ワルフラーン ~廃れし神話

氷雨ユータ

少女は何処へ  後編

 フルシュガイドには二つの勢力がある。教会騎士団と、大帝国騎士団だ。決して敵対勢力ではないが、だからといって仲が良いという訳ではない。見かけ上の協力関係とでも言えばいいだろうか、単純に仲が悪いだけではないので、普通の敵よりも幾分か性質が悪い。
 しかしその強さは本物で、並の魔物程度が何万居ようと、彼等に傷を付ける事は出来ない。では手を取り合って国を守れと言っても、そうはいかない。
 教会騎士団団長と、大帝国騎士団団長の仲が尋常じゃなく悪いのだ。
 分かりやすく言えば、カテドラル・ナイツのメグナやルセルドラグのようなもの。強すぎる個がある故に、互いを受け付けない、そんな感じだ。殺し合いが起こっていないのが唯一の救い―――いや、こちらからすれば別に殺し合ってくれても良いのだが……
 とにかくこの二勢力は仲が悪い。しかし互いにいじめたい訳ではないので、業務上の連携以外は顔を合わせない。
 そしてそれ故、彼等は互いの事を覚えていない。飽くまで記憶しているのは、教会の者か否か。大帝国騎士団も同様である。
 今回嘘を吐くにあたって、ウルグナはそれを利用した。フルシュガイドの剣術は門外不出。こうでもしなければより一層疑われるだけだった。これは仕方のない嘘だ。
「成程、だから『龍盾』を御存じな訳か」
「ええ、その通りですよ」
「しかし、何で大帝国騎士団が……? こちらに来るような任務はなかったはずだが……」
 思い通りに事は運んでいる。後はもうこちらのもの。元騎士の腕の見せ所だ。
「いえね、実はここ最近、内部で不思議な動きがあるのですよ」
 その発言に、フィネアは眉を顰めた。「動きだと?」
「ええ。『私達』は頂点捕食者だ。絶滅していると言っても過言ではない魔人に、わざわざ刃を向ける必要はないはず。それは私も。そして団長も思っている事です。しかし、内部ではそう思わない者もいるようで。『私達』の調査によればリスドと取引をして、密かに魔人を殺して回っている者がいるようでね」
 一旦言葉を切り、次の言葉を考える。
「前述した通り、『私達』がわざわざ魔人を狙う必要はありません。そんな所に兵力を向けているのなら、他国への牽制とか、国境警備に回した方が、幾らか有用でしょう。しかし実際、兵力はそちらに向かっている。何と嘆かわしい事でしょうね。人間でありながら魔人じゃくしゃを殺すなんて、みっともない。これは我が国に泥ではなく馬糞を塗りたくっているようなものだ。そう思って、『私達』は今騎士団に内密でここに愚か者を探しに来たという訳です」
 フィネアは納得したような表情を浮かべていた。とりあえず疑いは晴れたといってもいいだろう。
 ウルグナはフィネアから視線を外し、森の方向へと歩きだす。すれ違いざま、ウルグナは囁く。
「これ以上無駄な会話に費やす時間はありません。互いに聞きたい事がありそうですが、今は『私は貴方の味方である』以外は言えませんので。悪しからず」
 聞きたい事はまだあったが、今はキリーヤを助ける事が先だ。疑問が解消しない程度、我慢しなくては。
「すまない」
 フィネアもそれだけ言うと、もうなにも言わなくなった。
 彼女を納得させる事に、ウルグナは難しさを感じてはいなかった。事実こんなに簡単で、大した手間もないのだから。
 勿論、本来はこうは行かない。こうも上手く行ったのは、元フルシュガイドの騎士の経歴を持つウルグナだからだ。
 『騎士団の人間は個人の意見を持つな、集団としての意見を持て』という教えがある。大事なのはつまり、如何に嘘を並べ立てるかではなく―――教えを踏まえた上で意見を言う事なのだ。くどい様だがウルグナは元フルシュガイドの騎士。この程度の事など、出来て当然の事である。




