話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

量産型ヤンデレが量産されました

スプマリ

抵抗

「マジかよ」


 思わぬ乱入者の登場に驚き俺は思わず呟いた。考えていた中で最悪なのは「問答無用で三人にどこかへ拉致られるパターン」であったのに、これは更に上を行くかもしれん。いや、下か。


 こんな時こそ俺の自動防壁である三人に馬鹿を排除して欲しいのに、三人でもこの馬鹿には逆らえないのか攻撃的な動きを見せない。


 馬鹿をこのまま放置しておくと本当にどこかへ連れて行かれかねないので仕方なく俺が声をかける。


「ちょっとまて、ステイ、ハウス、なんでもいいからとにかくやめろ」
「おやおや、全くの親切心から提言したというのに心外な物言いだねぇ」


 ははっ、抜かしおる。


「地獄への道は善意で舗装されているという言葉があってだな、お前の善意は間違いなく地獄直行便なんだよ。いいか? 絶対に勝手に話を進めるなよ? フリじゃないからな?」


 この馬鹿を完全に制御することは不可能だと身に染みてわかっているので、せめて監視下に置きたい。まあそれすら無理だってのもわかっているが、全貌の何割かでも知っておきたい。


「ふむ、ということは勝手に進めなければいいんだな?」


 言質は取ったぞ、という目でこちらを見てくる。あ、これ失敗したわ。


 何か言い出す前に一発叩いて黙らせようとするが、俺が動きだすよりも早く馬鹿の口が動く。


「四泊五日の無人島旅行へ四名様ご案内決定しましたー!!」


 馬鹿が万歳のポーズでそう叫ぶと榛名と田中と文美が「ガタッ」と立ち上がる。


「寝る場所はちゃんとありますか?」
「安心しなさい! 宿泊施設はちゃんとある!」


 榛名さんや、それよりも心配することは沢山あると思うんですけど。というか無人島なのにそんなのあるのかよ。


「場所はここから遠いですか?」
「それも安心しなさい! すっごい遠いぞ!」


 田中よ、距離を聞くんじゃなくてめて欲しいんですけど、俺。


 しかも距離が遠いことに安心しろってどういうことだよ! 全然これっぽっちも安心できねえよ! どこまで連れて行かれるんだよ!


 そして田中は「ほっ」とした顔になっている。 本当に安心してんじゃねえよ!


「海は! 泳いでいい海はあるの?!」
「もちろんバッチリだ! 誰も見ていないからどう泳いでも自由だ!」


 こら文美! 俺の次にこいつの怖さを知っているはずなのに海の有無なんて聞いてる場合じゃないでしょ!


 わかってはいたけど馬鹿に逆らえるのは俺だけ…………、というよりも反対なのは俺だけっぽい。どうして俺が孤立無援なんだ。どうしてこうなった。


「あー、あー、盛り上がってる所悪いけど、旅行って普通保護者同伴じゃないと無理だよな? だから俺らだけで旅行なんて無理だと思うんだけど」


 三人は「今更こいつは何を言っているんだ?」という顔をする。いや、普通の旅行ならまだ、「まだ」マシだろうけど無人島でしょ? 絶対やだよ。屁理屈こねてでもめるよ?


 だが、ただ一人、馬鹿はニヤリと笑うと俺に止めを刺そうとする。


「なーに、保護者がいればいいんだろ? 私も一緒ならば問題無い」


 アウトー!! 一番アウトなの来たぞー!!


 だがしかし、流石にそれは嫌なのか三人も「え、それはちょっと」という顔をしている。


「いやいや、お前が保護者とか無理だろ。旅行会社の人に止められるって」
「大丈夫だ。絶対に止められない」


 何故か自信満々にそう言う馬鹿。一体何を根拠にそんなことを言っているのか……、はっ!


「お前、まさか!」
「なにせ私がこの時のために作った旅行会社だからな! 社員は私一人! ツアー旅行という形ならば全く問題ない!」












 や、やりやがったぞこのアマあああああ!!!!






「というわけで一緒に旅行するわけじゃないから三人とも安心していいぞ」


 馬鹿のその言葉で「なーんだ、それなら大丈夫」と三人は納得する。お前らの判定ガバガバじゃねーか!

「量産型ヤンデレが量産されました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く