みんなは天才になりたいですか?僕は普通でいいです

名前はまだない

37.ネガティブな感情に心が支配される時

 相手のセンターは170センチオーバー。ジャンプボールで私たちのチームが勝つのは困難だろう。でもそれはみんな分かっていること。主審の手からボールが離れた瞬間、私たちのチームは全員自陣に戻りディフェンスの体勢を作る。

 バスケのディフェンスは、かなり大雑把に分ければマンツーマンディフェンスとゾーンディフェンスに大別される。マンツーマンディフェンスは、その名の通り、個人個人が決められた相手をマークする。

 それに対してゾーンディフェンスはそれぞれの持ち場、範囲を決めて自ゴールを守る。今回の試合に関しては、相手チームと私たちのチームの個人スキルに差があり過ぎるのでマンツーマンでは到底守り切れない。

 ツーワンツーのゾーンディフェンスで、外からのシュートはある程度捨てて、中を固めてリバウンドを取るのと、相手がドライブをしにくい状態を作り出す。

 もし、相手の調子が悪くてシュートがあまり入らなかったら、こちらにも十分チャンスがある。それが試合前にみんなで決めた作戦だ。それぞれの持場について、相手チームを待ち構える。

 ポイントガードである八重樫さんが、ボールを運んでくる。ポイントガードはチームの司令塔であり、ゲームをコントロールする。ポイントガードが変われば別チームになると言われるほど、重要なポジションだ。

 八重樫さんは堅実なプレーを好むタイプだ。決して派手ではないが、ミスが少ない。少ないというか、ほとんどない。それはポイントガードにとって重要な資質となる。

 ボールを運んでいる段階でミスをして相手に奪われてしまってはオフェンスを始めることすら出来ない上に、自分達のディフェンスが戻る前に相手に速攻をされることになるので、自ら攻撃のチャンスを潰し、相手に無条件で点を与えるだけだ。
それが続けばチームの士気は確実に下がる。

 ただ、言うは易し。一試合通してミスを一つもするな、と言うのは口で言うほど簡単なことではない。それを平然とやってのけるんだから、凄いとしか言いようが無い。逆にそれくらい出来ないと強豪校の正ポイントガードは務まらないと言うことなんだろうか。

 八重樫さんがトップから45度のスリーポイントライン付近で待ち構えるシューターの富田さんにパスを出す。本来ならばシュートチェックにいくのが普通だが、今回は外のシュートは捨てると決めている。

 フリーの富田さんは迷わずスリーポイントシュートを放った。外れろ、外れろ…そう祈りながらリバウンドの体勢に入る。


 パスンッ……

 と、静かにボールがネットを通過する音が響く。

 一瞬の静寂。

 その後すぐに相手チームの応援席から大歓声と拍手が飛び交う。ベンチでは立ち上がってハイタッチを交わしている人もいる。凄い盛り上がりだ。


 たった一本。だがそのシュートは、決められたルートを決められた角度で、例えるなら車がトンネルを通過するような、何度やっても成功するのが当たり前の様に感じられるものだった。

 たった一本のシュートを見せられただけなのに、心が折れそうだ。

「大丈夫!  まだ一本決められただけだよ!」

 キャプテンが声を上げる。そうだ。まだたったの一本。スリーポイントなので三点が相手チームに加算される。試合は始まったばかりだ!

 点を決められたので次はこちらのオフェンスだ。相手はマンツーマンディフェンスで、私をマークしているのは同じポジションの高橋桜さんだ。

 憧れの人とのマッチアップ。嬉しい様な、怖い様な。桜さんはオフェンスも勿論凄いんだけど、ディフェンス力も尋常じゃ無い。相手が格下だからといって、手を抜く様な人達ではない。

 激しいディフェンスに結局私たちのチームはシュートを打つことすら出来ず、ボールを奪われてしまう。
そしてボールを奪ってからの攻守の切り替えの早さ。あっという間に置き去りにされた私たちはなす術なく点を取られてしまう。

