話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

拝啓、世界の神々。俺達は変わらず異世界で最強無敵に暮らしてます。

POSTMAN

拝啓、❬法王❭。あなたの正体を暴いてみせます。

 グラハムさんに勝利し、命からがら逃げてきた俺達は今、王国の中心街を歩いていた。
「さて……これからどうするかな」
 まず、現時点で最も優先順位が高い目標は操られている❬法王❭を打ち倒す事なのだが、その前にもしなければならない事が多くある。❬法王❭の正体を探り、クラスメイトと合流し、❬法王❭やグラハムさんを操っている者も探らなければいけない。先ほど奇襲を仕掛けてきた奴も姿が見えなかった。
 恐らくだがこの世界で争いを起こした勢力と❬法王❭を操っている者は同一視していいだろう。
「……まずはクラスメイトと合流したいな。今は少しでも人手が欲しい」
「だけど、俺達って国家反逆罪で捕まったんだよな?俺達にクラスメイトが協力してくれるか?」
「それは大丈夫だと思う。さっきからこうやって街を歩いてるけど転移してきた勇者が国家反逆の疑いで捕まった……その事を口にしている人はいなかった。多分、捕まった事は世間に出ていない。まあ、推測だけどな」
と、その時だった。
「あれ?お前竜斗?」
「あ、神崎くんだ~」
街を歩いていたクラスメイトと遭遇したのは。
「え?……相原あいばら光木てるき?」
「ああ。お前この2日間どこ行ってたんだ?皆心配してたんだぜ~」
……この軽そうな男子生徒が相原。髪を茶色に染め、右耳のみにピアスをしており、何をモチーフにしているのかよく分からないネックレスをしている。この世界に転移するまではバスケ部で成績は……あまり良くなかったはず。初めての戦闘の時何も考えずに突っ込んでいった中の一人だ。
「ねえ~神崎くん?……そっちの人は?」
と光木が俺に目線を向けて神崎に尋ねる。
……光木は自己主張の少ない女子生徒だ。髪に軽いウェーブがかかっていて、ふわふわした印象を受ける。性格も明るくいつも笑顔を絶やさず、ふわふわした雰囲気。しかし天然気質で時々予想だにしない言動を口にしたりする。
「えっと……分からないか?秤だよ。秤」
苦笑いを浮かべながら言う。俺、確かにぼっちだったけどそこまで印象薄かったっけ?❬魔君主❭も倒したんだけどなぁ。
 俺が少しへこんでいると、
「えっ!?秤くん~?いつもと雰囲気がちがったから分からなかったよ~」
次いで相原が
「まあ、確かにな。光木が分からねぇのも無理はないぜ。いつもかけてるメガネが無いしな。それに……オーラっつうの?それも変わってるからな~」
と、わざわざ俺の変わった点を説明してくれた。
(良かった……。俺の存在を忘れられてたんじゃないんだな。……ん?メガネ?)
「なあ、神崎。俺のメガネってどこに落としたか知らないか?」
「ん?ああ、お前牢獄に置いてきてたぞ?別に何も気にしてなかったから言わなかったけど。言った方がよかったか?」
「いや、別にいいけどさ……度が入ってるわけじゃなかったし」
 もともと、魔眼が勝手に発動しないように神様が用意してくれたメガネだ。魔眼を使いこなせるようになったこの世界ではもう必要ないだろう。
「というか、お前ら本当にどこにいたんだよ?」
「えーとだな……まあ、それは後で話すよ。それよりも、相原達はなんでここに?」
「それはね~私達、王様に他種族を倒すように依頼されてね~。2人で倒しに行ってたの~」
「……そうなのか」
 どうやら、事態は思ってたよりも深刻らしい。
「相原、光木。次、クラスメイト全員が集まるのはいつか分かるか?」
「えっと……随分遠い所まで行っている奴らもいるからな……。ざっと一週間後ぐらいだな」
「じゃあ、多分その日には顔出せると思うから、二人ともその時はよろしく頼む」
 この一週間に❬法王❭の情報を掴んでみせる。今は裏勢力よりも❬法王❭を優先だ。なにせ神々でも正体を掴めなかった者達だ。たった一週間で情報が手に入るとは思えない。恐らく❬法王❭が何かしらの情報を持っているだろう。
「じゃあな、光木、相原!また今度!」
「お、おい!お前らの身の上話は!?」
「一週間後に話す!」

 こうして、❬法王❭の足跡を辿る一週間が幕を開けた。






「拝啓、世界の神々。俺達は変わらず異世界で最強無敵に暮らしてます。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く