 まさか再び足を踏み入れる事になるとは。
 多少不機嫌になりつつ、ウルグナは邂逅の森へと足を踏み入れた。猶予はフィネア曰く明日まで。つまり朝が明けるまでに見つからなければ、彼女は『邂逅』してしまうという事だ。―――デュークのせいで。
 怪しい怪しいとは思っていたが、まさか奴隷商人兼冒険者だったとは。予想すらしてなかったがむしろ好都合。それが本当なら、全て説明がつく。
 無意識の内に仕込み杖を握る手に力が入った。
―――呑気にしていられるのも今の内だぞ。
 噴き出る黒い感情に、ウルグナは自ら取り込まれているかのような錯覚を覚えた。だが気にしない。今は気にしていられない。
 そんな事を考えている内に、再び森の中心に来てしまった。ここは最も『邂逅』の発生しやすい場所だが、先程訪れた時のように、何か起こるという訳ではない。何も起こらないという事態が発生しているとも言えるが、モノは言いようという奴だ。
「キリーヤッ」
 辺りに聞こえるように、大きな声でその名を呼ぶ。出来れば返事が欲しいが、世界はとても残酷で、それ故、期待通りの事は起こらない。ある種の予定調和だ。
「キリーヤ!」
 木々を全て薙ぎ払う事も考えたが、流石に言い逃れが出来ないだろう。ここは本来、神聖な場所なのだから。
 そして、そんな場所を、少女を見つける為だけに壊すなど、ウルグナには出来そうもない。潔く諦め、思考を切り替える。
―――どの辺りが、一番可能性として高いだろうか。
 一番可能性の高い中心に居ない事を考えると、候補は―――絞れてこない。確かに森の何処に居ようと、居る限りは『邂逅』する可能性はある。だが、狙って起こそうと考えるのであれば、中心へと向かうはずだ。
 そうでないとするなら、可能性は二つ。犯人が『邂逅』現象について知らないか、フィネアが嘘を言っているかだ。
 まず、フィネアが嘘を言っているという可能性についてだが、結論から言うと、可能性は低い。
 奴隷商人デュークを追う彼女は、確実な味方を欲していた。先程の戦闘は、味方となりうるか、そして実力はあるのかを見極めるためのモノで、当然合格したウルグナには、協力を要請。
 万が一断られても、キリーヤを浚い、犯人はデュークと嘘を吐けば、ウルグナは協力せざるを得ない。だからフィネアが―――
 中々良い流れだが、一つ欠点がある。キリーヤを探しに行こうとするウルグナに、フィネアは何の行動も起こしてこないのだ。本当に協力を取り付けるためだけに嘘を吐いたならば、位置などそもそも教えないだろう。
 何より、教会騎士団が、協力を仰ぐために嘘をつくとは考えにくい。
 教会は、『真実』と『誠実』と『正々堂々』を基本とした教えを、教会騎士団に叩き込んでいるからだ。仮に何人かが守ってないとしても、記録係である彼女がそれを破る事はあってはならない。仮にそんな事がありえるのなら、ウルグナの知識は既に過去の遺物で、時代は変わったという事だ。そして時代が変わったのならウルグナの記憶は使えない。思考は振り出しに戻る。
―――このまま考えても仕方ない。もう一方の可能性に移るとしよう。
 最後に。犯人が、そもそも『邂逅』を知らないという可能性だが。結論から言うと、実は一番ありうる話だ。
 そう……例えばこの犯人をデュークと置き換えてみよう。デュークは冒険者として活躍しつつ、その裏では奴隷商人として、商品を探して浚う。捜索されてもばれないように、この森へと商品を隠しておき、ほとぼりが覚めれば市場へと連れて行き、それを売り捌く。
 流れは良いとしても、これでは少し強引にも感じる。迷いの森としての認識が広まってる現在、知らなければあの森に入ろうとする気は起こさないだろう。
―――ならばこう考えてみてはどうだろうか。迷いの森でない事は知っているが、『邂逅』は知らないのだと。 
 そう考えれば、平気で森へと入り商品を隠す行為にも納得がいく。また、ウルグナはこうも考えている。
 この森を、魔物の湧出地点として有名にしているのもまた、デュークなのではないのかと。
―――忘れていた事があったのだ。それは奴隷商人の売れ残った商品の処分の仕方についての事。勿論大抵は売れ残らないが、仮に残り物があったとして、彼等はそれをどうするか。
 魔物と意識を融合させ、新たに魔物として野へ放つのだ。
 信じられない事だろうが、事実である。奴隷商人は平気でその程度の事はするし、それ故一部の人からは、『魔人よりも恐ろしい人種』と恐れられている。
 そういえば、ここは魔物が全く存在しないにも関わらず、魔物の湧出地点と化している。つまり―――
 ……不本意だが、こうするほかないのだろう。キリーヤを迅速に見つける為にも、売られないためにも、魔物とされないためにも。








 この森は、二度と会う事の出来ない者と運命的に出会わせる森―――即ち『邂逅』の森。キリーヤは直ぐに見つける事が出来た。




 






 

「ワルフラーン ~廃れし神話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く