 更にその直後、私たちのチームがフロントコートへボールを運びきったところでパスミスをしてしまい、コート外へボールをだしてしまう。

「アウトオブバウンズ、赤ボール」

 主審がコールし、相手ボールからのスタートを言い渡される。バスケの試合のユニフォームは普通、濃色と淡色をそれぞれ着用する。今日の試合は私たちが淡色で白色のユニフォーム、相手チームが濃色で赤色のユニフォームを着ている。

 ボールをコートに入れた後、流れる様なバス回しに私たちのディフェンスは翻弄される。右へ左へ振り回され、相手が攻めたい場所へスペースができる。

 いや、できたんじゃない。スペースを作られたんだ。そのための動き方を、ゾーンディフェンスの崩し方を知っているんだ。

 空いたスペースにセンターが飛び込んできてそこへパスが通る。こちらの意識がインサイドへと集中する。

 その瞬間、ゴールから0度、外で待ち構える富田さんへとインサイドアウトのパスが戻る。

 ま、まさか……


 スパッ



 富田さんの放ったスリーポイントシュートはまたしてもリングをかすめることもなくネットを揺らした。シュートが決まり、得点が加算された直後審判が笛を吹く。

「タイムアウト、白チーム」

 どうやら、私たちのチームの監督が、タイムアウトを取ったみたいだ。たったの数分の出来事なのに、チームメイト全員が肩で息をしている。圧倒的な力の差に、実際に動いた以上にみんな体力を消耗している。

 ベンチに座り、息を整える私たちに監督が指示を出す。

「みんな、落ち着いて。やっぱりこのレベルの相手に外を捨てるのは厳しいかも知れない。少しでもいいからシュートチェックに行くようにしよう」

 まさか、ここまで正確なシュートを打ってくるとは私も思わなかった。まるで精密機械。フリーで打って外すほど、易い相手ではなかったみたいだ。

 当初の作戦は失敗に終わり、私たちはゾーンディフェンスをやめて、マンツーマンディフェンスに戻すしか手がなかった。

 試合が再開し、私たちが早々にゾーンディフェンスからマンツーマンディフェンスに切り替えたことで、一瞬相手チームは戸惑いを見せたが、そこはやはり強豪校のポイントガード。スッと指を一本あげて、味方に合図を出す。

 その合図を確認し、一呼吸置いた後、複雑な動きとスクリーンを駆使してフリースローライン上くらいの位置でキャプテンの皇さんにパスが通りシュートの体勢に入る。

 撹乱された私たちのディフェンスは後手後手に回らされることとなり、遅れてシュートチェックに飛び出すが、待ってましたとばかりにシュートフェイクでそれをかわし、力強いドリブルでカットインし、あっさりとレイアップを決められてしまった。

 このままではダメだ。何とかしないと……そう頭では分かっているが、現実的な対策が思いつかない。
いくら相手チームを研究したところで、積み重ねてきたものが違いすぎる。肉体的にも、技術的にも。
更に言えば経験、精神力、勝負強さ……どれをとっても勝てるものが一つも無いじゃないか。

 どうしてもネガティブな感情に心が支配される。

「ドンマイドンマイ!  切り替えていこう!  まだまだこれからだよ!」

 キャプテンが再び声を張り上げた。

「そうだよ!  まだいける!」

「ディフェンス、足動かそう!  抜かれたらカバーお願い!」

 それに続いてみんなが声を掛け合う。なんて頼りになるチームメイトなんだろう。私はこの人達とバスケができて本当に良かった。そう感じると同時に、試合中なのに少し泣きそうになってしまった。

 それに比べて私は何をしているんだろう。力の差があることぐらい、初めから分かっていたじゃないか。
それを改めて見せつけられて、弱気になって、いつも以上に消極的になっていた。

 なにもかも負けているかもしれないけど、気持ちだけは負けない!!
そしてこの最高のチームメイトと最後まで真剣にバスケをするんだ!


「みんなは天才になりたいですか?僕は普通でいいです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ろろ-Rebellion

    富田さんへのパスの時、
    インサイドアウトじゃなくて
    インサイドからアウトサイドへのパスの方がいいと思います!

    0
コメントを書く