幼女と遊ぼうとしたら異世界に飛ばされた件について

スプマリ

44話目 悪だくみをする大人たち

 人が治める国の一つ、オーディナー帝国の首都の一角にて、数人の男たちがある一室に集まっていた。互いの顔も見えぬ程に薄暗い室内ではあるが、ギラついた目はまるで輝いているようにも見える。


 異様な雰囲気を放つ男が一人、そのすぐ傍に控えるように立つ男が一人、二人の前に立っている男が数名おり、彼らの立ち位置などから異様な雰囲気を放つこそがこの集いの首謀者であることは明白であった。


「それで、首尾はどうだ」


 首謀者の男がそう尋ね、その傍に控えていた男が主に報告すべく口を開く。


「報告書によれば、群れの長に影響を与えることには成功したものの完全な支配下に置くことは出来ず、群れが大きくなることで制御が不能になったとのことです。また、実用化には数年の期間の実験と更なる資金提供が必須と申しております」


 その報告を聞いた首謀者は『ハッ』と不愉快そうに鼻で笑い、指示を下す。


「あの狸め、提供した資金でいくら私腹を肥やすつもりだ。まあいいだろう、要求した額の倍を提供してやれ。但し、必ず二年以内に実用化の目途を立てるように言っておけ」


 首謀者がそう言い放つなり、報告を述べた男は『かしこまりました』と短く返事をするとその場から立ち去ってしまった。


 首謀者は目の前に立っている男たちに改めて向き直り、睨むような視線を向けるが、男たちはそれに怯まず微動だにしない。その反応に満足したのか首謀者はニヤリとその口角を上げると男たちにもまた指示を下した。


「お前らは引き続きドワーフとの交渉と情報収集に徹しろ。知っての通りこちらの勢力は数では話にならん。現状ではまだ数年の猶予があるが、その間になんとしても装備の質で大幅に差を付けねばならん。それと、研究者どもの制御から離れた魔物がどうなったのかの情報も追加で集めておけ」


 首謀者の男がそう命令を下し、男たちはそれに対して異議を挟むことなく『御意』と答え、己の仕事を果たすためにその場を次々と去る。


 自分以外の者が全て立ち去ったことにより首謀者の男はその場に一人取り残されると、男はここではないどこか遠い場所を眺めるような目つきになりぽつり、と一言だけ漏らした。


「魔の森の魔法使い、か」


 他の誰かが耳にするでもなく、その言葉は闇に溶け、そして男もその場を去ることでその場にはただ静寂だけが残された。

「幼女と遊ぼうとしたら異世界に飛ばされた件について」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く