みんなは天才になりたいですか?僕は普通でいいです

名前はまだない

58. 1on1大会②

 そしてついに神風の番が回ってきた。

 対戦相手は三年生でスタメンの富田先輩。芸術的なスリーポイントシュートで幾度となくチームに流れを持ってきたスコアラーだ。富田先輩相手に一体どんなバスケを見せるのか、少し楽しみだ。

 神風のオフェンスからスタート。
スリーポイントライン付近で軽快にドリブルをついている。フリースタイルとまではいかないけど、ストリートバスケに近いムーブで富田先輩の体勢を崩しにかかる。


「上手い……」


 数回のドリブルを見ただけで、何となく分かる。分かるというよりは、嫌でも感じてしまう。強者の雰囲気を。

 富田先輩は、相手をおちょくる様な神風の動きの一つ一つに冷静に対処している。流石うちの高校でスタメンを張るだけのことはある。スリーポイントが武器で、目を惹くのも確かなんだけど、その他の基本的な能力もすごく高い。

 そんな先輩と対峙しておきながら、神風は余裕の笑みを浮かべている。連続レッグスルーからロールターンを決め、そのままディフェンスを置き去りにし、軽々とレイアップを決めてしまった。


「お〜、上手だね〜。なんか動画サイト見てるみたいだよ〜」


「た、確かに上手いけど、あんなの試合では使えないよ」


 その後も神風は、様々な技を繰り出しながら、最後まで富田先輩を圧倒してみせた。派手な見た目や、大胆な言動に反して、彼女のバスケは物凄く繊細で、しなやかな動きに見えた。あれ程のハンドリング技術を身につけるには、相当な鍛錬を積んだに違いない。

 それに技の豊富さに気を取られがちだけど、体の使い方がすごく上手い。人を惹きつけるバスケ、ずっと見ていたいとすら思わせる、人を魅了するバスケ。

 私の彼女に対する印象は、いつの間にか少し違ったものになっていた。


「あはは。負けちゃったか」


 富田先輩がポリポリと頭をかいていると、意外なことに神風の方から頭を下げて握手を求める。


「ありがとうございました」


「ん?  あ、ああ。こちらこそありがとう」


 意外というか、コート外での不意打ちに、面食らったのは恐らく富田先輩だけでは無い筈だ。


「次は私があいつと対戦……」


 面白い……富田先輩を圧倒するセンスの塊。自分がどこまでやれるか試すいい機会だ。私の番までにはまだ少し時間がある。体が冷えない様にストレッチをしておくことにした。

 ストレッチをしながら目を瞑り、頭の中でシミュレーションを行う。あいつの動き、癖、弱点……可能な限り富田先輩との対戦内容を思い出し、展開を組み立てていく。





……ぐう……ぐう。





「ちょっと、たより。起きて!」


「……へぇ?  今日は日曜日でしょ……ぐう」


「いやいや、部活中だから!!」


「またまたご冗談を……はっ!    今、部活中だ!!」


「……う、うん」


 迂闊だった。文人と昨日遅くまで電話をしていたから、寝不足気味になっていたみたいだ。

 私がうたた寝している間に試合が進み、トーナメントの反対の山では、まずシードの花ちゃんが八重樫先輩を倒し、更にその後、皇キャプテンをも倒して、花ちゃんが決勝戦へと駒を進めた様だ。

 花ちゃん、やっぱり凄いな……あのキャプテンにも勝っちゃうんだ。

 さて、私の出番の様だね。私も神風に勝てば決勝進出だ。よし、決めてくるか。

 寝ていた事を他の人に悟られない様に、颯爽とコートへ入る。


「あんた、さっき寝てただろ」


 神風の先制パンチ。いきなり出鼻を挫かれた。しかし、ここで主導権を相手に渡すわけにはいかない。


「まあね。試合前はいつもこうなんだ。充電バッチリだよ。せいぜい感電しない様に気をつけるんだね」


「……あんたの事は知ってるよ。元、二中の矢野さんだろ?   真面目そうに見えてたけど、案外面白い奴なんだな。ははは」


 あれ、なんか馬鹿にされてる? 見事にカウンターを決めたつもりが、まだ寝ぼけているのか、少しキレが悪かった様だ。


「……宜しく」


 下手な事を言うのはもうやめだ。対戦に集中するべく、自分の中のスイッチを入れる。


「はは。それが正解だ。宜しく!」


 がっしりと握手を交わし、対戦がスタートした。

 身長は相手の方が、かなり高い。
遠目に目に見てもそうだったけど、こうやって目の前に対峙すると改めて感じる圧迫感。

 しかし……外から見る限り、スピードも相当ありそうだった。それに加えてあのハンドリング……かなり厄介な相手だな。

ディフェンスの体勢を整える。神風は……動かない。1回戦とはうって変わって、ドリブルもつかない。だらりと脱力し、攻めてくる様子が無い。


「……?」


 ヒュッ……っと風が通り過ぎたのを感じた。ん?  っと思って振り返った時、神風はすでにゴール下まで歩を進めていた。


「……は?」


は、早すぎる。あれ?  富田先輩とやってた時より早くない? まさか本気を出してなかったの? 意味不明、混乱中。


 神保春風、略して神風。[神風]なんてあだ名、ひどく大袈裟だと思っていた。ついさっきまでは。実際に同じコートに立って始めて分かった。

 この人、普通じゃない。

 じわりと嫌な汗が背中を伝う。気持ちを切り替えなければ。スピードにこれほどの差があるのなら、不本意だが少し距離を開けるしかない。

 外からのシュートがあるのか分からない。もし、これでロングレンジのシュートが入るのだとしたら……


「あれ?  そんなに離していいの?  もしかしてオレ、馬鹿にされてる?」


 そう言って神風はひょいっとシュートを放った。女子としては珍しいワンハンドで。本当に軽々と。

 緩やかな、やや低めのループで放たれたボールは、トーンと心地よい音を立てて、リングの付け根に反射しながらネットを揺らす。


 努力したら、必死に努力をしたら、誰でもこの人の様になれるのか? 否、あり得ない。はっきり言って規格外だ。次元が違う。


「フィールドゴールだ」


 美鈴コーチがコールする。
※スリーポイントラインの内側でのシュート。普通の試合なら2ポイント得点が加算される。


「あちゃー!  スリーポイントライン踏んでたのバレてたか!  残念、残念!」

 あわよくばスリーポイントとしてカウントして貰おうとしていたのか、悪戯小僧の様にペロッと舌を出す。

 全く……笑えるなあ。私は、なんて平凡なんだろう。強豪校でユニフォームをもらい、二年生ながら、試合にも出させてもらって……多少は自分にも才能があるのかも、なんて思っていた時期があった事は素直に認めよう。

 でもここ最近、本物に触れる機会が増えて、自分の凡庸さを改めて感じる。

 上等だ。こんな事で私はもう挫けない。自分の駄目さ加減なんてもう嫌ってほど思い知ってるんだよ。

「かませ犬に……なってたまるか」


「……いいね。そうこなくっちゃ」

 神風がニィっと笑顔を浮かべる。まずはその笑顔を消してやる。


「みんなは天才になりたいですか?僕は普通でいいです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く