みんなは天才になりたいですか?僕は普通でいいです

名前はまだない

69.ランニングシューズ

 家に帰ってお風呂も入らずに自分の部屋へ駆け込む。
 布団に顔を埋めて息を大きく吐きながら、足をバタバタさせる。

「……先輩」

 一旦は落ち着いた心臓の鼓動は、先輩との事を思い出すたびに、再びどくんどくんと大きな音をたて始める。
 同時に顔が、かーっと熱くなるのを感じる。

 確認するまでもなく私の顔は真っ赤っかになっているだろう。
 誰もみていないけれど、それが余計に恥ずかしく感じられ、更に顔を赤らめる悪循環。

 だけど、これは嫌な感情じゃない。

「キス……しちゃった」

 口に出して、先ほどの出来事が夢や幻では無かった事を確かめる。

 それに、私から無理やりしたわけじゃない。先輩からも……あんなに激しく……。

 ぎゅぅっと右手で自分の制服の胸元を掴む。
 胸が苦しい。息が上手くできない。

「はぁはぁ……」 

 呼吸が荒くなる。今更なんで?

「さっきまで平気だったのに……」

 自分の恋が叶おうとしている。今まで生きてきた中で、一番幸せだ。
 私は今、この瞬間のために生まれてきたんだ。

 好きな人と抱き合って、見つめ合い、唇を重ねた。
 心が目に見えるものならば、きっとそれも合わさっていると確信できる。



 なのに……なんで?



「……涙が止まらないんだろ?」


 なんで? なんて白々しいにも程がある。
 勿論、嬉し涙などではない。
 私は罪悪感に押しつぶされそうになっているんだ。

 矢野先輩を出し抜いた。
 先に先輩を好きになったのは、矢野先輩なのに。
 相談に乗るとか言っておきながら、横取りした。
バスケットボールならきっとナイスプレーなんだろうけど、色恋沙汰ではそうはいかない。
 騙して奪った。泥棒、掠奪、横奪。

 私は……私が……

「う、ゔぅ……ぐす。どうしよう……」

 もしも上手くいったらこうなる事は分かっていた。
 なのに私は先輩にアプローチした。覚悟が足りていなかったのか?

 それとも、先輩に拒まれるのを望んでいた?

 お前のことは好きじゃない。迷惑だからやめてくれ。俺は、たよりが好きなんだ、と。

 そう言われるのを望んでいたの?
 いや、ありえない。

 だとしたら、私の望みは一体なに? どうなれば一番良かったのかな?

 私は矢野先輩のことも好きなんだ。
 いっそ、矢野先輩が凄く意地悪で、性格が悪くてどうしようもない人間なら良かったのに。

 なんの遠慮もする事なく、「ざまあみろ」と言ってやりたくなるような相手だったら良かったのに。

 なんて、どこまで自分勝手な事を言っているんだ私は。

 ベットの上で、くるりと体を反転させて、仰向けの姿勢になる。
 涙は重力に逆らえず、頬へと伝い、枕に小さな染みを作り出す。

「参ったな……これ、本当にどうしよう。ちょっと予想外だ」


 一度、頭の中を整理しよう。

 まず、私は一三先輩が好き?
「うん。これは間違いない。好きだ」

 次に、私は矢野先輩が好き?
「同じ部活の先輩として、尊敬しているし、好きだ。これも間違いない」

 一三先輩は私のことが好き?
「たぶん、好き……好きじゃ無かったら、ぶん殴ってやる」

 矢野先輩は、一三先輩のことを好き?
「これも間違いなく好き」

 一三先輩は、矢野先輩のことが好き?
「……好きなんだろうなぁ。ちっ」

 矢野先輩は、私のことが好き?
「どうだろ……分かんない」

 状況を整理しながら、ドラマでよく見る人間相関図を頭に思い浮かべる。
 好きの矢印があっちに行ったりこっちに行ったり。
 と、言うか登場人物に対して矢印が多過ぎる。

 先輩、ラノベ主人公かよ。

「いっそ三人で付き合うか」

 一番現実的では無い策が、一番分かりやすく、一番手っ取り早い。
 世の中にそういった状況がしばしば発生する。

 普通の人なら、現実的で無い策を選択しない。選択できない。
 それを平気でやってのける人の事を、[天才]と呼ぶのかもしれない。或いは[変人]か。

 いくら考えても答えはまとまらない。
 そもそも決まった答えなんて無いのかもしれない。

 だったら考えるだけ無駄なのだろうか?
 考えるのをやめれば楽になれるのだろうか?

