ワルフラーン ~廃れし神話

氷雨ユータ

戦乱に舞う刃 後編1/2

 リスドに、ナイツを超えうる人間が居るとは考え難いが、それでも可能性はゼロではない。取り敢えずはアルドも向かうべきだろう。同じ王として、リスドの王にも一目会っておきたいというのもあるが、やはり前述したような心配が、大部分を占めるだろう。信用していない訳ではないのだが、信用しているからこそ、心配なのだ。
 アルドは腰から鞘を外し、オールワークに渡した。
「抜き身のままでよろしいのですか?」。
「抜き身でなければこれが出来ないからな」
 太陽の如き輝きを持つ黄金の刃は、切れ味と硬度も然る事ながら、その『切り付けた者の束縛を断ち切る』という特性の異常さは、他のどんな魔術すらも霞んでしまう程強烈だ。資格ある者が使うだけでも、大変強大な力を発揮するが、アルドはその限りではない。当然、『強大』という枠に収まらないという意味だ。
 アルドの体は異様だが、それは魔力の事を言っているのではない。確かにその身に余る魔力は異常だが、それは異様ではない。異様なのは、その魔力を一切引き出せない体なのだ。
 強さを求める上で魔力は重要なモノ。神話に登場するような戦士は神に勝る魔力やら、欠点無き才能やらのおかげで、その強さまでたどり着いているのが大抵。今現在地上最強と呼ばれている者も、異常な量の魔力を保有し、殆どの魔術が使える。
 万能故の地上最強。難解な事は何もない、単純な式だ。
 だがアルドはどうだろう。魔力は保有しているものの、その魔力は『影人』にならなければ碌に引き出せもしないし(あれは正確には自分を媒体にした全くの別人の為、アルドが魔力を引き出している事にはならないのだが)、その体質も相まって、彼自身魔術を碌に行使する事が出来ない。
 しかし地上最強だ。極限まで磨かれた己の腕を以て、アルドは地上最強になっていた。それは歴史上初の事態故に、嘘や誇張が重なっているのではないかと邪推されるが、確かな事実。
 そんな彼が、魔力を引き出せるようになったら、果たしてどうなるのか。他の者と同様に、『覚醒』が出来るようになったら、どうなるのか。
 アルドは自分の首に刃をあてがった。
「オールワーク。『皇』の仕事を押し付けるようで悪いが―――私の体を支えていてくれ」
「……畏まりました」
 強さを持つ者は、大抵はその強さに溺れ、驕ってしまう。そして、それ故に英雄は碌な死に方をしない。それはアルドにも言える事だが―――今回は話が違う。
 人間が如何程の強さを持っているかははっきりしていない。もしかすればナイツに重傷を負わせられる者もいるかもしれない。そして、アルドはそれを可能な限り避けて見せる。
 暖かくも柔らかい感触が、アルドの背中に伝わる。それに可能な限り体重を預けると、アルドは一気に金色の刃を引いた。






