ワルフラーン ~廃れし神話

氷雨ユータ

強く在る

 ユーヴァンやヴァジュラにはフェリーテが伝えてくれていたようで、彼等が魔人とは少年にはばれなかった。ヴァジュラは尻尾さえ隠せばまだ分かるが、ユーヴァンに限ってはその収納出来ない大きな翼を捥いだ方が良いのではないか。フェリーテを連れてきたのは偶然だが、正解だと思う。妖術が無ければ、ユーヴァンの翼を隠す事など不可能だからだ。
「へーここがアルドさんの船か」
「あまり『視る』なよ」
 こんな子供にワドフの存在にばらされては、今までのアルドの苦労が水の泡となってしまう。最悪『アレ』を使う事になるが……初めての使用がこれなど冗談ではない。
 釘を差しつつ、アルドは階段を下りて行った。






 船内は非常に簡素な造りで、ベッド、武器立て、イス、テーブル、衣服掛けくらいしか無かった。この事から、アルドは雑多な部屋は好まない傾向にある事が分かるが、ツェートに言わせてみればどうでもよかった。
「まあ、そっちに座ってくれ」
 椅子は向かい合うように配置されているため、二人は机を挟んで対面する形となっている。
「もう座ってるぜ!」
「……ッそうか」
 ツェートと話していると、どうも調子が狂う。一体何故だろうか。子供を相手にした事がないから……は無い。年齢は違うが、キリーヤは子供だ。では最低限の礼儀が……これもない。使い方はアレだが、一応敬語は使っている。
 では一体何なのだろう。
「それで、お前は何故に強さを求める?」
 アルドが真剣に尋ねると、同様の面持ちで少年も答えた。
「俺の村さ、クダイ村って言うんだけど、幼馴染がいるんだ」
 ツェートの村はクタイ村という名前で、その村にはツェートの幼馴染が居るという事だろうか。
 どうも言いたい事を一辺に言おうとしているらしいが、いまいち分かりづらい。
 しかしながら突っ込むのは会話のテンポを阻害する事に繋がる為、あえて気にしない事にする。
「それで?」
「で、俺の村には代々婚姻関係を結んでいる家があるんだけど、それがもう一人の糞野郎と幼馴染なんだ」
「ふむ」
「強くなりたいんだ」
 ……肝心な所が分からない。幾ら何でも説明が下手すぎる。
「何故、お前は強くなりたい」
「幼馴染を助けたいんだよ」
「ほう、強くなってか。具体的にはどうするつもりだ?」
「そいつと戦って、奪い返すんだ!」
 元々お前のものでもないだろうに。
 ここまで言葉を交わさなければ理解する事は出来ないとは。大した言語能力だが、非常に面倒くさい。別にウイットに富んだ会話や、皮肉の効いた会話、一定以上の教養がある―――即ち一般レベルの教養を持った人物との会話ならば、特にストレスは感じないが、これではあまりにもというか、酷い。特に教養事情で問題を抱えている国は無かったはずだが、気のせいか。
 話から察するに、曰く『糞野郎』に勝てば幼馴染とやらは解放されるのだろうか。
「成程、そうか」
「教えて頂けませんかッ」
 ツェートの真っ直ぐな瞳を、アルドは死に切った瞳で見据えた。
 この少年が自分の仲間となり得る事はあるのだろうか、この少年の性格を考慮すると、仲間にはならなそうである。
 というかそもそも、弱い。特異体質こそ持っているが、潜在能力は自分が見てきた弟子の中でも下の方に入る。
 別に助ける必要もないし、ここで殺してしまっても何の問題もないくらいだが。
「お前は本当に幼馴染を奪いたいか?」
 『幼馴染』にはアルドも思う所がある。おそらく彼女は自分の事を忘れているのだろうが、自分は生涯においてあの恩を忘れる事は無い。
 だからだろうか、種族関係なく、『幼馴染』という言葉を聞くと、断れないのは。ジバルでもそうだったし、今回も―――
「ああ」
「それはその幼馴染の意思に反していないか?」
「んー、多分」
 これは後で個人的に聞いてみるべきだろうか。まあそこまで仲良くなれる保証もないが、それは自分次第だろう。
 しかし、こんな奴は久々かなと思う。自分が愛す幼馴染の為に、強くなって、その男から奪い取るなんて……
 断ろうとも思ったが、この少年の発言で気が変わった。二人の意思がそうであるならば、何としてでも二人を結ばせて見せよう。
「良いだろう。ただし、一つだけ約束がある」
「何だ?」
「お前が一言でも根を上げたらそこで訓練は終了。お前に教える事は生涯において無くなると思え

「分かったッ」
 たとえ村を追い出されても、手段は二つ程ある。大陸侵攻にはあまり関係ないが、急ぎ足で行った所でいい事などあるかどうか分からない。
 ならば今起きたこの出来事に興味を向け、関心を持ち、程々に楽しむ方がずっと良いに決まってる。
「では大陸につき次第、村に案内しろ。特別に相手方の強さも測ってやる」








