。いったいどれだけの量や費用がかかっているのか。国王としての責務で得たお金のほとんどをつぎ込んでいるのではないか、そう思われても仕方がない量があった。


 ひとまず、近くにあったいかにもザ・貴族のような、青い衣装を手に取り試着室へ。
 初めて着る服のため、勝手がわからず時間を有した。
 なんとか着ることに成功したが、これは正しいのだろうか。見るだけで着たことがないため、不安になる。
 やはり、制服や戦闘服の方が着やすくしっくりくる。


「ライガ様、大変お似合いです。ですが、ここをこうして……はい。完成です。あとは胸を張って堂々としてください」


「あ、ありがとうございます」


 メイドから直され、感動する。まさか貴族ではないオレがこの衣装を着ることになるとは。別に夢に見ていたわけではないが、見た目の変わりように驚く。
 暫く立ち鏡の前で、一周回ってみたりポーズを取ったりして、貴族っぽいオーラを出してみる。
 これはなかなかに楽しい。
 くだらない事をして遊んでいると、アリスから名前を呼ばれる。


「お、お兄ちゃん……どうかな?似合う?」


 小動物のような細い声の方を見ると、目を疑う。
 今まで子供のイメージしかなかったアリスが、ドレス一つで大人の女性へなっていた。
 身体が小さかったり、飛び出る部分が飛び出ていなかったりと、まだまだ子供な部分があるものの、色っぽさを感じ取らせる。
 銀髪に良く似合う白いドレスは、アリスのために存在していると言っているかのようだった。


「見違えた……何処かのお嬢様みたいだぞ。よく似合ってる」


「ほ、ほんとっ!?やったぁ……へへへ」


 頬を手で抑え照れている表情を見ると、いつものアリスだ。安心した。
 それでも本当によく似合っている。何処かの姫君と言われても信じるだろう。


「まだまだ服は沢山あるので、どんどん遊んで……んっ、どんどん試着してみましょう!」


 メイドは何やら楽しんでいるらしく、アリスのためにいろいろなドレスを持ってきていた。
 あれは暫くメイドのオモチャになるだろう。止めてやりたいのは山々だが、それよりも、アリスが七変化していく様を見たいという欲が出てきた。


「まずは……こちらですっ!」


 カーテンが勢いよく開けられると、新しいアリスが出てきた。
 今度はガラリと変わり、赤いドレス。
 身体が小さいのがあれだが、白と赤がマッチしていて一つの作品になっていた。
 その後も何度か遊ばれたあと、結局最初のドレスに戻ることにしたらしい。


「アリス様は本当にお人形のようですね。羨ましいです」


「い、いえいえっ!しょ、しょれほど……うへへぇ……」


「笑い方変になってるぞ」


「――ハッ」


 わざとらしくアリスは頭を掻き、照れていた。
 こんな仕草は子供だな、と考えているとメイドから次の案内が言い渡された。


「ライガ様、国王陛下からの伝言があります。ちょっとよろしいですか?」


「あぁ、別にここで構わないよ。アリスは元勇者ってこと知ってるから」


「それなら良いのですが、戦いに巻き込む可能性が高い、と聞いております。よろしいですか?」


「そうだな……いざという時はオレが死ぬ気で守るさ。それで、国王陛下はなんて?」


「パーティーは誘った理由は、純粋に決勝杯へ行ったことですが、それが全ての理由ではありません。賢者様の未来予知によりますと、パーティー会場に敵が来る未来が見えたらしいです。出来れば間違えであってほしい、とのことですが、万が一に備え仮面の一つでも準備しておけ、以上です」


 戦闘が起こる。シンの未来視は絶対だ。シンが見た未来は必ず起こる。1度も外したことがないから言える。
 だからこそ、今回の未来も備えなければならない。いつ、どこで、誰が、どのように、攻撃してくるかわからない以上油断は禁物。どうせなら、初めて外して欲しい、と心のどこかで思ってしまった。


 先日、アリスと一緒に買った仮面を隠し持ち、パーティー会場へ向かう。
 隣を歩いているアリスは、初めてのハイヒールらしく、ぎこちない歩きをしている。


「アリス、手」


 転んだら困るため、手を指し伸ばした。


「ありがとう、お兄ちゃん」


 紳士が女性をエスコートするように手を差し伸ばすと、アリスは恋人繋ぎへと強制的に変えられる。


「……? 何をしているんだい?」


「ふっふっふっ、今日1日お兄ちゃんはアリスの彼氏役に決まりました!ぱちぱち」


「えぇ……」


 アリスは訳の分からないことを言っているが、本人は嬉しいらしく、いつになく上機嫌だ。鼻歌まで歌ってやがる。
 この表情を見ていると、どうしてもアリスには逆らえない。まだまだオレも克服することが多いな。


