幼女と遊ぼうとしたら異世界に飛ばされた件について

スプマリ

9話目 ペットです

「シャル、こいつが今日お前に会せたかったドラ助だ。見てのとおりドラゴンだが、長生きしてるせいもあって知能は高いからこっちの言葉はわかってるっぽいぞ」


 やはりドラゴンというのは化け物の中でも別格なのか寿命が非常に長く、長く生きればその分知能が高くなるようだ。知識魔法によれば寿命は個体差もあるが最低三千年、場合によっては一万年にも届くらしい。


「は、はあ」
「で、ドラ助、今日お前の所に来たのはシャルに会わせるためだ」
「グルルル……」


 ドラ助はプルプルとチワワのように震えながら返事をする。うんうん、お前も俺に会いたかったんだな!


「あ、あの……」


 俺がドラ助と旧交を温めているとシャルが恐る恐ると話しかけてきた。


「ん? どうした?」
「ドラ助って名前、ちょっと適当すぎでは……」
「そんなことないよ! お前も気に入ってるよな?! なあドラ助!」


 シャルはなんと失敬なことを言うのだ! こいつを発見した時に1秒も考えてつけてやった名前なのに!


「グ、グルルル……」


 俺の確認に対してドラ助は首をブンブンと横に振って答える。


「ほら! こいつも気に入っているって言ってるぞ!」
「嫌がっているようにしか見えませんが……」


 うーむ、どうやら俺とシャルとではドラ助に対する考え方が違うようだ。まあいい、おふざけはこのくらいにしておこう。


「まあそんな細かいことは置いておいて本題に入ろうか。ドラ助、シャルは今日からこの森に住むことになった。こいつは俺が保護しているが、他の住人に何かされるようなことがあれば…………わかるな?」


 ドラ助に会いに来た理由はシャルが他の化け物に襲われないようにするためだ。長くこの森に住んでいる俺の恐ろしさを化け物どもは理解しているため、俺の住んでいる場所の近くにこようとはしない。


 俺の臭いがついているシャルを襲うような真似をするような奴も恐らくはいないだろうが、それでも万が一はあり得る。


 俺はシャルを保護すると決めた。保護すると決めたからには化け物に食われるようなことはあってはならない。無論死んだ程度ならば魔法で生き返らせることも可能ではあるが、出来ればそんなことはしたくない。


 死なないようになるだけならまだしも、やはり死んだ者が生き返るのは俺とて抵抗がある。それに生きながら食われることの恐ろしさはこの世界で俺が一番知っている。


 今までの全てを否定され粉々にされるような感覚、血と共に命が流れ出ていく感覚、痛み、恐怖。最初に死にかけた時は全身を食われることはなかったが、それでも尚恐ろしかった。


 二度目に襲われた時、俺はなすすべなく全身をキラーウルフどもに食われた。『死なない』とわかっていてもひどく恐ろしく、二度と体験したいようなものではない。死なない俺でさえそれ程のものであったのに、自力では死なないことも生き返ることも出来ないシャルではどれ程のものであろうか。


 そのような恐怖をシャルに絶対に経験させぬようにドラ助とシャルの顔合わせをさせに来たのだ。この森の支配者であるドラ助ならば化け物どもに言い聞かせることなど簡単であるし、俺を恐れるならば必死になってその役目をこなすだろう。


 この世界で俺の恐ろしさを一番知っているのは恐らくドラ助だろう。なにせこの森のドラゴンでドラ助以外を皆殺しにしたのは俺なのだから。


 閑話休題。


 俺の要求を聞かされたドラ助は首を縦に振るより他はない。そりゃあもう、さっき横にブンブンと振った時よりも激しく縦にブンブンと振っている。


「ん? さっき『気に入ってるよな?』って聞いた時は首を横に振ってたような……? つまり縦に振っている今は俺の要求を聞き入れる気は無いということか……?」


 なんということだ、俺がどれ程に恐ろしい存在かわかっているはずなのにドラ助は真っ向から俺と対立すると宣言したのだ!


 俺の呟きを聞いたドラ助はビクリとして一度動きを止め、逡巡した様子を見せるとまたしても首を縦に振り始めた。


「ふむ……、首を縦に振るというのは一般的に肯定を示す、ということは俺の言葉を肯定するということであり、やはり俺に盾突くということか。いやはや、我が子のように思っていたお前がそこまで成長しているとは思わなかったよ」


 わざとらしくポーズを取り、やれやれと首をふりながら俺はそう言う。首を縦に振るってのは普通は肯定だからね! 首を縦に振ったら否定とか普通は無いよね!


「キュオォォォ……」


 ドラ助はシャルを見ながら犬が飼い主に縋りつく時のような声で鳴く。おいおい、俺と戦うにしては随分と情けない声を出すじゃないか。


「あのリョウ様、ドラ助をいじめるのはそれくらいにしてあげてくれませんか……? 流石に可哀想です」


 なっさけないドラ助に対してシャルは助け船を出す。しょうがないにゃあ……。


「わかったわかった。ドラ助、シャルに免じて今回のことは不問にする。シャルに感謝するように」
「グルルル……」


 うむうむ、素直でよろしい。それじゃあ二つ目の目的を果たすとしますかね。


「よし、じゃあドラ助! シャルを乗せて俺の家まで飛んでってくれ!」
「ええ?!」
「ほらほら! さっさと外に出た出た!」


 そう言って俺はシャルとドラ助を転移魔法で洞窟から引っ張り出し、有無を言わせずにシャルをドラ助の背中に乗せる。


「ドラ助! シャルに怪我させたら承知しないからな! 気を付けろよ!」
「グオオオオオ!」


 俺の注意喚起の言葉を聞いたドラ助は威勢の良い鳴き声で答えてその羽を動かして浮かび始める。


「わ! わ!」
「シャル! 落っこちないようにしっかり掴まるんだぞ!」
「は、はい! わかりました!」


 二つ目の目的はシャルに楽しい思いをさせることだ。元居た世界では空を飛ぶというのは人類の夢であり、恐らくはこの世界でもそれは同じだろう。飛行機があるのに『鳥人間コンテスト』なんてものがあるくらいに空を飛ぶことへの憧れは強い。


 奴隷として捕まり、辛い思いをした彼女にはそれを忘れて生きてほしい。辛い思い出を消すには楽しい思い出が一番であるし、俺と一緒にいればまたいつか辛い思いをするかもしれない。そんな時に思い出せる楽しい思い出というのは一つでも多い方がいい。


 そして段々とシャルとドラ助の姿が小さくなっていく。特に叫び声も聞こえてもこないため怖くて仕方がない、ということもなさそうだ。俺の家に向けて飛んでいくドラ助の姿を見届けながら俺は一息つく。










「俺だけだとシャルも息が詰まるだろうし、ドラ助には良いペットになってもらおうかね」


 今回の一番の目的は、シャルに良き友を用意することであったりするのであった。

「幼女と遊ぼうとしたら異世界に飛ばされた件について」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く