ワルフラーン ~廃れし神話

氷雨ユータ

魔王の弱点

「やはりおかしいのう」
 帝城を出てから数歩。フェリーテは歩みを止め、何かを考えるような仕草をした。
「ドウ……シタ?」
「ん、ディナントか」
 心配そうにこちらを見下ろすディナントを一瞥し、フェリーテは思考を口に出した。
「いやの、妾達は確かにフルシュガイドまで偵察に行った。そして、『転移の儀式』により、召喚された勇者を発見。帰還しようとした所を『王』に見つかり、襲撃を受けた……ここまでは、ディナントも当事者なのじゃから記憶に新しいじゃろう」
 フェリーテが浴衣をはだけさせ、ディナントに背中を向けた。鋭利な刃物によって刻まれた、深い切り傷。
 注視してみれば微々たる速度で回復しているのが分かるが、それでも彼女の綺麗な肌に刻まれた傷は未だ痛々しい。
 ディナントは複雑な表情を浮かべているが、幼馴染がこんな傷を負っているのだ、当然だろう。
 あまり見られたくも無いので、フェリーテは浴衣を再び羽織り、帯を結び直す。
「……アア、ソウ……ナ」
「……じゃが、おかしいんじゃよ。妾達が帰ってきた時、主様にその話はしなかった。というより出来なかった。何故なら、主様はリスド侵攻に目を向けていた故、他の事に気を散らしてほしくなかったからじゃ―――じゃが、そうなると、ある疑問が湧いてくる。……何故主様は勇者の事を知っているのじゃ?」
「ホカ……カラ、キイタ、ジャ?」
「その可能性は低いのう。『探考法』で探してみても、誰も主様にこの事を語ってはいなかった。妾達の『知らぬ人物』が居るなら、話は別じゃがのう」
 ディナントの表情が僅かに揺れる。
 どんな方法であれ、『覚』と『探考法』を持つフェリーテを欺くなど、恐らくアルドでも不可能であろうに、何かしらは見事にフェリーテの網を潜り抜けている。
 そんな者が居るなど、到底考えられない。たとえ終位魔術の『絶対不可侵防御イストレンジメント』を使用したとしても、フェリーテの干渉は防げない。
「妾も驚きじゃよ。どんな方法であれ。誰かは確かに妾の眼を逃れた。大したものじゃのう、そやつは」
 フェリーテは鉄扇を開き、口元を隠した。言葉に宿る感情こそ楽しそうだが、その口元は、笑ってはいなかった。






 広い城を造ったはいいが早速欠点が見つかった。城内に居るモノがあまりに少数だと大聖堂以上の孤独感を味わうという事だ。この辺りはいつかナイツを交えて協議するべきだろう……
「…………」
「…………?」
 二人の間を重い空気が通り抜ける。どちらもその空気に耐えかねているのか、動きは無い。自分の意思でこうした手前、文句を言う事は出来ないが、まさかここまで気まずいとは。いや、自分の対話力と、女性との会話経験の薄さが災いしているだけなのだが……
「アルド様、如何なさいましたか?」
 その声音から察するに、どうやらファーカは空気に耐えかねていた訳では無いらしい。
 心臓の鼓動を抑えつつ答える。
「んっ、ああ……ファーカ。お前を残したのには、えーと、理由があってだな。……チロチンから何か聞いていないか?」
「チロチンから、ですか? いえ、特に変わったような事は」
「あいつ―――まあいい」
 故意なのかそれとも只忘れていただけなのか。心の中で『烏』を恨みつつ、アルドはその言葉を紡いだ。
「―――デートしないか?」
 恥ずかしい。アルドを取り巻いた感情は、それだけだった。
 数年前、女性に誘われる事こそあれ、自分からは誘った事が無いのだ。勿論自分の周りに魅力的な女性が居なかったというのもあるが―――
「……」
 ファーカの顔がみるみる紅潮していく。
 頼み方が悪かったのか? それとも発言が痛々しかった?
 人の心理を読む事には自信があるアルドだが、乙女心だけはどうにも理解できない。謡は理解できるらしいのだが、同じ男だと言うのに何故だろう。
「ファーカ」
「……っは、ハイィ!」
 ファーカは上ずったような声を上げ、アルドを見た。
「デートしない―――いや、デートするぞ!」
 いい加減にじれったいので、玉座から腰を上げると同時にファーカに接近。左手を掴み、城を後にした。
 ファーカの戸惑うような声は、聞かなかった事にした。





「ワルフラーン ~廃れし神話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く