「それでは、パーティーをお楽しみください」


 お礼を言ってドアを開けると、沢山の人、沢山の食べ物、そして国王陛下とシン。
 普通の人ならば、心踊ったり失神しそうなレベルの顔ぶれだが、見慣れた顔のためオレはどうということは無い。
 ひとつだけあるとすれば、俺の知らない人が殆どを占めるということ。もしかすると、勇者としてのオレを知っている人がいるかもしれない。そう思うと、なかなか足が進まない。


「お兄ちゃん、行くよっ」


「え? あ、おう」


 手を引かれ国王陛下の元へ近づいていく。
 どうやら向こうも気づいたらしく、少しだけ手を挙げていた。


「改めて、決勝杯進出おめでとう。君の活躍に期待しているよ」


「まぁ、ありがとう。期待されても困るんだが……。優勝はオレに決まってるもんだし、剣魔武闘会フェスタは暇つぶしみたいなもんさ」


「暇つぶし、ねぇ……。賢者様、ライガの未来を見てもらえますか?」


「はいはいー、どれどれぇ? あれぇ? 私の目には優勝しているライガは見えないなあ。何でかなあ」


「ばっ、はぁ!? オレが負けるってか!? ありえないありえない。オレより強い奴なんて居るわけがないだろ? 冗談はよしてくれよ」


「残念だが、本当だ。ドンマイ、優勝出来なかったね」


 シンの未来視は正確無比だ。外れることは無い。
 ――だから、オレが最初のイレギュラーとなろう。いや、なってみせる。
 無駄な闘志を燃やし、やる気満々になる。


「話はこの程度で、ちょっとお願いがあるんだけど、いいかな? いいよね? ありがとう。君ならそう言ってくれると信じてたよ!」


「拒否権はなし……か。それで、何すりゃいいんだ?」


「そ・れ・は――」


 国王陛下は不気味な笑みを零す。
 この顔はあれだ、うん。何か酷いことが起こる。
 そして時は流れ、パーティーは最初の頃よりも人が増え、大盛り上がりになった。
 徐々に知っている人や、見たことがある人が増え、挨拶をしなくてはな、と考えたいがその暇がなくなった。
 個人的には最悪なパターンと言えば、今の状況だろう。


 ......................................................


「本日はお越しいただき誠に有難うございます。たくさんの方々のお陰で、無事に剣魔武闘会フェスタを開催出来ることとなりました。今日この日を迎えたことを記念とし、どうぞ心ゆくまで楽しんでいってください。それでは、乾杯っ!」


 国王陛下からの挨拶が終わり、大人達はお酒や食べ物を片手に話しに花を咲かせていた。
 そして再び国王陛下が、人前に立ち皆の視線が一気に集まる。


「また登壇して申し訳ないが、ひとつ報告がある。どうぞ、来てくれ」


 様々な疑問の声が聞こえ始め、会場がざわつき始める。
 そして、オレが登場するとさらに困惑する人達。それもそうだろう、角のない鬼の仮面をして顔を隠している以上、誰かすら判断はつかないだろう。


「彼は大戦時代、私と対立し戦い、勝利を収め続けた勇者。今では英雄とまで言われる程だろう。彼は、エースの勇者だ」


 その言葉を聞くと同時に、会場の人達全てが疑念し、中には嘘だという者もちらほらいた。
 当たり前だろう、名前も顔もわからない英雄だ。
 信じる者の方がおかしいだろう。


「信じろ、という方がおかしな話だろう。だが、エースの勇者がどんな力を持っているかは、分かっているよね? さぁ、来客だ。頼んだよ」


 シンの予知通り、会場に大きな動物らしき何かが大きな音を立て入ってきた。
 ライオンの頭と山羊の胴体、そして毒蛇の尻尾。大きさとしては2メートル弱ぐらい。
 伝説上の動物、キメラもしくはキマイラというやつだ。科学と魔法、両方を扱える尚且つ狂気の者でも作り出せないと言われた、化け物。
 敵は本気でオレを殺しに来ているらしい。


