みんなは天才になりたいですか?僕は普通でいいです

名前はまだない

63.大きな胸


「何て言うか、直球だね……」


「詩歌まで一体何を……?」


「ううん。何でもないよ」


「ところで文人くんは、スマホでゲームとかしてる?」


「嗜む程度にはやっているな。詩歌はいくつか掛け持ちしてそうだな」


「うん。でも、実際ログインだけしている物もあるんだけどね」


「へえ。俗に言うログインゲーってやつか。前から思ってたんだけど、もう辞めちゃってアンインストールすれば良いんじゃないのか?」


「一度課金しちゃうとね、中々……」


「確かにそれはそうかもな。僕は無課金を貫いているからよく分からないんだけど、なんか勿体ない気分になるよな」


「うん。私も微課金勢だから、そこまで気にすることも無いんだけど、なんかね……それに、一度飽きちゃっても、熱が再燃する事もあるし……」


「そうなのか。僕は一度飽きたら、それっきりってパターンが殆どだけどな」


「そうなんだ……」


 ん? 心なしか詩歌の表情に陰りが見えた気がするんだけど、ゲームの話だよな?

 ゲームと言えば、以前 たよりとゲーム攻略の話をしたっけな。僕はエンディングまで直ぐに攻略するタイプで、たよりはじっくり時間をかけるタイプだったか。


「ところで詩歌は、家庭用のゲームをする場合、一気に全クリまで進める派? それともじっくり時間をかける派?」


「1週目は直ぐにクリアしちゃう。2週目からは……サブイベントも回収していくから結構時間かけるかな」


 2週目をやる前提で話が進んでいるあたり、やっぱり詩歌はゲーマーなんだなと、改めて認識する。

 2週目か。もし、人生をゲームの様に初めからやり直すことが出来たなら、1回目と2回目の人生はどれくらい変わるものなんだろう。

 世界で何が起きるのか、自分がどんな人生を送るのか、を知った状態でリスタート。

 強くてニューゲームとまでは言わないが、セーブポイントに戻るよりはスケールが些か大きい。

 この先何が起きるのか分かっていれば、大抵のことは上手くこなす事が出来るんじゃないだろうか。

 それとも……決められたルートをもう一度繰り返す苦痛に耐えかねて、全く違う人生を歩もうとするのか。

 そうなったら、せっかくの情報が無駄になってしまうな。

「2週目か。一度見てしまったストーリーを、もう一度なぞるのって退屈じゃないか?」


「うーん……ゲームにもよるけど、そもそも2週目をやりたいって思えるってことは、そのゲームが好きだからなんだよね、たぶん……。だから、何回でもやりたくなっちゃうんじゃないかな」


 ああ、成る程。要は、2週目をやりたいと思える程、1週目を良い人生にしなければ、そもそも意味がないのか。

 死ぬ時に幸せだったな、と思えない人生なんて、何回やり直したところで苦痛なだけだ。


「そうだな……」


「??」


 少し元気の無さそうな僕を、詩歌は不思議そうな顔で見つめている。そんな詩歌の胸を僕は見つめている。いや、なんとなく。決していやらしい意味ではない。


「!!」


 それに気付いたのか、詩歌の顔がみるみるピンク色に染まっていく。モジモジしながら顔を斜めに背け、少し長めの前髪をくるくると弄る。


「ふ、文人くん……ど、どうしたの?」


「いや……大きいなと思って」


「っっ?!  え、えっち……」


「いやいや、決していやらしい意味じゃないんだ。僕は今、人生について考えていたんだよ。それでつい……な」


「なんで人生と、む……胸が関係あるの?」


「よく言うだろ。ーー人生とはおっぱいだーーって」


「そこはかとなく名言ぽっいけど、聞いたことない……」


「え? まじで?」


「も、もう……さ、触っちゃ駄目だからね?」


 誰も触らせてくれとは言ってないんけど……でも、この感じ、押せばいけるのでは?!


「女性の言うことは、全て反対の意味で捉えた方が良いと言う名言も聞いたことがある。つまり……」

 そう言いながら、じりじりと詩歌との距離を詰めていく。


「ち、違う! だ、駄目だよ……こんなところで……」

 手を伸ばせば触れることの出来る距離まで歩を進めたところで、ついに詩歌は自分の胸を両手で覆うように隠し、背中を向けて屈んでしまった。

 完全防御。まるで天敵に襲われているハリネズミの様な所作だ。少し悪ふざけが過ぎたか。


「ははは。ごめん、ごめん。冗談だよ」


「もう……」


 本気だと思ったのか、丸まったまま振り返る詩歌の表情が、緊張から安堵に変わる。


「そんなに怯えなくても、詩歌が嫌がる様な事を、無理矢理するわけ無いだろ?」


「それは、わかってる……少しびっくりしただけだよ。それと……」


「それと?」


「別に……嫌じゃないよ」


「……えっ?」


「二人きりになれる場所なら……別に嫌じゃ……ない」


 突然の事に口をパクパクさせるだけで声が出ない。それって、つまり……そういう事なのか?!

 詩歌が、まさかこんな積極的な事を言うなんて……本当に良いのか?!


「し、詩歌。それって……その……」


「じょーだん!」


「な、なにー?!」


「仕返しだよ」


 にこっと笑った詩歌の顔は、またしても桜色に染まっていた。

「そうか……くそー。まんまと騙されたぜ」


 せっかく詩歌の立派な胸を触らせてもらえると思ったのに、実に残念だ。

 まあ、実際にそんな状況になったとしても、チキンな僕は何もする事が出来ないんだろうな。

 それこそ二度目の人生で、経験値を引き継いだ状態なら、話は別だけど。

 全く、人生ってやつはままならないものだ。

「みんなは天才になりたいですか?僕は普通でいいです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く