 目が覚めた時には、全てが崩壊していた。




 砦も、眼前にある扉も、瓦礫の隙間から見える光景も。
 街には火の手が上がっていて、心なしか民が恐怖する声も聞こえる。あれほどの被害だ。自分が行った所で無意味だという事は分かっている。だがそれでも、行かないよりはましだ。
 エリは扉を退けた後、自分の全身を確認した。特にこれといった怪我は無い。あるとすれば服が少し破けたくらいだが、これだけの被害の中、それだけで済んだというのは、むしろ僥倖というモノだろう。
エリが立ち上がり、部屋を出ようとした時、ふと何かを忘れている事に気づいた。
「そうだッ、ワドフさん!」
 先程まで心配をしていた身だというのに、多少の混乱で彼女を忘れてしまうなんて。身を翻し、ベッドを確認すると―――
「良かった……」
 運の良い事に、ベッドとワドフは傷一つ負っていなかった。ベッドは相も変わらずワドフを乗せているし、ワドフはワドフで穏やかな寝息を立てている。こんな状況でも目覚めない事から、なんらかの魔術が作用している事は確定的だが、今はそんな事をきにしている暇はない。
「とりあえず……安全な場所へ」
 エリはワドフを背負い、部屋を出た。背中にのしかかる柔らかな重量感は、人の温もりというモノを感じる。
 ……そうだ。自分は何を忘れていたのだろう。自分はワドフを助けて国に見捨てられたのだ。それなのに、いざ国が危機に陥っていると聞くや、エリは国を助けようとした。お人よしにも程がある行為だが、それ以上に酷いのが、責任を放棄しているという事だ。
 小を助けた事で大に裏切られたというのに、どうして小への責任を放棄して、大を助けに行くというのか。何かを助けたのなら、その助けた人の命の責任を持つのは自分だ。そしてエリはつい先ほどまで、それを放棄していた。
 出来る事をしないで、出来もしない事をやろうとしていたのだ、自分は。
「どこに……行けばいいのやら」
 砦は一部分を除けば損壊は皆無だが、その内にある城下町があの状況では、ここも安全とは言い難いだろう。街に戻る事は自殺行為だから選択肢には含まないとして、砦の外は夜。下手をすれば城下町より危ないだろう。
「……本当にもう、どこに行けば……」
「エリよ、怪我人を背負って、どこへ行く気だ?」
 エリはその声に驚きつつも、急いで振り返った。
「団長ッ……一体どうしてここに?」
 団長―――ガレッダは一度にやりと笑うと、背中の槍に手を伸ばし、エリの足元へ投げつけた。見るとそれは、取り上げられた『獅辿』。
 死罪を言い渡された自分に武器を与えてくるなど、一体どういう風の吹きまわしなのか。
 そもそも死罪が執り行われる者は大抵凶器を持たせてはいけない程狂気的な人物か、国に対して余程の狼藉を働いたかのどちらかだ。エリは恐らく後者に当てはまるのだろうが、ならばどうして武器を返す? 
 如何に死罪を言い渡した人物が無害だったとしても、規則であるのだから遵守するのは当然の事。
 エリは獅辿を一瞥した後、訝るようにガレッダを見た。
「―――どういうおつもりですか?」
「どういうつもりとは?」
「私は死罪を言い渡された身です。そんな者に武器を渡すなど言語道断。一体何をお考えなのですか?」
 エリの視線に怯む事はない。それどころか、ガレッダは滑稽とでも言わんばかりに笑ってすらいる。
「何が可笑しいんですかッ!」
「―――エリ。見ての通りだが、街が襲われている」
 ガレッダは懐から革紐を出すと、小手を外し、腕に巻き付けていく。
「街がこれではとても死刑執行など出来ないのでな、直々に私が刑を下しに来た、という訳だ」
 その言葉が言い終わる頃には、既にガレッダの腕には革紐がきつく結ばれていた。『セスタス』という名のあれは、闘技場での戦闘を生業とする剣闘士の防具で、主に拳の保護が目的だが……団長は武器として使うようだ。
 少しでも魔術が使えるならば、只拳を強化魔術で強化するだけで良いのだが……何故?
 団長は魔術を使えない訳では無い。むしろ使いこなしている部類に入る人間だ。その団長が、無駄としか思えないような事をしているという事は……異名持ちなのだろう。
 先程の言葉と、異名持ちを持ち出す行動。刑を執行するというのは、本当なのだろう。
 エリは体の震えをむりやり殺し、平静を装って言った。
「どうして……今なさるのですか? 街が襲われているなら、そちらに向かうべきでは?」
「……貴様の言う事はもっともだ。だが魔人が人間に勝てる道理など無い、そしてそれ故に私は気にしない。むしろ私が気にしているのはなあ、エリ。貴様のような奴がこの危機に乗じて逃げてしまうのではないか、という事だよ」
 そこまで言って、ガレッダは歯をむき出しに、高らかに叫んだ。
「ここで今貴様を殺すという事だッ―――さあ、武器を取れッ!」
「出来ません」
 間髪入れずに放たれたエリの言葉に、興奮していたガレッダは肩透かしを食らった気分になった。エリの表情は真剣そのもので、何もふざけてすらいないのが、尚腹立たしい。
「何故だッ? ここは武器を取って、私に抵抗すべき所だぞ! 何故抵抗しないッ!」
「騎士である貴方ならば、分かる筈です」


