ワルフラーン ~廃れし神話

氷雨ユータ

登場人物まとめ 新 終             

 イティス・クウィンツ


 アルドの妹。ヒロインっちゃヒロインだが、アルドとは普通に仲の良い兄妹。ただし肉親がお互いしかいない為、少々過剰気味。
 テイリアと名前を変えて日々を過ごしていたが、アルドが生きているとしってからは、アルドに会おうと躍起になっている。
 因みに兄に願っても戻ってこない事は(クリヌスから一話の真実を聞かされたこともある)知ってるので、気持ちは複雑。でももう一度会いたい。
 更生世界のイティスは偽物だが、その性質は本物。こっちのイティスも状況が同じなら同じことを言うだろう。


 アルドと平穏に暮らす話はあるのだろうか。


 あらゆる者に蔑まれていたアルドは、只一人愛するべき妹が居た。アルドは『皇』に救われるずっと前から―――ずっと隣に居た『妹』に救われていたのだった。










 エリ・フランカ


 元リスド大帝国騎士。4幕『英雄』で一番苦しんでいたのはキリーヤではなくて彼女。国も守れなかった事で彼女の心の中には知らず知らずの内に劣等感が出来ていた。旅を続けるうちにクウェイ、パランナ、クリヌス、フィージェント……自分より強い人が現れてはキリーヤを助けて、その度に自分は何もしていない。騎士でありながら誰かを護る事も出来ない……そういう劣等感を日々ためており、四幕ではそれが現れてしまった。
 騎士としての生き方がか弱い彼女を隠しており、その内側は既に腐敗していた。一度始まった自己嫌悪は止まらず、キリーヤが介入していなければ間違いなく自害していた。
 しかし騎士である事をようやく捨てられた彼女は、少しだけ素直に、少しだけ変われたのかもしれない。力だけが強さじゃないという事を誰よりも思い知る事になったのが彼女とは、流石にアルドも予想はしていない。というかキリーヤが途中で殆ど立ち直っている事を予想できるほどアルドさんは深くないです。




 オールワーク
 『皇』の親友。尚『皇』は実質198部現在まで何の掘り下げも起きていない模様。あれ、遅くない? まあ『皇』は後々関わってくるというか……出さないと不都合な部分が主にジバル辺りで……
 因みに閑話部分も修正で直すのかな? 正直デートしかしてないから、アレだけれども。大体アルドさんがナイツとのデートとか戦闘に明け暮れてるせいで目立ちませんが、かなりメイドとしての能力は高い。いずれそういう描写も……というか彼女もヒロインの一人だしね。攻略に関わったの、現状リスドだけでもね。
 積極的になりつつあるナイツだが、彼女のそれは一歩引いた慕い様の為、恐らく誰かが見てるところでアルドに何かアクションを起こすと言ったことは無い。飽くまで侍女として忠実にアルドに仕えるのみ。
 因みに王剣とつながっている指輪を所持している為、彼女が死んだ場合、王剣の回収は不可能になる(紛失した場合)






 トゥイーニー


 ヒロインの一人だけど影が薄い。ぶっちゃけまともな活躍してないので、小説から少し離れると存在を忘れる。
 何処かで活躍させていきたい処。








 エヌメラ


 アルド以外には絶対に勝てない確 定 チ ー ト 存 在


 ……という筈だったのだが、フィージェントを相手に惨敗する始末。執行者が介入しなければ死んでいた。とはいってもほぼ瀕死なので、あまり変わらなかったりする。エヌメラ涙目。こいつの小物感は異常ではないかという疑惑が最近私の中で広がってる。






 クウェイ・フロキート


 こいつの姓を忘れていた人は俺だけじゃない筈。家族問題を抱えてたパランナは何度もウィゼンガーしてたけど、こっちは一回でたっきりだから仕方ないね。
 主人公周り、出会う奴らが軒並み強いので弱く見えるが、実際は中堅冒険者くらいの実力はある。ただしアスリエルにもデュークにも勝てないので、やっぱり弱い気がする。
 ネセシドくらいには勝てる。
 そしてアルド勢力が出張ってきたせいで仲間になっても出番が少なくて悲しい。
 勿論フィージェントと同様、活躍は作ります。






 パランナ・ウィゼンガー


 妹に本気で恋をされていた男、その1.アルドと違うのは兄として真っ当な愛情を注いでいたにも関わらず、それは一方通行だった事。(イティスが凄くブラコン気味なのは肉親がアルドしか居ない故の反動。そこには一切の恋愛感情は存在しない。ただしクリヌスも言ったように、傍から見れば恋愛感情は在るように見えるし、恋人にも見える)
 キリーヤに惚れた人。ただしキリーヤからは仲間としてしか見られていない。クウェイと同じで活躍はまだしていない。まあ魔境とか試練関連はアルドが関わらないといけないし、仕方ない。








 カオス・ウリューザナク


 レギ大陸の王。彼の結末がどうなるかはまだ決めてない。今までの王の通り死ぬのかどうか……糞野郎に見えて実は紳士のカオスさん。クリヌスの言葉を信じるなら、取りあえず
 クリヌス≠フィージェント>カオス
 こんな感じ
 偽剣の能力は正直やりすぎましたね。こんなのチートやチーターや!。












