ワルフラーン ~廃れし神話

氷雨ユータ

 その先を知らずに 視点2

 クリヌスが騎士団を脱退するというニュースは瞬く間に広まった。国を離れる訳では無い事から、国民の間では大した話題になってはいなかったが、峰城みねしろ紗耶香さやかからすればそれは衝撃すら通り越して、怒りすらこみ上げてくるニュースだった。
 サヤカはこの世界に召喚された異世界人だ。想像するだけでも汚らわしいが、同種の人間は、サヤカの背後に居る廃人三人だけだ。地球人がたった四人なのは悲しいが、まあこうなってしまった以上は仕方ないとも思える。
 何より、どうせ現実は酷かった。汚く言えば糞だ。
 両親からのプレッシャーに心を歪められながら、サヤカは育った。だけどテレビでよく見る虐待には遭いたくなくて、良い子の仮面を被り続けた。
 それでも問題はあった。遺伝子とでも言えばいいのだろうか、或いはそういう体質なのだろうか。サヤカは小学校の頃に出会ったこの三人、三木みき紫音しおん刃咲はざきけん二十也にとや宗平そうへいの三人に、サヤカは十二年間虐められていたのだ。地味なモノから命の危険があるモノまで。十二年間、ずっと。ずっと。
 両親にはなす事なんて出来なかった。両親は才色兼備な淑女のサヤカを望んだ。いじめられっ子でひねくれたサヤカなど望んではいない。虐待されるかと思うと、怖かった。怖くて言えなかった。
 そんな時だ。サヤカは突然、この世界に召喚された。フルシュガイドとかいう国の王曰く、事故らしい。
 取り敢えずサヤカを元に戻す陣を組むから、それまで国でゆっくりしておいてほしいと言われたので、言われた通り、サヤカは国を放浪する事にした。何でも、サヤカの位置は把握しているから、この大陸から出なければ何処に居ようとも迎えに行けるらしい。この世界に来て動揺は残っていたが、なかなかの文明だと言う事は理解した。
 ……その辺りだ、彼と出会ったのは。
 近くの森でサヤカは魔物に襲われた。死を覚悟した。でも別にいいとも思えた。あの世界に戻るくらいならばここで死んだ方がいいと思えた。
 だが、魔物に捕食されるその寸前―――奇跡は起きた。
『やれやれ。死にたいんですか貴方は』
 クリヌス・トナティウ。彼との出会いは、サヤカの在り方を少しだけ変えた。自分の人生の中で、初めての友達と言える存在だった。
 クリヌスに事情を話した結果、サヤカはこの世界に滞在できるようになった。自分のされてきたいじめがどれ程かは、この世界の人間は実感できないと思っていたが、クリヌスだけは共感を示してくれた。いや、語弊があるか。『気持ちは分かる』と共感してもいない。『それは違う』と反発してもいない。
 クリヌスは―――理解してくれたのだ。
『そんな事があったんですか。ええ、それはとてもつらい……事ですね。戻る事を拒絶するのを良く分かります……戻るのが嫌だと言うのであれば、私が王に掛け合ってみましょう。どうぞ、このままこの世界にて、第二の人生を歩んでください―――ああ、安心してください。仮に許可が下りずとも、貴方の望む所に隠遁してください。私もお手伝いしますので』
 恋……とは違う。只感じたのだ。クリヌスと……一緒に居たい、と。近い感情は……おそらく、家族。
 間違いなく他人であるクリヌスに、可笑しな話ではあるが、サヤカは家族のような安心感を覚えたのだ。
 それ以来、サヤカはクリヌスと共に居る。出来れば相部屋が良かったが、流石にクリヌスが拒絶してきたので諦めた。だがそれでも一緒に居た。一緒に居て愉しかったから、一緒に居た。
 一緒に居るから強くなれて、今、サヤカはこうして生きている。自分を虐めていた三人を廃人に、こうしてこの世界でこき使っている訳なのだが―――
 クリヌスが騎士団をやめる事。それだけは防ぎようも無い現象だった。何でもクリヌスの私情が招いた、自業自得らしいがそれでも―――一緒にいられなくなる事だけは、嫌だった。これからクリヌスの代わりに自分の隣に付く騎士は、きっと自分を救ってくれない。嫌だ。クリヌスの代わりなんぞ寄越されるくらいならば、この国を滅茶苦茶にしてやること吝かでは無い。
 ちゃんと話を聞きたい。どういう経緯で、どうして止められなかったのか。それを聞きたい。
 サヤカは駆け足でクリヌスの部屋へと向かった。全ては真相を知りたいがための行動。家族クリヌスと離れたく無い為の、至って普通の行動だ。
 だが―――クリヌスは、居なかった。後に残されているモノは一枚の手紙のみ。宛先を見ると、それは自分に宛ててのモノだった。






―――すみません。貴方とは一緒に居られなくなりました。




 その言葉は、サヤカを再び暗黒の底へと叩き落した。







「ワルフラーン ~廃れし神話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く