みんなは天才になりたいですか?僕は普通でいいです

名前はまだない

65.桜のきもち

 ふぅ……と溜息をつく。

 最近、溜息多すぎるな、と自分でも思う。だけど、出てしまうものは仕方がない。

 溜息をつくと幸せが逃げると、聞いたことがある。じゃあ、溜息を我慢すれば幸せは向こうからやってくるのだろうか。

 えーっと、なんだっけ? 深く息を吐き出すと、副交感神経優位になってリラックス効果があるんだったかな。

 そう考えると、深呼吸も溜息も変わりはしないのではないだろうか。

 「ーーなんて、またどうでもいいことばっかり考えてる」

 私の悪い癖は未だに治っていない。物事を複雑に考え、わざと一本裏道を通って遠回りする。いや、違う。結局は、問題から目を逸らしたいだけで、一種の現実逃避だ。

 今の最大の悩みといえば勿論バスケ……ではなく、弓月との事だ。バスケで悩んでない訳では無いんだけど、それはいつもの事なので割愛。正直、今はそれどころではない。

 うっかり口走ってしまったあの一言。一度口から出てしまった言葉は元に戻す事は出来ない。

 あれ以来、弓月とは連絡を取っていない。あれだけ賑やかだった私のスマホは、今は昔に元どおり。

 誰かに相談しようにも、内容が内容だけに、それも叶わない。[私、女の子が好きかもしれない]なんて、どんな顔をして相談すればいいんだ。

 弓月に会いたい。話をしたい。辛いんだ。


[いつでもいいので会えませんか?」


 勇気を出して送ったメッセージの返信はない。それ程時間が経った訳ではないけれど、送った事を既に後悔し始めている。


 ピロンっ


 突然、私のスマホから待ち侘びた音が鳴り響く。今までと変わらない、単調な電子音のはずなのに、今の私には期待と不安が入り混じる不思議な音に聞こえた。

 恐る恐る画面をタップし、メッセージを開く。それから、数分……逸らした目をゆっくりとスマホに向ける。

 薄眼を少しづつひらく毎に、ぼやっと見えていた文字が輪郭を取り戻す。


「ーーTSUTAYAかいっ!!」


 柄にもなく、ツッコミを入れてしまった。 なんかもう馬鹿馬鹿しくなってきた。どうでもいいや。きっと悩んでるのは私だけ。みっともない。

 忘れよう。全ては幻だったんだ。今まで通り、弓月と出会う前に戻っただけだ。

 出会ってから弓月に貰った幸せの分、それを失った時のダメージは大きい。どちらかと言うと、貰った分以上に辛い気持ちになっている気がする。

 それならば、最初から出会わない方が良かったのだろうか? そうすれば、良くも悪くもプラマイゼロなんだから。


 ピンポーン


 大丈夫。今のは無機質なインターホンの音としてちゃんと私に届いた。もう期待なんてしないし、なんとも思わない。

 案外私は切り替えが早い方なのかもしれない。


「お父さん、また通販でなんか買ったのかな……」


「はーい」


 がちゃり、とドアを開け宅配便のお兄さんに返事を返す。


「って、弓月かい!!」


 またしても柄にもないツッコミを入れてしまった。な、なんで弓月が家に?! しかも突然……


「桜ちゃーん! 久しぶりー! はい、これお土産!」


 大きな袋に入れた温泉街のお饅頭らしき物を受け取る。


「え……えっ? あ、あの?」 


「連絡出来なくてごめんね! 家族で旅行に行っていたんだけどさ、スマホが壊れちゃってさー、もう最悪だよー」


「そ、そうなんですか……」


 やばい。泣きそうだ。嫌われた訳じゃなかったんだ。そっか……そっか。


「この後、ケータイショップ行かなきゃなんだけどさ、桜ちゃん暇なら一緒に行かない?」


「うん。うん! 行きます。すぐに準備するので少し待っていてください!」


 必死に涙を堪えて急いで支度をする。弓月は、スマホを買い換える前に、多分、何よりも先に私の家に来てくれたんだ。その事が嬉しくてしょうがない。

 今の私の顔を弓月に見られたら、きっと笑われるだろう。だって、不安と安堵と嬉しさが入り混じった、訳の分からない表情になっているのだから。


「弓月、お土産有難うございました。それにしても、どうしてスマホ壊れたんですか?」


「それがさー、足湯に落っことしちゃって! 逆に凄くない?!」


「逆にの意味がよく分からないですが……相変わらず、おっちょこちょいですね、弓月は」

 そうだったんだ。じゃあ、私が送ったメッセージは、弓月は見ていないって事だ。良かった……。

 ケータイショップを出て、参道を歩きながらする何気ない会話。良かった。私が呟いたあの一言、弓月は何とも思っていなかったみたいだ。

 今までと、何も変わらない態度。今までと、何も変わらない笑顔。

 本当に良かった。もう、二度とあんな思いはしたくない。私の気持ちは自分の胸にだけしまっておこう。


 今はただ、この人の側に居られるだけでいい。それ以上を望んで、離れてしまうよりずっといい。


 ゆっくり時間をかけて、自分の気持ちも整理していこう。別に焦る事はない。元々違う高校に通っているんだから、卒業で離れ離れ……なんて事とは無縁なのだから。


「桜ちゃん、手繋ごっか」


「そうですね……ん?」


「手、だよ手!」


「あ、いえ……え? ど、どうしたんですか、急に……」


「桜ちゃん、私のこと好きなんでしょ?」 


 口角を上げ、目を三日月にしてニンマリと笑う弓月の顔を、目を満月の様にまん丸にして見ている私。

 これから私はどうなってしまうんでしょうかーー

「みんなは天才になりたいですか?僕は普通でいいです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く