みんなは天才になりたいですか?僕は普通でいいです

名前はまだない

23.ワードウルフ第一回[答え合わせ]

二葉「それでは改めて、狼(少数派)を指名しましょう。せーの……」


文人「たより」

詩歌「矢野さん……(たより)」

二葉「一三先輩(文人)」

たより「私(たより)」


二葉「私以外の全員、矢野先輩が狼『少数派』と指名しました。それでは答え合わせをしましょう。みなさんの『ワード』を教えてください」

文人「失恋」

詩歌「失恋」

たより「寝坊」

二葉「失恋」


 なるほどな。[寝坊]か。一見話が噛み合っている様だったけど違和感を感じていた。

 今のたよりにとってあまりにもホットすぎるワード[失恋]に対して、あいつの語り口調はやけに明るかった。

 初めは自分のワードを悟られないための演技かと思ったが、長い付き合いの僕にはそれが演技でない事はなんとなくわかっていた。


二葉「あー。私だけ外しちゃいましたね。残念。第一回戦は一三先輩と姫城先輩にそれぞれ1ポイント入ります。また、矢野先輩は自分が狼『少数派』である事を当てたのでマイナス1ポイントは回避出来ます。したがって現在の順位はこの様になります」


一位  文人    1ポイント
一位  詩歌    1ポイント
四位  たより0ポイント
四位  二葉    0ポイント


たより「さて、第ニ回戦に行く前に私視点で第一回戦を振り返るので、興味のない方は飛ばしてねー」


——————————————————


[第一回戦  たより視点]
 スマホを廻しながらそれぞれのワードを確認する。

 私の引いたワードは[寝坊]だった。
寝坊か……部活で疲れてるのに夜中までゲームやっちゃった時とか今だに寝坊しちゃう時あるんだよなー。
それにしてもみんな喋らないな……。

 ふふ。でもバスケも読み合いのスポーツみたいなとこあるし、負ける気がしないね。おっと、ポーカーフェイスを忘れずに行こう。


二葉「皆さん、様子見といったところですね。でもこのまま何も話さずにいてもゲームは進みませんよ?」


二葉「仕方ないですね。では私から質問しますね。みなさんはこれ、経験ありますよね?」


 最近した事は正直に言って大丈夫だよね。
とにかく早く自分が[少数派]か[多数派]かを調べないとだね。


文人「まあ、あるな」

たより「あるねー」

詩歌「……ないです」

二葉「私もないですね」


 ええー。二葉と姫城さん寝坊した事ないんだ……。すごいなあ。二人とも真面目そうだから分かる気がするけど。
 
 よーし、私からも質問してみよ。

たより「えっと、じゃあこれを経験した時どんな気持ちだった? 経験したことない人は想像で答えてー」


二葉「そうですね……やっぱり落ち込むでしょうね」

文人「そうだな。目の前が真っ暗になる感じかな?」

詩歌「この世の終わり……」


 文人……目の前が真っ暗ってそれ二度寝してんじゃん。確かに学校間に合わない時間に目が覚めたらその瞬間はこの世の終わりって感じかも。

たより「あはは。そうだよね。確かにこの世の終わりって感じかもねー」


文人「じゃあそれを経験した後、自分ならどういう行動をとる?」


 行動?  寝坊した時……間に合いそうなら急いで準備するけど、目覚めた時間によっては私なら諦めて開き直っちゃうな。


たより「あー……まあ時と場合によるけど、諦めちゃう時とそうじゃない時があるよね」


二葉「そう……ですね。私はたぶん諦めないと思いますけど」


詩歌「……その状況になってみないと正直よく分からないかも……」


文人「はは。確かにワードがワードだけになかなか想像で答えるのは難しいかもな。ちなみに僕はすぐ諦めたけどな」

 なーんか文人って姫城さんに甘い気がするんだよなー。というかほんといつの間にそんなに仲良くなったわけ?!  

別荘まで用立ててもらうなんて……。
一度探りを入れる必要があるな……。


たより「やっぱり姫城さんに甘い気がする……確かに文人すぐ諦めちゃうよね」


文人「う、うるせーなー」


詩歌「……じゃ、じゃあ経験した事ある二人に聞いてみるんだけどね……これを最後に経験したのはいつ頃の事……かな?」

たより「割と最近かなー?  そんなに昔じゃないよ」

文人「僕はかなり前だな。最近はしてないぞ」


たより「じゃあ逆にしなかった二人はなんでしなかったの?」


二葉「そうですね……何故と言われても。そもそもそう言う状況にならなかったとしか……」

詩歌「……私は、そう言う状況になる事を今までは全力で避けて来たから……」


 んー?  あれ、これもしかして私が[少数派]かな? なんかみんな[寝坊]の話をするテンションじゃない気がする。空気が重いというか。

 全力で避けてきたって、寝坊くらいでそこまで大袈裟な言い方するかな? まだ確信を持てないけど……ここは勝負に出てみようかな。

たより「じゃあ皆んなはこれをしないためにどんな努力をしてるー?  姫城さんは全力で避けてきたって言ってたけど」


詩歌「……えっと。それは……なんて言うのかな……」

詩歌「……守りに入ってた……みたいな」


守り……。守り?  意味がわからない。それにやっぱり[寝坊]の事を話している感じではない。ほぼ確定て私が[少数派]みたいだ。

たより「守り……ふーむ。二葉は?」


二葉「そうですね。私は特に努力はしていないですよ。その必要が無かったと言う方が正しいかも知れませんけど」


文人「因みに僕は努力と言えるかは分からないけど、無理矢理自分を抑えるって感じかな?  そうならない様に事前に要因を潰すみたいな」


「ピピピピピ」


文人「おい、たより。どうしたんだ急に鳥の鳴き真似なんかして」


たより「ばか! 私じゃなくてスマホのアラームでしょ!」


文人「ははは。冗談だよ」


 もー。鳥って……急に変な事言う癖なんとかしてほしいな……。

 もう、と言っている私の顔は確実ににやけていたと思う。

 それはさて置き、狼[少数派]当てでは自分を狼と指定しておこう。
[多数派]のワードはイマイチ分かんなかったけど私のワードとは多分違うと思うし。

 みんなにはバレたないかなー?  ゲームの終盤まで自分が[少数派]って気付けなかったからもしかしたらバレてるかも……。

二葉「それでは皆さん、せーので狼(少数派)を指差しながら指名しましょう。準備はいいですか?」


——————————————————



「みんなは天才になりたいですか?僕は普通でいいです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く