 アジェンタ大陸の港、フェイリー港。活気とか貿易とかそういう港的な特徴は一切持っていないが、特筆すべき特徴はある。それは本来労われるべき老人達が働き、子供達がそれを指示しているという事だ。別に非難しようとは思わない。停滞昇華帝国がこの大陸にあるなら不思議でないし、何よりこの大陸では普通の事だ。この文化を異文化と謗るのは結構だが、業に入っては業に従え。この大陸に入った以上、文化にとやかく言う権利はないのだ。
 子供に蹴っ飛ばされている老人や、死んでいる老人を尻目に、アルドは港を突っ切っていく。
「アルドさん、驚かないんだな」
「……まあ、見慣れてるからな」
 ナイツ達には一歩後ろからついてきてもらっている。別に一緒に歩いてもいいが、ヴァジュラ辺りはこの少年を殺してしまうかもしれない。意思とかではなく、彼女の村の魔人の習性的に。アルドなら逆に食べる……下品な話はやはり性に合わない。やめておこう。
「アルドさんッ」
「何だ」
「どんな修行やるんだ?」
 ツェートの眼は非常に輝き、意欲に満ちている。この顔が果たして修行で失われないか心配だが……アルドには関係ないだろう。むしろアルドとしては、技能よりも敬語を習得してもらいたい。
「秘密だ。着いてから教えよう」
 港の入り口を通り、村へと歩いていく。街道から外れているが、ここからでも確認できる為、秘密の村という訳では無いだろう。
「あれだよ、アルドさん。じゃあ俺が先陣を―――」
その時だった。ツェートの顔めがけて、五頭以上の魔物が迫ってきたのは。
「え―――」
 リスド大陸ではあまり魔物と遭遇しなかったが、魔物は普通に潜んでいる。特に街道を外れている所、森や谷、あるいは草むら。そこに潜み、引っ掛かった獲物を仕留める。
 大抵の魔物はそのような行動原理で動いている。さて、これは長年の経験で気づいた事だが、この行動原理を踏まえて立ち回れば、魔物など容易に殺す事が出来る。
 ツェートは不意打ち故反応できていない。その間も魔物達の牙はどんどんと迫っていく。手遅れながらツェートは腕を顏の前に交差させようとする。
「丁度良い。少しだけ戦いというモノを見せてやる」
 この魔物―――狼と竜の混合種みたいな容姿の奴は、『バイトヘザード』。草原に潜んでいる事が多く、来る旅人に噛みつきにいく。咬合力は優に三百トン。殆どが不意打ちの為、一人前の剣士ですら死亡する事がある中位の魔物だ。
 喉に手を突っ込んで肉を抉り潰しても良いのだが、常人には出来ぬ芸当だし、見せると言った以上は出来そうな芸当にしなければいけない。
 バイトヘザードが最大まで顎を開いたその時、アルドは素早く『カタナ』の柄を掴み一閃。開かれたその顎が閉じられる事は無く、バイトヘザード達は蒸発した。それと同時に、バイトヘザード達の後方に存在していた草木も全て蒸発。衣を剥がされた地面はその身を剥き出しにし、見るモノにそこであった事の凄惨さを語っている。
「……」
 『カタナ』と居合程相性の良いモノは無いが、今回はそれが裏目に出てしまった。手加減が出来なかったのだ。
「……」
 ツェートの腕が止まった。剥き出しの地面がその威力を物語っている為、言い逃れは出来そうにない。
「アルドさ……いや、師匠!」
 突然の呼称変更に戸惑いを覚えつつ、ぶっきらぼうに返す。「何だ?」
「どこから武器出したんですか?」
「秘密だ」
 魔術じゃないと言ってもどうせ信じないだろうし、ならば教えないのが吉だ。
「俺が解き明かしてもいいか?」
「勝手にしろ」
「じゃあやるよ!」
 決意を胸に秘め、少年は笑った。男はそれを見、かつての自分を思い出した。
「ツェータ」
 それが愛称であると理解したツェートが元気よく返事をした。
「はいッ」
「必ず勝て。そして奪って見せろ」
 それはかつての自分への後悔から来た言葉なのかもしれないが、この場にいる者達―――ナイツも知る由が無い事だった。
 それを知っているとすれば、恐らく―――












 クダイ村は鋼の生産に定評がある村で、この大陸の中では一番差別的ではない所だろう。まあ弱冠十歳の男子が女を奪い取るとか何とか年齢不相応な発言をしている時点でそれは今更というものだが。
 昇華とは年齢が一つ上がり、格が上がる事だが、通常では昇華回数が多いほど、偉い。そういう法は無いが、暗黙の基準のようなものだ。しかしここではそれが全くの対極。昇華すればする程邪険に扱われるのだ。首都の停滞昇華帝国においては、十五歳いろつきの王女がある法令を定める始末。
 全く持って理解できず、異端的な文化だが、国家的な強さはそれなりに持っているので、文句を言う事は出来ない。それにアルドも方法が違うとはいえ、昇華を停滞―――停止させてるので、とやかくいうことは出来ない。
 あの子は自分の事を覚えているだろうか、いや、覚えている可能性は低い。むしろ覚えていてほしくない。
 それが彼女の為だし、国の為である―――これからその国を滅ぼそうとする者の言う事ではないだろうが、それでもアルドは彼女の身を心配する事しか出来ない。
 ……出来れば出会いたくないが、魔王となった以上、彼女に出会うは最早必然。ああ、それは実に、残酷で―――
「着いたぜ、ここが俺の村だ」
―――その村はやはり十歳から十四歳の子供が、全体的に街を仕切っていた。それ以上の者は、襤褸い服を着て、村のあちこちで何かしらの労働を強いられてるのが確認できる。
「早速俺んちに案内するから、着いてきてくれ!」
 良く考えればこの少年は中々異端だ。ナイツ含めて自分の容姿などどう見ても十代には見えない筈。にも拘らずこの少年は、あんまり使えていないが敬語を使ってアルドに接してくれている。
「アルド様、僕達への視線が」
「気にするな。この村、いや、この国じゃこんなもんだ」
 背後からヴァジュラの呟きが聞こえてきた。そう言えばヴァジュラはこの国に来た事は無かったか。
「お前は胸を張って堂々としていればいい。それだけの力がお前にはある」
 アルドもまた一瞥すらせずに、そう呟いた。






「おーいメイザー。客を連れてきたぞー。お茶を出せー!」















「ワルフラーン ~廃れし神話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く