話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

量産型ヤンデレが量産されました

スプマリ

夕飯

 まあ正直に言えば第六感に従うまでも無くヤバいってのははっきりわかる。普段の学校でさえ人目をはばからずに行動する彼らの事なので、本当に人目が無かったら何をするかわかったものではない。


 大型の肉食動物の檻の中に放り込まれる草食動物の気分はこんな感じなのだろうか、と考えつつ我が家に入る。


「それじゃあ私たちは晩御飯の用意をするから!」
「あ、ああ、わかった」


 後ろから文美がそう声を掛けてくる。何が起こるのか身構えてたので、正直に言うと「ビクッ」としてしまった。


 だが言われたこと自体はいつもと変わらない。声の調子もいつもと全く同じ。あれ? ひょっとして俺の考えすぎ?


 やや安堵して自室へ戻るとさっさと普段着に着替える。本当であればそのままベッドにダイブしたいのだが、彼らが料理を作っている時にリビングで待機していなければ色々と文句を言われてしまう。


 なのでいつも通りにリビングのドアをガチャリと開ける。まあ当然そこには三人がいつも通りエプロンをつけて料理している姿があった。


 いつもと違うのはエプロンしか身に着けていないってことかな。


 待って、ちょっと待って。俺の目がおかしくなったのかな? 何で君らは裸エプロンなんて恰好をしているんだい?


「あ、雄太くん。ちょっと時間かかるけど我慢しててね」
「あ、はい」


 榛名が俺に我慢するようにと言ってくる。学校でのセクハラ発言のせいで空腹ではなく性欲を我慢するように言っている風にしか聞こえない。


 いや、だってさ、考えてみてよ。学園のアイドルと超美少女と超美少女? が裸エプロンで料理してるんだぜ? お尻とか丸見えになっちゃってるんだぞ? 俺高校生だぞ? って俺は何でナチュラルに田中を対象として見てるんだ。


 普段であれば俺はテレビでも眺めている所だが、本日はテレビではなくキッチンへと視線が向いてしまう。いや、仕方ないだろ? 許してくれよ。


 そして俺にちらちらとガン見されているにも関わらず三人は気にした様子も見せずに料理をしている。


 しばらくして料理が出来上がり、三人がテーブルへと料理を運んでくる。俺の右手は榛名が握るので右側に榛名が座るのだが、なんというかもう存在感が圧倒的すぎる。ヤバい。料理に目が行かないでそっちに行っちゃう。


 そして左手は田中が握るので左側には田中が座る。まあ、当然榛名みたいな存在感を放つものは持ち合わせていないのだが、その代わり先程から桜色のものがチラチラと見えてしまっている。こら田中! 男だからって遠慮なく乳首券発行してんじゃねぇ!


 そして正面には文美が座っている。当たり前だが田中とは違い、やや膨らみがあるため桜色の物体は見えそうで見えない。


 そして今まで気にしていなかった料理の方を見るとそこにはスッポン鍋があった。ニンニクのにおいもするし、これでもか! というくらい精を付けさせようという意志が見える。おい、そうめんどこ行った。


 ヤバい! こいつら夏休み初日から仕留めに入るつもりでいやがる! そして俺は既に奴らの術中にはまってしまっている!


「雄太くん、夏休みはどこか旅行に行かない?」


 榛名はいつものように俺に「あーん」しながらそう尋ねる。俺は恐怖から答えられずに咀嚼そしゃくを続ける。


「お、俺は五人くらい子供が欲しいな!」


 反対側で田中がそういう。ちょっと待て、その発言は色々おかしい。田中に触発されて今度は文美が声を上げる。


「私はお兄ちゃんの子なら何人でも産みたい!」


 もうやだこの人達。


 俺が途方に暮れていると、リビングのドアを「ドバーン!」と勢いよく開けて乱入者が現れた。






「話は聞かせてもらった! 私が旅行先を用意しよう!」


 馬鹿姉、満を持しての登場である。

「量産型ヤンデレが量産されました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く