みんなは天才になりたいですか?僕は普通でいいです

名前はまだない

4.普通って何?

「……え?」


「付き合うって……あの、あれか? 男と女がちゅっちゅっイチャイチャする……あれかな?」


「えっと……表現が適切かどうかは置いておいて、概ねそうだけど」


 実のところ、たよりからの僕への好意には薄々気付いていた。
 いつからか、と聞かれるとはっきりとは分からないが。

 いくらさばさばしていて、考えが表に出にくい性格と言っても、長い時間を共に過ごしていれば見えてくる事も多い。それに気付かないほど僕は鈍感ではなかった。難聴鈍感ラノベ主人公ではなかった。

 今かよ!と思う気持ちが無いわけではないが、いつかこんな日が来るかもしれないとは思っていた。

 ただ……

「何言ってるんだよ。僕とお前が付き合うだなんて、あり得ないだろ。なんであんな男とつきあってるんだ!?  って噂になるぞ。たより、お前はもっと周りからの自分の評価を理解した方がいい。お前が思っているよりも、お前は周りに影響を与えるんだぞ。お前と僕じゃ釣り合わないよ」

 出来るだけ明るく、茶化しながら話す。その場の雰囲気が暗くなる事が怖かったのだ。


「ふーん。それって答えはノーって事?」


「ノーって言うか……普通に考えて無理があるだろう。」


「普通って何?」


「何って…それは、一般的にと言うか。な、何となく分かるだろ!  僕より頭良いんだから」


「何でも言うことを聞くって言った。」


「うぅっ……そ、それは……」
「た、たかがゲームだし、まさかそんな事を言われるとは思ってなかったし……」


「何でも言うことを聞くって言った。」


「お、お前こそ本気なのかよ?  俺なんかと付き合いたいって」


「冗談でこんな事言わないよ。ゲームで勝ったのはただのきっかけ」


「そうか……そりゃそうだよな」


「うん。私、文人が好き」

「みんなは天才になりたいですか?僕は普通でいいです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く