幼女と遊ぼうとしたら異世界に飛ばされた件について

スプマリ

43話目 決意表明

 俺はここ一か月、彼女が成長するのを見届けてきていた。魔法が使えるようになり、身のこなしも上達し、俺の料理を再現するのも上手になっていっていた。しかしそれらはあくまでも俺が教えて、最適な方法を提供していたからある意味当然のこととも言えた。無論、彼女のそういった成長が嬉しくなかったわけではない。


 けれど今朝、彼女は俺の手を借りることなく独力で事を成し遂げたのだ。それも、俺でも出来ないことを、根気強く続けることでやり遂げたのだ。


 そのことがどうしようもなく、嬉しかった。


 彼女が自身の手で成長したことが、彼女が自分で一歩踏み出せたことが、涙が出そうなほどに嬉しかった。彼女の成長が我が事のように嬉しく思え、ともすればそれ以上にも思えた。彼女に自信を付けさせるためにやらせたことだというのに、俺の方がそれを喜ぶというのもおかしな話だが、それでもとにかく嬉しかったのだ。


 そしてそれと同時に俺は自分が悩んでいたことが馬鹿らしく思えた。彼女は自分で歩むことが出来る人間であり、最初から最後まで俺が導く必要なんて初めから無かったことに気付いたのだ。


 俺は彼女に人との関わりを断ってほしくないが、傷ついてほしくない。でも、その選択をするのは彼女自身であり、俺は彼女がそのどちらを選んでもそれを出来るようサポートするだけでよかったのだ。


「シャル、君が望むことを何でも出来るくらい君を強くしてみせる」


 師匠と弟子、というのは彼女を納得させるための単なる方便であった。彼女を鍛え、ある程度のことが出来るまで育てるくらいは考えていたが、俺自身それ程本気で彼女のことを弟子と思っていなかった。


 でも、これからは違う。俺は彼女のことを必ず強くしてみせる。最低でも俺と同じくらいに、出来ることなら


 この一か月、俺は本当に楽しんでいた。最早シャルが居ない生活を思い出すことは出来ず、今までの千年よりも濃密な時間を過ごしているという実感がある。シャルの成長が嬉しく、シャルが喜ぶ姿を見たい。望めば何でも出来る程の力を付けて、彼女には望むがままに生きてほしい。その結果、彼女に裏切られて殺されても構わない。


 シャルに殺されるのはとても悲しいが、俺は無駄に長く生きすぎたように思える。それならば、どのような事情であれ彼女がそう望んだのならば、人と関わる喜びを思い出させてくれた彼女にならば、殺されても構わない。だから、俺を殺せるくらいに強くなってほしい。


「俺の決意の証として、これを受け取ってくれないか」


 それでも、明日からやることに変わりはないだろう。昨日までと同じく彼女を鍛え、彼女と生活していくだろう。だから、本来この決意表明には何の意味もない。それでも、俺はそうしたかった。俺は彼女にそれを言いたかった。


 先程懐から取り出したイヤリングをシャルに手渡す。ただ純粋に彼女のことを想い作り上げた、何の効果も持たないただのイヤリング。


 シャルはそれを恭しく受け取ると胸元で大事そうに両手で包み込んだ。


「師匠、私、頑張ります」


 彼女は目に涙を溜めながらそう答え、両の耳にそれをつける。とてもよく似合っていて一安心といったところか。続く言葉が見当たらず、辺りに静寂が広まり、やや冷静になった頭でどうしたものかと悩んでいると『グルルル……』と不機嫌そうな唸り声が聞こえた。


 俺はその声を聞いて振り返り、苦笑いしながらその声に返事をする。


「わーかってるって。お前の分もちゃんとある」


 一応デザインだけは出発前に考えていた首輪を、この場で作り出してドラ助につけてやる。足に着ける腕輪か首輪ぐらいしかドラ助は付けられなさそうなので、着けた時のバランスから首輪にすることにしたのだ。これは本当に他意はない。


 俺からの贈り物がお気に召したのか、特に抗議の声をあげることなくドラ助は一度鼻息を吹くとそっぽを向いた。


「帰ろうか」
「うん」


 ドラ助のおかげで先ほどまでの神妙な雰囲気は全て吹き飛んでしまったので、俺はいつもの調子で声をかけることが出来た。ドラ助の背に乗らずとも、転移魔法を使えば帰る事が出来るがそれはしない。


 これから長く続くだろう共同生活だが、いつか終わりが来るかもしれない。だから俺は今この一瞬一瞬を大事にしたかった。ドラ助の背で揺れながら、月に照らされながら、今この時を胸に刻みながら、俺とシャルは家路についた。

「幼女と遊ぼうとしたら異世界に飛ばされた件について」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く