「あーーー! もう! 悩むのやめだ! 走ろ!!」

 ガバッとベットから起き上がり、ランニング用のウェアに素早く着替える。

 玄関で部屋用のスリッパからランニングシューズに履き替える。

「ボロボロだな……この子もそろそろ買い替えてもらわないとダメかな」

 削れたソールと破れかけのアッパーは努力の証。
 くつ紐は何度も切れて、その度に交換してきた。

 今まで一体どれくらいの距離を走ってきたのだろう。
 今までどれくらいの時間をフットワークやトレーニングに費やしてきただろう。
 シュートを何本打っただろう、ボールを何回突いただろう。

 バスケの戦術の本を何冊も読み、試合の動画を何度も見て、技を磨き、体を鍛え、それでも満足する事なく繰り返し。

「バスケは頑張れば上手くなれるからいい。恋愛や人間関係の方がよっぽど難しいな」

 こんな事を言ったら怒られるかもしれないけど、今の私にとっては偽りのない本心だった。

 そんな事を考えながら玄関のドアを開け、外に出る。
 ウインドブレーカーを羽織ってはいるけど、冷たい風が肌を刺激し、ブルっと全身を震わせる。

 タッタッタッタっと一定のリズムで足を運ぶ。
 いつものコースをいつものペースで。

 流れていく風景は見飽きてしまっている。
 たまに気分転換で走るコースを変えたりする事もあるけれど、結局はいつものコースへかえってくる。

 人間は慣れ親しんだものから離れる事を嫌う。
 それでいて同じ事をずっと続ける事も嫌う。
 人間は、わがままなのだ。

 ランニングをする時に、音楽を聴く人は多い。私も少し前まではそうしていた。
 でも、今はやめた。
 
 理由は簡単。走っている時間、考え事をしているからだ。ここ最近は特に。

 何を考えているか、なんて言わなくても分かるよね?

 胸がドキドキするのは、走っているからだけではない。
 以前は走っている時間は何も考えなくても良い時間だったのに、一三先輩を好きになってから……好きだと気付いてから、真逆になってしまった。

 そんな事を考えている内に、ふと気がつくと、見覚えのある風景が目に飛び込んできた。

「あれ……なんで私こんな所に……」

 居ても立っても居られない、とはよく言ったものだ。
 私の足は、自然と矢野先輩の家に向かっていたみたいだ。

 別に何をしようと言うわけでもない。宣戦布告をしにきたわけでもない。

 じゃあ、何故? と、聞かれたら、自分でもよく分からない。
 でも、折角きたのだからと、右手の拳を矢野先輩の家に突き出し、心の中で呟く。

[矢野先輩。私、負けませんから]と。

 ただの思い付き。特に意味はない。だけど、私の中で明らかに何かが変わった。

 他人からすれば、何をやってるんだあいつは、と言われるだろう。
 寒いやつだと馬鹿にされるかもしれない。
 それでも、自分の気持ちが固まったのが分かる。私にだけは分かる。

 独りよがりの自己満足を抱えて、踵を返すようにその場から立ち去る。
 やっぱり私は頭で考えるより行動した方が何かと上手くいくタイプみたいだ。


「あれ? 二葉こんなとこで何してんの?」


「うわぁぁ!!」


 急に声をかけられ、何か後ろめたい気持ちがあったのか、変な声が出てしまった。

 声をかけてきたのは当然、矢野先輩だった。
 

「みんなは天才になりたいですか?僕は普通でいいです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く