ワルフラーン ~廃れし神話

氷雨ユータ

偽りの魔人

町からは大分離れた。この間に何とか出ていければいいが。父親である自分に刃を向けた事で娘に因縁を付けられている可能性も否めないが、どうにか丸く収めてくれればそれで構わない。今、自分にはそんな事を気にする余裕は無いのだから。

「場所に心当たりはあるのか?」

「部下を偵察に行かせてある。竜の魔人はここから遠く東に行った所にある廃墟を根城としているらしい。七日間程見張らせているが、動きは無い様だ」

「何をしている?」

「私達にも分からない。だがこれは好機と捉えるべきだ。同族殺しはこの国に限らず、『蛟』の国においても重罪。そのような大罪人を野放しにしておく訳にはいかない!」

「……一つ聞きたいが、その咎人に手傷を与えた者は?」

「報告は受けていないが、それがどうかしたか」

 喉の傷口を強引に閉め続けるのは苦だが、ここだけはどうしても聞いておきたかった。被害の状況からして、相手は間違いなくカテドラル・ナイツの事を知っている。いや、狙っていると言った方が正確だろう。この手の愚か者の実力を分析するのは本来自分の役目ではないが、今はチロチンが居ない。代わりと言っては何だが、どれだけの実力者か、見極めなければならない。

「…………同族殺しが大罪である事を知らぬ者は居ない筈だ。その上で行ったという事は……腕に自信がある証拠だと、考える」

「成程。ならば報告が挙がっていない以上は、居ないと結論付けておくのが賢明だな。油断するつもりはないが、心に留めておくとしよう」

 彼等が意見を聞いてくれたのは、自分が『化生殺し』の武士であるが故の行動だろう。例えばこれが全くの素人なら、きっと耳を貸さなかった。ディナントは己の二つ名について不服には思いつつも、初めて二つ名に感謝した。

 それにしても、カテドラル・ナイツを狙っているのなら当然自分も標的に含まれる。この道中で襲撃を仕掛けてきそうなものだが、気配を探っても引っ掛かりやしない。僅かな物音さえも正確に聞き取るつもりで耳を澄ませても、物音一つ聞こえやしない―――いや、これは見廻隊の者達に足音を隠す気がない、若しくは隠せないからだ。襲撃を掛けるという事なので、恐らくは後者。見廻隊の入隊試験の厳しさは知っているつもりだったが、自分がジバルを離れている間に温くなってしまった様だ。

 ―――戦を知らない顔をしている。

 たかだか数年、されど数年。ディナントがまだ鬼となる以前、フェリーテの力に枷が掛かっていなかった頃とは、周囲の様子が明らかに違っている。隊長である式羽はともかく、その取り巻き性質の優しい顔つきと言ったら、時代の変化を感じずにはいられなかった。新顔ばかりなので、最近入った者達なのだろう。

 補足しておくと、それを嘆きたい訳ではない。平和であるに越した事はないだろうから、どちらかと言えばむしろ喜ぶべき事だ。しかし一定の平和を享受して育った者は、不測の事態というものに対応が出来ない。不測/不足に苛まれる事なく生きていた故、当人に文句を言っても仕方ない事なのは分かっているが。

 ―――今は邪魔だ。

 フェリーテが居れば足音を消してくれただろうが、無い物ねだりなんてしても仕方がない。そもそも娘と二人きりの時間を過ごしたいと言い出したのは他でもない自分だ。



「―――止まれ!」



 それを言い出したのは自分ではない。式羽だ。抜き身をこちらの首にあてがって牽制しつつ、懐に隠し持っていた小刀で部下達も牽制。部下達とは対照的に、彼からは常在戦場の心構えを感じた。

「…………何だ」

「私達は、つけられている」

「……何?」

 改めて気配を探る。が、何も見つからない。ディナントは眉を顰めて、頭を振った。式羽という男との付き合いは今日から始まったものだが、この男が察し間違いをするとは思えなかった。この感覚は武士である自分にしか分かるまい。

 太刀筋には使用者の為人が現れる。見た所、この男は確信を持った時にしか行動出来ない性質だ。つまりここで何かを間違う道理はない。

 ―――では、何を感じた?

 いや、そもそも感じたというのが間違いか。感じるものではないなら、五感だ。

 視覚……特になし。

 聴覚……何も聞こえない。

 触覚……触れているのは空気だけだ。

 残るは二つだが、味覚は探索向きとは言えないので、残るは嗅覚―――!