 騎士の心得その一。騎士は何事にも真摯で、そして潔くあるべし。


 騎士と名乗る上で最も重要で、守らなければいけない心得。どこの出身だろうと、騎士であるなら守り続けていなければならないし、破ってはいけない―――エリは心得を遵守しているだけに過ぎない。
「……貴様はもう騎士ではないのだぞッ? 守る必要など何処にも」
「騎士としての教え、精神は私の支えでした」
 殺したいならば今こそ好機だろうに、ガレッダはエリを襲おうとはしなかった。目を細めながら、エリの言葉を待っていた。
 エリはガレッダを見据え、徐に語り出した。




 女性であるが故に馬鹿にされたエリは、同僚にもよくからかわれた。その揶揄いは最早迫害の領域であり、当時か弱き乙女であったエリは、その悪戯に耐えられず、一時期は自害を考えた事もあった。
 そんな彼女を救ったのは、博愛の心に満ちた騎士道だった。
 只真摯であれ、只潔くあれ。世界を愛すべき対象とし、万物は守れるものと心得よ。神話の英雄を体現したようなその教訓は、すさんだエリの心を、鋼鉄で覆った。
 以降のエリの活躍には、目を瞠るものがあった。二十歳を超えぬ間にリスドアード砦の指揮隊長、三年後には聖槍『獅辿』を授かった。昔エリを揶揄っていたものも、遂にはエリを馬鹿にする事は出来なくなり、いつしかエリを対等な仲間と認めた。エリ自身も、それこそが本来の自分であると、錯覚した。
 エリを救ったその殻は、いつまでも在り続けるだろう。もしもそれが無くなるのなら―――エリは殻の中で腐りきった心を、今度こそ失くすだろう。




