幼女と遊ぼうとしたら異世界に飛ばされた件について

スプマリ

42話目 ピクニック! ピクニック!

 俺からの説教が終わった後しばらくの間『グルグル』と不満げにドラ助は唸り続けたが、サックリとそれを無視してシャルとの空の旅を楽しむことにした。本来ならばシャルに歌をもう一度歌ってほしいのだが、それをしてしまうとドラ助が再度眠ってしまうので泣く泣く諦めることにしたのだ。


 はあ、歌を聞くシチュエーションとしてこれ以上無い物だというのに……。このポンコツめ……。


 嫌がらせに奴の後頭部目がけて消しカス並の大きさの魔力弾をぺしぺしと飛ばして憂さ晴らしをすることにする。当然ダメージなどは皆無なのだが、ドラ助が非常に鬱陶しそうにしている姿を見ることでいくらか溜飲が下がった。


「あ! 師匠! あそこの湖きれい!」


 シャルが指さすそこには澄んだ湖が広がる場所があり、ドラ助が降りたり動き回ったりすることのできる広さもあった。水中にはいくらか化け物の気配も感じられたが、そいつらも俺の存在を感じ取っているためか、俺から隠れるように水中の奥底に沈んでいた。


 ふむ、これなら丁度よさそうだな。


「よし、ドラ助、あの湖の所に降りてくれ」


 俺はその言葉と共にケシカス弾をマシンガンの如き勢いでドラ助に放ってやる。苛立ちながらも俺に言い返すことが出来ないドラ助は『グアア!』と一言吠えると、湖の近くに広がる土地目がけてすっと降下していった。尚、反抗的な返事をしたのでケシカス弾の勢いは更に増した事を記しておく。


「わあ!」


 ドラ助の背から降り、目の前に広がる光景に感動した様子のシャルはそう感嘆の声をあげた。


「危ないからあんまり近づくなよー」
「うん!」


 シャルはまだ泳ぐことが出来ないので、湖に落ちてしまうのはやはり危険である。聞き分けの良いシャルは俺の言うことを守り、湖の水際からやや離れた場所でうっとりとした顔をして立ち尽くした。


 空から見下ろした湖も綺麗ではあったが、地上から見るというのもまた別格である。湖や遠くに見える山々、それに木々が織りなす風景はとてもここが悪名高い魔の森の中と思えるものではなく、ここがどこかの観光地であるといっても十分通用する物であった。無論俺達以外が立ち入れば、化け物どもによってたちまち地獄と化してしまうが。


 シャルが風景に見入っている間、俺は清潔なシートを用意して座れるように準備しておく。ふふふ、そしてここに遠足、もといピクニックの最大の楽しみの一つであるおやつをしこたま作り出すことにする。


 ん? おやつは三百円までだと言っていたはずだと? 何を言っているんだい、これは全て俺の魔力で作ったものだから全部タダに決まっているじゃないか。そんなわけで案外食いしん坊であるシャルが我に返りおやつに気付くまで、俺はシャルの姿を穏やかな気持ちで眺めることにした。


「師匠、それ何ですか?」


 そしておやつの存在に気が付いたシャルは見たこともない物を目にして俺にそう尋ねる。


「これはな、俺が前に住んでた所で売られていたお菓子だ」
「お菓子なんですか?!」


 俺の説明を聞いたシャルは大層驚いた様子を見せる。前にも説明したがこの世界では砂糖は貴族様専用の調味料であるため、間違ってもシャルのように虐げられていた存在が口にできるものではない。


 それが今、目の前に山のように用意されているともなれば驚くのも当然と言えよう。俺はシャルが間違って包装紙を食べたりしないように、それらから取り出して皿に盛りつけて、シャルにシートの上に座るよう促す。


「あの……、もしかしてこれを……」


 皿の前に座った彼女は期待の入り混じった顔で俺に伺いを立てる。


「おう、けどこの後お弁当もあるから食べ過ぎるなよ」
「はい! いただきます!」


 俺の返事に顔を輝かせ、彼女は皿へと視線を移してどれから食べるべきか悩み始める。しばらく悩んだ彼女は板チョコへと手を伸ばし、恐る恐るといった様子でそれに口を付ける。そして口に含んだ直後彼女の目が大きく見開かれ、感想を述べることもなくどんどんとチョコをその口へと入れていき、ついに一枚のチョコを全て食べきってしまった。


「果物より……、ずっと甘いです」


 いつものようにはしゃぐでもなく、極めて落ち着いた様子で彼女はそう言った。想像したこともないような甘さが彼女に与えた衝撃はあまりに大きく、一周して冷静になったらしい。この世界では本物の貴族ですら食べることが出来ないような質のお菓子を食べたことを考えれば、ある意味当然の反応なのかもしれない。


「まだそれ以外にも色々なお菓子があるからな」


 俺の言葉を聞いたシャルは、そこでハッとした顔になる。今口にした真黒なお菓子だけでも衝撃的だったというのに、それ以外にも様々なお菓子が、それも大量にあるということの意味を彼女は理解し、そして戦慄・・して身震いする。


 これ以上どのようなお菓子があるというのか、そして残酷なことにそれを食べ過ぎてはいけないのだ。一口食べれば夢中になってしまうというのに、自分はそれを律しなければいけないのだ。


