みんなは天才になりたいですか?僕は普通でいいです

名前はまだない

76.計画通り……

 注文した飲み物が運ばれてくる。なんだかよくわらない名前のお洒落な飲み物だ。
 それは今まで味わったことのない繊細な味で、値段が高いだけのことはある。

 この調子だと、料理の方も期待して良さそうだ。

「なんか不思議な味だけど、すごく美味しいな。たよりもこの店、初めてなんだよな?」


「ううん、初めてだよ。先輩におすすめ聞いたら、ここがいいって言ってたから」


「へえ。夕凪先輩?」


「いや、高橋先輩」


「そうなんだ。少し意外だな」


「そう? 高橋先輩って、私服めっちゃかわいいんだよ」


 僕の抱いている高橋先輩のイメージは、物静かで知的で、クールそうに見えて実は熱い、みたいな感じだ。かなり抽象的だけど。
 勉強にバスケに忙しくしているであろう先輩が、かわいい服で着飾って、一体誰とカフェに通っているのだろう。もしかして彼氏だったりしてな。

「それも意外だな」

 ソファに座った後、互いの距離の近さに、気まずさで一瞬沈黙になってしまったが、気が付けばいつも通りの二人に戻っていた。
 割とゆったりとしたソファだったはずなんだけど、やたらと距離を詰めてくるたよりのお陰で、今でも僕の右ももに、たよりの温もりを感じている状態だ。その事に僕の脆弱な心臓は、破裂しそうになるほど脈打っている。

 たよりは決して言葉数の多い方ではない。だけどそれは相手に不快感を与える類の沈黙ではなく、どちらかというと心地よさを感じるタイプの沈黙だ。
 例えるなら、長年連れ添った夫婦の様な、或いは小さい頃はよくケンカしていたけど、お互い大人になって酒を酌み交わしている兄弟の様な感覚。
 それは幼馴染である僕だからこそ感じる雰囲気なのだろうけど。

 たよりが部活の仲間や、学校の友達と普段どんなやりとりをしているのか知らないけど、こいつの性格上、誰に対しても態度を変えたりしないんだろうな。


「文人のジュース、一口ちょうだい」


「ああ、いいぞ」

 僕のグラスをたよりに差し出しながらはっとした。これは、間接キスだな。だけど、小さい頃はそんなの普通だったし、たよりはそんな事を気にするタイプでも無い。
 こちらばかり意識しているのがばれたら少しこっぱずかしいのでなるべくいつも通りの口調で答える。


「……」


 グラスを見つめたまま固まるたより。入店した時より若干ほおが赤くなっているのは、店内の空調がいい感じに暖かいからだろうか。
 自分から一口ちょうだいと言っておきながら、中々グラスに手が伸びない。
 先程とは、うって変わって緊張感をまとった重い沈黙が場を包み込む。
 

「……」


 少し震えるたよりの右手が僕のグラスへ恐る恐る触れる。
 僕はたよりの左側に座っているのだから、僕の目の前にあるグラスをたよりが右手で取ろうと思ったら、自然と前かがみになり、二人の体がより一層近づく。
 たよりの体温が上昇しているのか、僕の顔の周りに流れるふわっとしたいい香りが、いつもより強調されている気がした。

 そしてついに、たよりが僕のグラスをつかみプルプルと震えながら自分の方へと引き寄せる。ほんの少しだけ浮かしたグラスの底が、時折テーブルと当たってカタカタと音が鳴っている。もう少しグラスの高度を上げた方がいいのでは……

 たよりの一挙手一投足に目を奪われ、息を飲んでいる僕だったけど、たよりの表情は涼しい。
 こいつ……自分の緊張を悟られない様に、ポーカーフェイスを貫いているのか。こんなにも動揺を隠しきれていないのに……な、なんて精神力だ。

 たよりの一口発言から数分。体感にして一時間くらいには感じたけど、ようやくたよりはグラスを口元まで運ぶことに成功した。
 じっ……と僕の口をつけた部分を凝視しているたより。あんまり見られるとなぜか僕が照れるんだけど。 そしてこの妙な緊張感に耐えきれなくなった僕はついに突っ込みを入れてしまう。

「ちょ、おま……意識しすぎだろ」


 びくっ、とたよりの体が硬直を見せる。視線は相変わらず僕のほうへは向かない。常に前を向いている。
 

「え? 何が?」


 嘘だろ……たよりさん。それは流石に無理があるんじゃないか。
 バスケットボールプレイヤーは普段から感情を表に出さない様に特殊な訓練を受けているのだろうか……

「いや……なんでもない」


 話しかけたことがきっかけとなったのか、勢いに任せてグイっと僕のグラスをかたむけ、ごくごくと中身を飲みほすたより。


「ぷはー。文人のもおいしいね」


「いや、必死で平静を装っている事に対しての言及はもう諦めたんだけど、僕のジュースを全部飲んでしまう程の動揺を見せられて、僕もさすがに動揺が隠せないよ」


「……じゃあ、私のジュースを飲むしかないね」
 

「!?」


 なるほどそうきたか。でも別に僕は間接キスぐらいで焦ったりしない。
 小学生じゃないんだから。ここは大人の余裕とやつを幼い幼馴染に見せてやるとしよう。

「ああ。じゃあ一口もらおうかな」

 たよりのグラスを片手で取り寄せ、口の前に運ぶ。

「……」

 たよりが仲間になりたそうにこちらを見ている。
 じゃなくて、少し火照った顔を俯かせ、また上目遣いで僕を凝視している。
 普段は背の高いたよりが上目遣いになる事はめったにないが、今は座高の高い僕の頭が彼女より高い位置にある。わざとじゃないんだろうけど、幼馴染の見慣れない表情に、多少は困惑しているのは認めておこう。

 たよりの足が長いのか、僕の胴体が長いのか……そこについても言及するのはやめておいてくれたら助かる。

 少しだけ、ほんの少しだけ戸惑ったけど、僕は無事たよりの注文した甘酸っぱいジュースを飲むことに成功した。


「あれ? 文人……ひょっとして関節キスくらいで意識してるの?」


「一体どの口が言ってるんだよ」


 たよりはとても満足そうだった。したり顔で検索したら真っ先に画像が出てくるくらいのお手本になりそうな表情を見せている。
 恐らくだけど、さっきまでの一連の流れ、たよりのシミュレーション通りの展開だったのではないだろうか。
 僕の飲み物を飲み干したのも、それによって僕に自分の飲み物を飲ませるところまで。
 ただ、計画した本人があそこまで照れてしまっていたのは計算外だろうけど。

 あのサバサバしていた、たよりが、自室で今日のことを想像しながら、そんな計画を立てている所を想像したら、なんだか愛おしい気持ちになってきた。
 それに、服も今日の為に買ったと言っていたし、このお店も先輩におすすめを聞いたらしいからな。

 今日の為にどれだけ準備してくれていたんだよ……こんな冴えない僕の為なんかに。

「たより。ありがとな」


「? 何が?」


「いや……なんでもない」


「変なの」


「お前も十分変な奴だよ」


「??」

 きょとんとするたより。
たよりの策略には気づかなかった事にしよう。あいつのその気持ちが素直に嬉しかったし、水を差したくない。

とりあえず……頼んだ料理がくる前に、新しいドリンクを頼んでおくとしよう。

「みんなは天才になりたいですか?僕は普通でいいです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く