「たとえ私は騎士をやめても、その心得だけは、守り続けます。ですから私は、団長とは戦えません」
「……つまり戦いには応じないと?」
「はい。私は、彼女を安全な場所へ避難させなくてはいけませんから」
 考えた結果だが、砦外は確かに危ない。だが、十キロほど先に農村がある事を考えると、どこに向かおうとも等しく危険な砦内ないしは城下町内よりは、安全だと思うのだ。勿論その十キロの間に危険が無いとも限らないのだが……その時はその時だ。
 エリは身を翻し、砦外へと歩き出した―――
「待て」
 が、恫喝じみた声で静止を掛けられ、仕方なく足を止める。
「何ですか?」
「つまり、だな。お前の背負っている者が死ねば、お前は戦うという事だよな?」
 ガレッダの方を振り向くと同時に、エリは大きく後方へと飛んだ。
 予想通りと言うべきか、先程までエリがいた空間には、『獅辿』が突き出されていた。良く見なければ分からないが、槍は的確に心臓へと突き出されている。
  ワドフを殺そうとした事は明らかである。
「貴様を甚振ろうと思ったが、気が変わった。まずはそこの……お荷物を排除してからだァァァ!」
 聖槍『獅辿』。血を浴びれば浴びる程切れ味が増す能力に加え、突き刺した者の血液を矛先へ凝集させる力を持つ。
 一瞬でも穴を穿たれれば、それで終わりだ。
「死ねェェェェェェッ」
 突き出される刺突を的確に躱しながら、エリは後方との距離を図る。
 残りは十メートル。このまま躱し続けるだけではじり貧だという事は、馬鹿でも分かる。
 しかしながら、今のエリは丸腰に加え、ワドフを背負っている状態。槍を避けられている事すら奇跡に等しいというのに、さらに何かをしろというのはあまりにも酷い話だ。
 突きを左に避けて躱したその瞬間、エリは見逃さなかった。ガレッダが槍を器用に回し、こちらを切りつけようとしてくる事を。
無理やりな体勢から回避に入ったからか、エリは無様に倒れ込んだ。頭上を『獅辿』の刃が通過した。
「死ねッ!」
無旋アークスホーン!」
 巧みな槍さばきから放たれた突きは、惜しくもエリに届かなかった。ガレッダの体が、砦の石と斥力によって吹き飛ばされ、距離が開いてしまったからだ。
 土属性魔術中位、『無旋』。姑息な手段でしかないが、間に合ったようだ。その証拠に、ガレッダの様子からは傷を負っているようには見られない。
「やっと戦う気になったようだな!」
「バカを言わないでくださいッ、あくまで防衛ですッ」
 エリはふらふらと立ち上がって、再びガレッダに向き合う。
 こんな状況でも尚、目を覚まさないワドフだが、一体どんな魔術が掛けられているのだろう。一生眠ったまま―――という事は無いだろうが、それに匹敵するくらには、起床条件はかなり厳しいと見ていいだろう。
 こんな時にフィネアさんやウルグナさんがいれば。
 本当にそう思う。ウルグナないしはフィネアが居れば、この状況は容易く抜けられたはずだ。ウルグナは傭兵と言う稼業上、こちらに戻ってくる事は少ない事を考えると、フィネアに期待せざるを得ない―――
 いやフィネアにも望みは掛けない方が良いだろう。彼女の出身はフルシュガイドで、その上一記録係でしかないのだ。只ワドフに逢いに来るというだけでは、おそらく一生こちらには来られない。
 ……何故他人に頼ってしまうのだ。自分で解決しなければいけないのに。
「観念して戦えッ! そうすれば、私も『獅辿』を使わなくなるかもしれないぞ?」
「私は絶対に戦いませんッ!」
「ならばそいつ共々殺すまでだ!」
 ガレッダが一気に距離を詰め、再び刺突を繰り出した。見切れない程の速度ではない。先程のように、避ければ―――!
 え?
 その瞬間、槍が分裂したように見えた。その数、実に六つ。
 間違いない。これは―――奥義という奴だ。エリが遂に習得を諦めた、槍術『天槍』。
 時間が何倍にも引き延ばされたように感じた。こちらに顔を向ける刃も、自分の動きも、勝利を確信したかのように表情を変えるガレッダも、全てがゆっくりに感じた。
 騎士が死に際に見る光景。出来れば見たくなかった光景だが、見てしまったモノは仕方がない。ガレッダの勝ちだ。潔く負けを認めよう。
 迫りくる刃に対し、エリは動こうとはしなかった。それはまるで死期を悟ったかのように、悲しく、生きようという感情は、どこにも見られない。
 ガレッダの顔に、深い笑みが刻まれる。
 その直後の事だ。目にも映らぬ『死』突が、六つの槍を的確にはじき返したのは。
「……え?」
 考えて、思考停止。自分の目の前には、動きやすいように調整されている給仕服を来た女性が居た。その手にはかなり細身の剣が握られているが―――只の細剣ではないだろう。エリは魔力が見えるような体質ではないが、あの剣の剣先が存在する空間だけ、空間が歪んでいる所を見ると、尋常ではないまでの魔力が宿っている事が分かる。
 ガレッダもそれを理解しているようで、迂闊に動こうとはしない。
「貴様、この『獅辿』を弾くとは……一体何者だッ!」
「最強と謳われし者の従者にございます」
 女性は頭を下げる代わりに、腰を落として挨拶をする。どこか高貴な家で生まれたのだろうか、立ち振る舞いがとても美しい。
 問題は何故ここにいるかだが、その可憐さ故、エリはその事をすっかり忘れていた。
「あ……あの」
 おずおずと口を開いたエリに対して、女性はこちらを一瞥もせず反応する。「何か?」
「私を、助けてくれたんですか?」
「……いえ、私とある御方より仰せつけられた事を守っているにすぎませんので、どうか勘違いなさらぬよう、お願い申し上げます」
「え、あっはい」
 女性の突き放すような一言に、エリは内心落ち込まざるを得なかった。助けが来たと思ったのに……そう思っていると。
 出し抜けに彼女がこちらに視線を向けてきた。
「えぁ?」
 虚を突かれたからか、思わず素っ頓狂な声を上げてしまうエリ。彼女は心を見透かしたような表情で、丁寧に告げる。
「私が仰せつかった命令は、貴方を守る事ですので、ご心配なく」
「あ……はい」
 女性は前方に視線を戻す。
「私は最強の御方の従者でございます。貴方様に負けるつもりは毛頭ございませんので、さあどこからでもどうぞ―――ズタズタに切り裂いてあげますから」
 凛とした瞳に、殺意が宿った。















「ワルフラーン ~廃れし神話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く