幼女と遊ぼうとしたら異世界に飛ばされた件について

スプマリ

23話目 森の支配者

 どこまでも見渡せる澄み切った空を、一人の少女と一匹のドラゴンが駆ける。眼下に広がる雄大な緑と青空のコントラストは一枚の絵画を思わせ、ドラゴンの背という特等席からそれを眺める少女の心にその光景は自然と刻まれた。


「今日はよろしくね、ドラ助」


 少女は微笑みをたたえながら、自らを乗せるドラゴンにそう告げた。その笑みは、元来人間とは比べるべくもないエルフの美貌とドラゴンに乗っているという特異さが相まって神秘的な雰囲気すら漂わせている。


「グルルル」


 その彼女を乗せるドラゴンもまた巨大な存在感を放っていた。少女のことを見る者を魅了する宝玉とすれば、そのドラゴンは宝玉に触れようとする全ての愚か者から守る守護神と言えよう。


 ドラゴンは器用にも空を飛びながらその顔を少女へと向けて、彼女へと返事をする。その唸り声は正しく獣のそれでありながらも高い知性を感じさせ、その声を聞いた者はドラゴンの威容も合わさり絶対的な安心感を得るだろう。


 もしこの光景を目にする者が居れば『何故エルフの少女ごときにドラゴンが従うのか?』と疑問に思い、思いあがった者はその少女を捕らえてドラゴンを意のままに操ることを画策しただろう。


 しかし両者にとって幸運なことにこの場にそのような無粋者は存在しなかった。少女らにとっては彼らの主人の機嫌を損なわないで済むことが、無粋者にとってはその命運が確実に尽きることにならずに済むことがという大きな違いはあったが。








 地上にいる獣たちは空に浮かぶドラゴンと少女の姿を見て次々と地に伏していく。この森に棲む獣は魔物と呼ばれ、通常の獣と比べて非常に高い身体能力や特別な能力を有している。


 それにも拘わらず魔物たちがドラゴンを目にしてそのような姿勢を取るのは、ドラゴンに逆らう気は一切無いということを示すためである。多少優れているとはいえ彼らも獣の枠を出ない生物であり、ドラゴンという種とは正しく格が違うのだ。


 そして彼らの本能に刻まれて久しい絶対的恐怖を象徴する存在をも感じさせられれば、逆らう気など文字通り毛ほども生じぬというわけである。




 魔物たちの身体能力はいずれも高く、それ故に空に浮かぶドラゴンらに付着しているにおいをも感じ取ることが出来た。ドラゴンこそがこの森の主であることを魔物たちは理解していたが、それとは別に天敵・・とでも言うべき存在がいることも理解している。


 その者と出会えば死ぬ。気分を害しても死ぬ。逆らえば当然死ぬ。魔物たちにできることは、そのにおいを少しでも嗅ぎ取ればその場から離れ、それが叶わずその者と対面たいめんせざるを得ない時は今以上に深く地に伏してその者が離れてくれるのを待つことだけだ。


 そのにおいが少しどころではなく濃厚に付着している少女はその者と親しい存在であることを魔物たちは悟り、この日魔物たちは少女に対して『触れず、近づかず、傷つけず』と心に定めた。




 そのようにして方々を飛び回るドラゴンと少女の目にある存在が映る。地上の開けた場所にて自らの子を天に捧げ、こちらを見ている魔物がそこにはいた。一見すればドラゴンに贄を捧げて命乞いをしているかのようにも見えるが、そのようなことを魔物は望んではおらず、また、ドラゴンも贄など求めてはいない。


 この森の支配者たるドラゴンにとって、この森に棲む魔物もまた守護の対象であり、仮に秩序を乱すものと判断して滅ぼすと決めたならばたとえ贄を捧げられたところで根絶やしにすることは変わらない。


 そのことを魔物側もまた理解しており、このようなことをしているのは我が子が強く育つことを祈ってのことだ。魔物にとってドラゴンは強さの象徴であるため、その強さにあやかれるようにこうして我が子を天に捧げているのだ。




 それを見たドラゴンはある気まぐれを起こし、その場所に降り立つことを決めた。ゆっくりと高度を落としていき、その魔物のもとへ近づいていく。


「ドラ助?」


 そのことを不思議に思った少女はドラゴンに声をかけるが、ドラゴンは返事をしなかった。


 不思議に思ったのは地上にいた魔物も同じだった。支配者たるドラゴンが自分たちを気にかけるはずもないと考えていたのに、そのドラゴンがわざわざ自分たちのもとへと降り立ったのだ。混乱するなという方が無理のある話といえよう。


 固まってしまったかのように動きを止めた魔物たちを余所に、ドラゴンは地上に降り、その顔を自分に捧げられていた子へと近づける。


「ドラ助! 食べちゃダメだよ!」


 少女はドラゴンが子を食べるために顔を近づけたのだと思ったようだが、それは勘違いである。


「グラルルル」


 ドラゴンはやや高めの唸り声をあげ、その子に祝福を行った。


『強く、逞しく育てるようこの子に祝福を』


 それを行うとドラゴンは再度空へと飛び立ち他へと向かう。残された魔物たちはドラゴンにより祝福を受けたことを理解して大いに喜んでいた。祝福自体に何か特別な効果などは無いが、それでも彼らは喜んだのだ。


 そのようにドラゴンが気まぐれを起こしながら空を飛び回っていると、ドラゴンの耳に地上から騒々しい音が届く。




――ギャー! ギギー!


 ドラゴンを前にして不遜にも地に伏さず、喚きたてる愚か者たちがそこにいた。


『そいつをよこせ!』
『そいつを殺させろ!』
『そいつの皮を剥がさせろ!』


 愚か者たちは自らの守護者であるドラゴンが自分たちに手を出さぬことを理解していた。それ故、この森で常日頃自分たちに恐怖をまき散らす存在と少女が近しいことを理解した彼らは、憂さ晴らしのために少女を殺すことを欲し、それをドラゴンに要求したのだ。


「グガアアアアアア!!」


 それを不快に思わぬ程ドラゴンは温厚ではなかった。身の程を弁えぬ猿どもを怒鳴りつけ、決して少女を害してはならぬと言いつけた。


 ドラゴンの怒りをその身に受けて平然としていられるほど愚か者たちは強くなかった。その咆哮を聞いた彼らはすぐさま逃げるように、いや、実際その場から逃げていった。


「い、いじめちゃ駄目だよドラ助!」
「グルルルル……」


 獣の言葉がわからず、その身を守るためにドラゴンが怒ったことなど知る由もない少女はドラゴンを叱りつけ、そのように心優しき少女に対してドラゴンはため息とも返事とも言えぬ唸り声をあげるのであった。

「幼女と遊ぼうとしたら異世界に飛ばされた件について」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く