 エイン・ランド


 初代『勝利』という圧倒的な肩書を受けて参上。その強さは生身でアルドと対等以上にわたり合い、その不死を減らし続けたという事。不死がなかったらアルドは相当危ない戦いを強いられていた。(死なないからという理由で、アルドが無意識に手を抜いていた節はある)それこそまだ不死になるまえの戦いを超える勢いで。
 因みにエヌメラの攻撃で不死が削り切れたのは彼のお陰でもある。そしてアルドが居なければナイツは負けていた。
 海賊船を除けば、異名持ちも何も使っていない文字通り肉体と技術で戦う御方。その裏切られ方は悲惨なもので、いわば『皇』もナイツも得られなかったアルドのようなもの。
 打倒エヌメラの最後の一手を支援した。先輩として、そして似た境遇を持つ同じ『勝利』として、エインはアルドの『勝利』を後押しした。
 登場の予定はないです。エインは生きる事に嫌気が差してるので、登場してもエインが苦しむだけで終わるからです。
 それに初代が後輩を救って死んで……綺麗に終わったし、登場した場合、あれが茶番みたいな感じに……
 男キャラとしては結構上位に入るくらい気に入ってます。








 ダルノア
 半神の少女。アルドとは記憶喪失中だったとはいえ、牢獄仲間みたいなもの。お礼を言いたいが故に現在はアルドを探している。
 牢獄から出たら国が滅んでたのは驚いたと思われる。












 エニーア・フランシア


 裏ヒロイン。アルドへの愛を死んでも尚貫く、超一途な少女。アルドにしか目を向けたくが無い故に異常なまでの対策を取る事は読んでの通り。
 しかし『アルドの大切なものを奪ってまで~』とあるように、愛を貫きつつ、アルドの事を第一に考えている健気な少女。ただし死ぬ=アルドのものになるという発想から若干の狂気が読み取れる。
 死ぬことすら厭わない少女は、たとえその思いを否定されても尚、彼と結ばれることを望む。思い続けていれば絶対に……と。
 流石に本編では出番が少なかったので、外伝とかIF(本編終了後)でたくさん出してあげたいですね。










 アルテゼライ・フーテゼライ


 名前がもう面白い。なんでこんな名前を思いついたのかいまだに分からない。面白いというより珍妙なのは言わない約束。
 うまい具合にアルフと訳せて良かった。いちいちアルテゼライ言ってられないし。
 エニーアとアルドの出会いのきっかけを作った人物。






 リューゼイ・クラット


 剣の能力がバグっているとしか言いようがない団長様。強すぎでしょこの人ぉ。あんまり考えてなかったけど、リューゼイも案外フィージェントに対して優位取れるかもしれない。
 竜殺しには及ばないとはいえ、ユーヴァンを一撃で再起不能にした斬撃は本物。なめてかかるとナイツでも死ぬ。
 めっちゃ強い人その3とか4とか。結構フルシュガイドはクリヌスとかリューゼイとかアルドとかエインとか個人で圧倒的に強い奴等に頼ってる節がある。他が只のカカシだから仕方ない。






 ワドフ・グリィーダ
 ヒロインの一人。最近アルドさんの危惧してた事態によって何処かに飛ばされた人。何処で出るかは考えてある。
 想いを秘めるタイプとは対照的に、結構素直に率直に好意を示してくる。忘れてる方も多いと思うので捕捉するが、一応記憶喪失というより記憶消失した人。主に『悪闢』が原因。
 デュークはアルドと結ばれてほしいと思っている。『命刻』使ってまで恋を成就させようとするデュークさんまじ善人……だったんでしょうね。






 サヤカ
 色々やってくれちゃった人。クリヌスの事を愛しており、アルドの事を聞いた瞬間に激怒した。なんでリスドが戦場になってるかっていうと、それは彼女のせいである。
 異世界から転移してきた日本人だったり。勇者は最初こそ引き連れてこき使っていたが、殺した。彼女とクリヌスの関係はどうなるのか、サヤカはアルドを殺せるのか否か。
 正攻法では無理です。






 謡/謠
 未だに謎が多い人物。能力の全容も明らかになっていないし、ルール違反を平気でしてくるが、それは『終末導きし者』であり『終焉見届けし者』であり、創の執行者でもある。
 正体なんて大それたものかは分かりませんが、徐々に開示していく予定。洞窟でGが出てくる試練では、彼が居なければ詰んでいた。






 管理人 
 洞窟を管理する人。




 剣の執行者
 人類に対して優位なエヌメラに超優位で勝利したフィージェントを勝負にすらならないままボコボコにした人。謡と同じく、割とその迷宮の特性を無視してる事が多い。
 武器を持ってる生物に対して絶対優位を得られるため、武器を持つ者が彼に勝つことは不可能。
アルドは正体に気づいたが、その正体が明確に語られることはあるのかどうか(暗に示すとかはする予定)






 ロンツ・ウィーン
 見えぬ監視者。曰く美人。これからの活躍に期待。

「ワルフラーン ~廃れし神話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く