「……確かに、つけられているな」

 枯葉で火を焚いた様な臭い。誰かが焚火でもしていれば何てことはない臭いだが、生憎とそんな奴は一人も居ないので、この臭いが付いてくるのは不自然だ。記憶違いなどまさかないとは思うが、自分は家で焚火などしていない。

「…………式羽隊長! この臭い……!」

「ああ。動くな。先手を取らせろ。我々は後の先を狙えばいい」

 後の先。相手の攻撃を空かした上で攻撃する事だ。賢明な判断ではあると思う。どんな妖術かはさておき、臭いに変化出来る相手には先手を取るべきではない。狙っている作戦をわざわざ明かしておきながら、それでも相手が何もしてこないのは、分かっているからだ。 

 先手を打てば負ける事を。

 ディナントは喉の傷口を緩めて、虚空に手を入れる。

「『化生殺し』……何を」

「セん……を、トル」

 程なく手を抜くと、その手には並みの人間をも凌駕する長刀が姿を現した。

 愛刀『神尽』。

 自分にとっての第一切札であり、我が主を助けた事もある素晴らしい刀だ。鯉口を切り、全神経を嗅覚に集中。先手を取るとわざわざ明言した甲斐があり、臭いが迂闊にも接近してきた。『後の先を狙われたらどうしようもないのに馬鹿な奴が居たものだ』とでも思っているのだろう。

 真に馬鹿なのは果たしてどちらなのか。今に思い知る事になる。


「…………抜刀。『牙』」


 刹那。ディナントを取り巻く烈風。果たしてそれが居合によるものだと見廻隊が理解したのは、何もかも終わってからであった。

 虚空を切り裂いた筈の刃には鮮血が付着しており、足元には真っ黒い装束の人物が、腹を押さえて蹲っている。切り口は深く、尋常な手段ではどれだけ早く治療をした所で間に合わない事は誰の目にも明らかだった。

 すぐさま男の顔を調べにかかる式羽を尻目に、ディナントは血振るいをし、納刀。再び傷口を閉めて、強引に喋る。

「……済まない。加減に失敗した」

 『神尽』は由緒正しき退魔の刀。魔とは形無き恐怖であり、外敵であり、それらへの対抗策として鍛えられたこの刀は、形無き物を切り裂く特性を持つ。相手が魔力の根源であれ、臭いであれ。存在さえしているなら、この刃に切れぬもの無し。

「構わない。同族殺しの大罪人に情けなど不要だ」

「……斬り捨てておいてこんな言い方はどうかと思うが、その男は同族殺しの犯人ではないだろう」

「ほう? やけに詳しいな『化生殺し』よ。如何な理由からそう思う」

「―――オレは元々この国の住人だが 今はとある主人に仕えている。この国で生きていただけでは知り得ない様な事をたくさん知った。これで理由は十分ではないか?」

「『化生殺し』が主に仕えたか……いや、失礼。これ以上は詮索になる。私達は業務遂行の為、貴方に協力していただいているだけだ。どうかお許し願いたい」

「……どうでもいい」

 アルドとの関係は娘にさえ知られなければ、後は誰にどんな伝わり方で伝わっていようと知った事ではない。娘にさえ伝わらなければいいのだ。

 娘にさえ……彼が生きている事が、伝わらなければ。

 何気なく切り捨てた人物を見遣ると、既に事切れていた。体の震えも止まり、既に腐敗が始まっていた―――

「……何?」

 腐敗?

 あり得ない。人であれ魔人であれ、死体が腐敗するのにはそれなりに時間を要する。だがこの死体は、まるで死して尚証拠を渡さぬとでもいう様に、腐敗し、蒸発しているではないか。

「式羽。保存の手立てはあるか」

「用意はない」

「部下の方はどうなんだ」

「『化生殺し』殿、勘違いしないでいただきたいのだが、我々見廻隊は飽くまで治安維持の部隊だ。うさんくさい妖術師共とは違い、この様に醜悪な物体を持ち帰る用意は端からされていないのだよ」

「だが、これは手掛かりだ」

「言われずとも分かっている。赤木! どんな手段の行使も認める。この醜悪な異物を持ち帰れ!」

「ええ……俺ですか! 人使い荒いですねえ、隊長」

「我々は引き続き先へ進む! それで良いなッ」

「…………ああ」

 一人置き去りにされた赤木と呼ばれる青年を背中越しに見ながら、ディナントは残りの者達と共に、竜の魔人の根城を目指す。 

「ワルフラーン ~廃れし神話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く