「皆様、どうか壁際へ寄ってください。そして、刮目かつもくしてみよ。これが勇者……鬼の力だッ!」


 知能が低いのか、将又はたまた専用され指示通りにしか動けないのかわからないが、猪突猛進の精神でわざわざこちらへ床を蹴り突進してくる。
 大きさや見た目で迫力はあり、常人なら避けるもしくは逃げるだろう。
 国王陛下からの命令で逃げられないから、仕方なく少しだけ力の解放を余儀なくされた。


「鬼――解放ッ!!」


 角のない鬼の仮面と、額から生えた角が合わさり、鬼の顔へとなる。
 もちろん、鬼を見た者は恐怖のあまり震えているが、恐怖以上の好奇心によりあまり騒ぎはない。


「小太刀でどうにかしたいんだけど……ダメ?」


「ダメだ。剣や槍では私でも倒せる自信がある。素手で勝てば君の強さは嫌でも知れ渡るだろう」


「素手って……はぁ、やるしかないのな。了解だ、剛腕爆砕ごうわんばくさい――壊れた理想郷ブロウクン・ヘブンッ!!」


 真っ直ぐに突っ込んでくるキメラの鼻めがけて、渾身の一撃を喰らわせる。
 拳が直撃すると、キメラはおもちゃの如く軽々しく飛んでいく。もちろん、即死だ。壁にぶつかったあとピクリとも動かない。


「この力を見ても皆様はまだ勇者じゃない、と言いきれますか?」


「なんて強さだ……」「本当に勇者なのか?」「勇者だ、勇者がいるぞっ!」「我らの英雄が今ここに!」
 など、様々な声が聞こえてくる。その内容はどれも信じているように思えた。そう思わざるのは無理はない。


「我らの英雄、エースの勇者は生きている。それを今日お知らせしたくてね。仮面を取れ、と思われるかもしれないが、少し事情がある。それだけはすまない。だが、今後エースが戦場になろうとも、我らの英雄が守ってくれる。みんな安心して暮らしてくれ」


 国民はその言葉を待っていた。
 エースの民は、オレを希望とし戦いや、怯えた暮らしをしていた。戦いが終わったあと、オレが消えたことにより代理として国王になってくれたキングの勇者は、元々は敵。信用する者は少なかっただろう。だが、同盟を結んだことにより少しはマシになったのだろうか。


 何はともあれ、オレの登場により、民が求めていた安心が手に入った。
 それだけで涙する人が沢山いた。


「今まで不安にさせてしまって申し訳ない。オレは影からこの国を守る。必ずだ。だから、もう安心してくれ」


 その後パーティーは終わり、お開きになった。
 疲れを癒すため夜風に当たろうと、バルコニーへ行くとアリスがいた。待っていた、が正解だな。


「お兄ちゃんの本当の強さが、あれなの?」


「いいや、あんなのはまだまださ。オレの力は三段階まで封印されている。鬼を解放するのはまだ一段階目。二段階目は、身体が鬼と同化し強化。三段階目は……これは言わない方がいい。聞いたら損をする」


 三段階目の説明を省くと、アリスは拗ねたように隣に立ってきた。
 静かに持ってきたドリンクを飲みながら、ぼーっとしていると見知れた女性が近づいてきた。レティだ。


「ライガ様、ここにいらしてたんですか。少しだけお話を聞きたいのですがよろしいですか?」


「どうした? これが答えれる内容ならいいけど」


「ライガ様はエースの勇者様……ですよわよね?」


 その瞬間、アリスが攻撃に移っていた。
 小さな短剣は正確にレティの首元に。


「待てアリス。流石にこれは仕方が無い」


「……むぅ」


「レティが言った通りオレがエースの勇者だ。だが、他言無用で頼む。この事が知られたらオレは学園を出ていく」


「――ッ!?そ、そうですか。なら、誰にも言えませんわね」


「それはそうと、オレからも質問。なぜ気づいた?」


「その服装ですわ。パーティーが始まる少し前、偶然衣装部屋から出てくるライガ様立ちを見ましたの。声をかけようとしましたが、知人に呼ばれそちらの方へ行きましたの」


「もっと用心深くしておく必要があったな。これはオレの失態だな」


 こうして、オレの秘密を知る者がまた一人増えた。
 今後も増えるのだろうが、増やしたくないのが本音である。


 明日からは数日休憩だ。Bグループ以降の試合でも見て、敵を観察しなくては。

「閃雷の元勇者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く