話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

赤い記憶~リーナが魔王を倒して彼の隣を手に入れるまで~

鏡田りりか

第12話  ユリア・ローズ

 ああ、そっか、そういう事なんだ。
 多分だけど、ユリアさん、ラザールお兄様の事が好きなんだね。
 ラザールお兄様はそれに気付いてないみたい。でも、だからこそ、知らず知らずのうちに傷つけてるのかも。
 それと、凄く心配そうに注意をしてきた事。きっと、ラザールお兄様の近くに居た誰から、ユリアさんに何かされたんだろう。
 だったら、私も危ないのかな。
 でも、離れるつもりはないよ。


 ラザールお兄様は、私のもの。






「リーナちゃん」
「?」
「今日、学年委員会やる事になっちゃったから、図書室で待ってて貰ってもいい?」


 学年委員と言うのは、学級委員が集まって編制されたものらしい。
 AとBのクラスからは、学級委員にプラスで何名か入ってるらしい。
 まあ、それはともかく、ラザールお兄様と一緒の馬車で帰るから、先には帰れない。図書室に案内して貰って私は此処で待っている事になった。


 ラザールお兄様が行ってしまってから、私は図書室の扉を開ける。
 図書室は、とにかく大きかった。それでも、家の書斎の方が大きいと思うんだ。どんだけおっきいんだ、あれ。
 まあともかく。これだけあって、しかも新しい本が多いから、読む物は沢山ありそう。棚を見て、本を持って机に座る。
 あんまり静かだな、と思ったら、びっくり。私と司書さん以外の人がいない。まあ、その分結構自由に出来るけど。


(ラザールお兄様……)


 やっぱり、忙しいのかな。結構私についていてくれたけど、無理してたのかもしれない。
 頼ってたから、かな。守ってあげないといけない弱い子に見えてた?
 駄目、これじゃ駄目。私の事は、私がやるの。
 でも、ラザールお兄様の顔を見ると、安心するの。だから、私、どうしても頼っちゃうの。


 なんで? こんなはずじゃ、なかったのに。


 本に集中なんて出来ない。ぱたんと閉じて、溜息を吐く。でも、勉強しても、それもきっと集中できないよね。どうしよっかな……。
 色々考えて、なんか疲れちゃった……。なんか、凄く、眠、い……。










(そろそろ、効いたかしら?)


 彼女はそっと笑みを作る。
 これで、あの子は私のもの……。


(迎えに行ってあげようかしら? ああ、でも、もう少し眠らせた方が良いわね……)












「ラザール、ラザールっ!」
「おぅわっ!」
「全く、さっきから話、聞いてるの?」
「ご、ごめんなさい……」


 気が付くと、目の前に女性がいた。銀と金の中間みたいな色の髪をしている。
 彼女はアーサー。二年学年委員長。背が高くてかっこいい感じ。うっかりすると、僕より背が高……、いや、余裕で高いんじゃない?


「で、一体どうしたの? 珍しいじゃない」
「いや……。リーナちゃん一人にしたのがちょっと心配でね。なんか嫌な感じがする」
「ちょっと……。ラザールの勘はよく当たるんだから……。そんな怖い事ないわよ」


 はぁ、と溜息を吐くと、アーサーは辺りを見回す。
 長いポニーテールが揺れる。キラキラと何かが舞う。
 すると、其処に居たみんなの目から感情が消える。


「ねえ、どう思う?」
「リアナさんの時、絶対そうだったし……」
「ちょっと怖い」
「だ、そうよ。行ってあげなさい」
「ありがとう、アーサー!」


 鞄を掴み、扉を開ける。
 図書室は一階。此処は四階で、しかも棟が違う。
 階段を二段飛ばしで駆け降りる。ユリアと同じ事になってたらどうしよう。僕の手には負えないかもしれない。
 もし、どうしても駄目だったら、アーサーに任せるしかないけど……。来てくれるかな。










(ん……)


 いつのまにか寝ちゃってたらしい。昨日は長く起きてたわけじゃないのに……。
 くっと伸びをすると、入口の方に人の気配。
 横目で確認してみると……。よく、知っている人。


「リーナちゃん」
「ユリア、さん」


 鮮やかな桃色の髪。間違いなく、ユリアさん。
 ニコッと笑うと、私のところまで来た。


「え、っと……」
「ちょっとね、お話したい事があるんだけど、来てくれる?」


 ラザールお兄様からの忠告、忘れてたわけじゃない。でも。
 ユリアさんが悪い人だとは、思えないし……。










(良かった、リーナちゃんが素直な子で)


 後ろについてくる少女をちらっと見て小さく笑う。
 にしても、本当に楽勝だ。こんなに簡単だと……。ちょっと恐ろしくなってくるね?
 ま、問題はないと思う。リアナの方がよっぽど警戒心高くて大変だったわ……。


(もうちょっとで、手に入るわね)










「っ?! いない……?」


 図書室を開けてみると、その場にリーナちゃんがいる様子はなかった。
 だって、鞄だけが見えるんだもん……。これはちょっと異質。普通、自分のいる近くに鞄置いておくでしょ?


「司書さん、リーナちゃんって……」
「? あの、クリーム色の髪した子でしょう? さっき、ユリアさんに連れていかれましたけど」
「遅かったかっ!」


 僕は踵を返し、走り出す。
 ユリアが良く行くのは、何処?
 確証はないけれど、多分……。


「リーナちゃん、無事で居て……!」










 図書室からずっと離れ、体育館裏に連れてこられた。足が痛い。
 ユリアさんは片足を軽く地面から離すと、その場でくるっと半回転して此方を見る。
 その口元が、楽しそうな三日月を描いていたから。私は慌てて逃げようとしたけれど、ユリアさんの魔法に阻まれた。


「こらこら、逃げないの。ねえ、こっちを向いて?」


 大人しく従っておく。ユリアさんは小さく手招きする。これにも従う。
 少しだけ距離を置いて立ち止まると、ユリアさんは小さく溜息を吐く。


「あぁ、やっぱり可愛い」
「……っ、え?」
「リアナよりも可愛い。あ~、いいわねぇ」
「え、ええ……?」


 ちょっと待って、これ、どういう事?
 ユリアさんは素早く私に近づき、手を取る。あまりに速くて、何も出来なかった。
 凄く力が強い。全く外せそうにない。ど、どうすれば……?