 シャルの目つきは先程よりも更に真剣なものとなり、皿に置いてあるお菓子をまるで睨みつけるようにしている。やがてどれを食べるか決断してはそれを一口食べ、顔をとろけさせると夢中になって食べ始め、そしてハッとして顔を左右に振り次のお菓子を選ぶ、ということを繰り返していた。


 なんというか、見ていて超和みます。


 そしてそんな微笑ましい光景が展開されている中、視界の端には目障りな物が入り込んでいる。白くて長い尻尾のような物がぷらーりぷらーりと揺れており、『我もここにいるんだがなー』とそいつは自己主張をし続けている。


 そんなものは知らんとばかりに俺は無視をしてみるが、終いにそれは勢いを更に増し、地面をビタンビタンと叩き始めて非常に鬱陶しくなる。いい加減イラついてきたので俺はその尻尾の主の方へと向き直り、ツカツカと歩み寄った。


 そんな俺の態度に危険な物を感じたのか、ドラ助は『あっ、やっべ、やり過ぎた』という表情をして固まってしまい、先程までの尻尾による自己主張は何だったのかという程に身動きしなくなった。


 俺はそんな間抜けなトカゲに対してつくづくと呆れつつも、今日はある程度までは優しくしてやろうと決めていたのでドラ助の要求をのむことにした。


「お前も食べていいぞ。だけど、シャルが手渡したのだけ食え」
「グア?」


 ドラ助は『え? いいの?』と目を丸めて返事をする。そもそも俺がお前にお菓子を食わせようとしなかったのは、お前の場合俺の言うことを聞かずに包装紙ごとお菓子を食べて、後で死ぬほど苦しむ無様を晒しそうだからだったんだよ。


「いいか、シャルが手渡した分だけだぞ。絶対だからな」
「グゥア!」


 『わかっておるわ!』と元気よく返事をしたトカゲはシュタタタタタとシャルの方へと駆け寄ると、餌を待つ犬のように行儀よくそこに座った。シャルはドラ助の意図をすぐに理解したようだが、俺とドラ助の会話が聞こえなかったためか、俺に許可を求めるような視線をこちらに向ける。


 それに対して俺はこくりと頷き了承する。俺からの許可を得たシャルは皿の上からお菓子を一つ取ってドラ助へと渡すと、ドラ助はそれをぱくりと食べ『キュオオオオオ!』と大声で吠えてその喜びをあらわにした。そして早く次のお菓子をちょうだいと目を輝かせ、尻尾をブンブンと振り回してシャルを見つめた。


 シャルはその様子に苦笑いしつつもドラ助に次のお菓子を手渡し、その度にドラ助は喜びの声をあげる。俺は魔法を使って自動で包装紙を取り除く仕掛けをしてからその触れ合いを眺めているわけだが、どう見ても犬と飼い主のそれにしか見えなかった。


 そうやってお菓子を食べた後にフリスビーをして遊んだり、早めの夕食としてお弁当を食べたりしてピクニックを大いに楽しんだ。フリスビーを取ってくる犬役をしている内にドラ助は段々と熱が入って全力で取りに行ったり、その後の夕食で特製の弁当を遠慮なく食べたりと更にドラ助の犬化が進んだが、些細なことであるため省略する。


 そうこうしている内に、俺の魔法無しでは目の前すら見えないほどに辺りは暗くなってしまう。夜になり、俺が前もって伝えていたことは全て終えたため、我が家に帰るべく、シャルはおもむろに立ち上がりドラ助の背に乗ろうとした。


「シャル、もうちょっと待ってくれ」
「へ? う、うん、わかった」


 だが俺はそんな彼女に声をかけて引き留める。確かにピクニックというならばここでお終いだろう。しかし、俺としてはこの後にすることこそが本日のメインイベントなのだ。


 戸惑うシャルをシートの上に座らせ、俺自身もシートに座り、不用心なことをしないよう念のためにドラ助をそばに待機させておく。そして俺はシャルに夜空を見上げるように伝え……。


「わあ……」


 シャルはそう短く、感嘆の声をあげた。


 口笛のような微かな音の後、よく響く炸裂音と共に夜空に一輪の花が咲いた。それを皮切りに次々と花が咲き乱れては夜空へと溶けていく。俺の魔法で再現したそれは、いつか日本で見たそれと遜色ない物に思え、自身で作っている光景だというのに魅入られてしまいそうになる。


 前が見えなくなるほどに暗いからこそその花はよくえ、真っ暗な夜空は色とりどりの花の美しさをより一層際立たせた。木々のざわめきも、湖に映り揺らめく花も混然一体となり、それは一つの芸術品へと仕上がる。


 まさしくこの世の物とは思えぬ光景にシャルは心を奪われ、瞬きすらせずに見入っている。俺は頃合いを見計らって懐からあるものを取り出すと、彼女に呼びかけた。


「シャル」


 彼女はその声に辛うじて反応し、視線をこちらへと向ける。返事をしなかったのは、恐らく目の前の光景の虜となっているからだろう。そんな彼女の反応すら俺は愛おしく思え、顔が綻びる。


「シャル、今日は伝えたいことがあるんだ」


 今朝決心した想いを、俺は彼女に伝えたくてここへ来たんだ。

「幼女と遊ぼうとしたら異世界に飛ばされた件について」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く