「私……。可愛い女の子が好きなの」
「え?」
「でも、良いなって思う子に限って! ラザールに近い子なのよ、信じられない!」
「え?」
「あの人、女の子の事溺愛するから、奪えないの! だから、私がラザールに近づこうと思ったのに、出来なくて」


 待って待って、私の思い違い?!これってまさか……。
 私、襲われる?


「でも、やっと捕まえられた……。もう逃がさない」
(ど、どうすれば……?!)
「私の色に染めてあげる……」


 赤く染まったユリアの頬。これは、本気だね、冗談言ってるとかじゃなくて……。
 引き剥がしたいけど、出来ない。どんな強い力で……。あ、違う、私が弱いからかも。
 ともかく、これは本当にまずい。ああ、ラザールお兄様に従って、近づかなければよかった!


「リーナちゃんはどんなのが好み?」
「え……?」
「リアナは御転婆だったけど、リーナは違うわよね。だったら、優しい方が良いのかしら?」


 ユリアさんは私を離さない。引き摺る様な形で奥まで連れていかれる。
 そのまま地面に押し倒される。抵抗しようとしたけれど、全部抑えられてしまう。
 ユリアさんは私の髪を弄ぶ。


「さ……。楽しい遊びをしましょ?」
「ちょっと待ったぁ!」


 この声は、もしかして! ラザールお兄様、助けに来て、くれたんだ。
 ユリアは私に「動かないで」と囁いた。静かだったけれど、強い殺気が感じられた。動けない。


「なんで、此処が?」
「だって、リアナの時も、此処が一番多かったじゃないか」
「本当に、邪魔なのよね……。リーナは私の物にするの」
「そういう訳にはいかないな」


 ラザールお兄様とユリアの戦いが始まった。
 二人とも、武器は持っていない。魔法と自分の持ってる力だけが頼り。
 でも、ラザールお兄様、メインは魔法じゃないから……。圧倒的に不利だよ。


 ユリアは美しいと思えるような魔法を放つ。真っ赤な炎。キラキラ光る水。
 それらを、地面だけでなく壁も使って跳んだり、体勢を変えたりで避けていく。
 二人の殺気がぶつかり合う。殺気は、苦手。何よりも……。
 ラザールお兄様の方が上手みたい。ユリアに接近、その手を掴む。


「くっ」
「お仕置き、必要だよね」
「何を……。離して!」


 その時、後ろから声が聞こえてきた。金髪の女性が立っている。


「ラザール。もう良いわ、後は任せなさい!」
「! アーサー。ありがと、任せる!」


 それから、呪文を唱える声が聞こえてくる。
 ユリアは辛そうにその場に座りこむ。一体、何の魔法なの……?


「魔力を、奪ってる……? や、止めてよ」
「御馳走さん。さ、ユリア? 前回、次はないって言ったわよね?」
「ひっ」
「どうする?」


 金髪の女性はユリアを抱き上げると、都のまま何処かへと連れて行った。
 魔法で縛ったみたいで、何の抵抗もしないユリアさんは、泣きそうに見えた。


「リーナちゃん、大丈夫?!」
「何にもされて、ない、ですよ?」
「でも……。ユリア、いっつも僕を殺そうとしてくるけど、あれって何なんだろ?」
「し、知らない方が良い事もあります」
「え? あ、そう……」


 まさか、ユリアが女の子好きだから、だなんて、言えるわけないよね……。
 ラザールお兄様は私に怪我がない事を確認すると、スムーズな動作で私を抱き上げた。


「え、で、でも」
「いいから。怖い思い、させちゃったかな。ごめんね」
「そ、そんなこと……」


 何か、勘違いしてるかも知れないけど……。
 でも、これ、嬉しいから、黙っておこうかな。






 次の日。


「あ、あの、リーナちゃん」
「っ! は、はい……?」


 ユリアさんが話しかけてきたものだから、思わず身構えてしまった。
 彼女は慌てたような表情をする。警戒は解かないで、それでも、ユリアさんの話を聞く事にする。


「あの、昨日はごめん。急に、怖かったわよね」
「……」
「それと、こんなで良ければ、なんだけど……。友達になってくれたら、嬉しい」
「……、え?」
「や、やっぱり嫌よね! ごめんな……」
「待って!」


 違う、そういう事じゃない。ユリアさん、友達って、友達だよね。え、いいの、かな? 友達で、我慢でき……、それは違う? 
 まあともかく。私だって、友達は欲しい。一人は嫌だから。でも、私は友達を作るのは難しそう。何かきっかけでもないと、ね。それだったら、ぴったりかもしれない。
 昨日はちょっとびっくりしたけど、でもまあ、怪我は一つも負わなかった。
 それに、根本的に、優しい人なんだよね……。


「良い、ですよ。友達」
「え……!」
「そんなに驚きます……?」
「あ、う、うん、そうね!」
「じゃあ、お友達、で」
「うん……。ありがとう」


 ユリアさんが、泣きそうだったから……。私、やっぱりこの人、良い人なんだろうな、って思った。

「赤い記憶~リーナが魔王を倒して彼の隣を手に入れるまで~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く