ワルフラーン ~廃れし神話

氷雨ユータ

カテドラル・ナイツ その2

 男が一歩、踏み出した。
「そうか……行け!」
 号令と共に、キリーヤの母が動きだし、男の方へと駆け出した。どこから出したのか、その手には斧ではなく、短剣が握られていた。
 この世には五段階のランクがある。
 下位、中位、上位、極位、終位。後に述べたもの程、強さが違ってくる。その中で、あの短剣はかなり強く、上位の部類に入る。
 第三兵士長以上より支給される位だ。あれを従魔に渡していいものか、悩んだが、己の力を誇示するのに丁度いい機会だ。そういう訳であの短剣を渡したのだが、
「……極位か」
「ほう、無知な魔人も、少しは物を知っているようだな?」
 男の態度は変わらない。男の鎧は、確かに異様だが、結局は魔人。如何に優秀でも、作れるのは上位程度だろう。
 それなのに、何故だ。この余裕は。
 売れば、リスド金貨五枚は下らない代物を見て、驚かない者が、果たしているのか。
「価値を理解してないのか」
 口の中で呟き、勝手に納得した。それが、如何に愚かで、誤ったものだと知らずに。
「名ヲ『アーマーピアース』。名ノとお、鎧を貫く、の鋭さをもツ……」
 迫り来る短剣に、男は何もしなかった。程なくして、肉に刺さる音聞こえる。
「思い知ったか! ……ん?」
 何やら、様子がおかしいので、脇にずれて二人を見る。
 女の手が伸びている。その先には男の手がある。その男の手は女の手首を返し―――女の腹へと短剣を突き立てていた。
 死体なので死ぬ事はないが、問題はそこではない。
「何……?」それはアスリエルの常識では有り得なかった。「構わん、やれ!」
 女は武器を捨て、首筋へ噛みつこうとするが、それよりも速く男の手が女の首を掴み、女を持ち上げた。女の抵抗空しく、男は、そのままアスリエルへと、女を投躑した。
「むっ」
 アスリエルは、仮にも第三兵士長、急な状況にも慣れている。
 飛んでくる死体を観察し、自分と接触する部位を確認。それが胴体と確認すると、出来るだけ素早く切断出来る箇所を想定。
「ハァッ!」
鞘から剣を抜き放ち、一閃。死体は両断され、アスリエルの両側へと吹き飛んだ。
「ふぅー」
「ミゴ……とだ」
「ふん」
 鼻を鳴らし、アスリエルは剣を納める。
「みくビっテい……コンオはオレ……アイて……」
 お前をみくびっていた。今度は俺がお前の相手をしてやる……か。言っている言葉はどうにか理解した。
 その上でアスリエルは剣を鞘に納め、敵意を抑え込む。
「……私と戦いたいのだろうが……残念だな。それは叶わない願いだ」
「な、ぜ?」
「貴様のような雑魚と戦ってる暇はないのだ。大事な任務があるのでね。そんなに戦いたいのなら、そら」
 アスリエルが合図をすると、草むらの中から、幾つもの影が立ち上がった。
 それは、村にいた男達だった。どれも、頭を割られていたり、両腕を失っていたり、死因は様々だが、今では肉の操り人形と化している。
「アスリエル様、ご無事ですか!」
「なんですかこいつ? 変な鎧着てますね」
 さらに、配下の者だろうか。兵士数十人が、少女と男を囲むように、駆けつけた。
「どうだね、この数は。従魔共は貴様と話している間に、こっそり喚んでおいた。それだけでも貴様からすれば大変だろうが、ここに私の部下を加えると、もう無理だ。やめてほしいか? 逃げたいか? 私の部下は、魔人に対して容赦はしない―――精々生きられることを祈っているといい……やれッ!」
 魔人に向かって部下が斬りかかっていくのを見届けた後、アスリエルは背を向け、走り出した。






「お母さん……」
 分かっていた。死体となり、ディナントに、牙を向けたその時から、母が死ぬことは。
 それなのに、何故だ。
 悲しい。視界が歪む。目の辺りを擦ると、湿った感じがする。ああ、自分は泣いているのだ。母が目の前で死んだのが、悲しくて、泣いたのだ。
「ス……まない」
「え?」
「ハハ……ヲ、マモれなかッあ」
 困惑するキリーヤを一瞥し、ディナントは構えた。
「お前……ハまも……る」






「なんだ、これは?」
  村に戻ってから、アスリエルは違和感を覚えた。
 従魔がいない。部下がいない。それどころか、魔人達の死体もないのだ。
 数ではこちらが圧倒的だったにしろ、十人くらいはまだ抵抗していたはず。仮に十人が殺られたとしても、従魔と部下が消えるはずはない。
「教会が……」
 教会の扉が開かれている。あそこは門番4人、巡回8人、女子供への見張り3人と、計十五人で監視していた。部下の強さはアスリエルがよく知っている。自分に忠実である事も、そう簡単にやられるような連中ではない事も。
「何が起きているのだッ、クソ!」
 吐き捨てるように言い、近くにあった米俵を蹴っ飛ばす。米俵は、妙に重かった。
 興奮気味に教会へ入るも、やはり見えるものは変わらない。
 ……誰が逃がした?
 部下は自分に忠実なため、可能性すら考慮していない。
 潜伏していた魔人、というのは最も考えられる可能性だが、アスリエルの部下一人にすら苦戦する魔人が、数十人の警備を突破出来るはずはない。さっきの大男も考えられるが、男は対極の方向から来た。考えられなくはないが、無理があるだろう。
 記憶の限りを辿り、その元凶を探す。
『もうすぐ、魔王様が来るわ! そうしたら、あんたたちなんてケチョケチョンよ!』
『アルドさ……マモレと……イアれた」
 魔王……アルド……魔王……アルド……魔王アルド?
「主様が、どうかしたかの?」
 内に在る情欲を刺激する、艶やかな声。
 反射的に振り返ると、そこには妖艶な美女がいた。
 腰辺りまで伸びた、この辺りでは珍しい黒髪は、吸い込まれそうな程に黒く、そして深い。ここまで髪の綺麗な女も、そう居ないだろう。
 勿論、それだけではない。さっきの男程ではないが、黒い布のようなものを着て、扇状のモノをパタパタ仰いでいる彼女も、十分に異様だ。
 これは、『キモノ』というやつだろうか。何分、ジバルの資料が少ないため、何ともいえないが、その辺りで、見るようなものではない事だけは分かる。
 それにしても―――
「貴様は人間ではないのか?」
 この女性はどうみても人間だ。人間とは、つまり最強の種族である。そんな誇り高き人間が、魔人の味方をするなど有り得ない。あってはならないのだ。それが人間なのだから。
 女性が、扇状の何かを閉じ、米俵に腰を掛ける。
「妾が人間とな? 戯れ言はよせ。妾はそのような畜生と、同族になった覚えはないぞ」
 ……今、なんと言った?
「待て、貴様。今、人間を畜生と言ったのか?」
「妾は事実を言っただけじゃ、それとも何か、お主は自分を高等種族と思うのか?」
「当然だ」
「笑わせるのう。我が主様とは大違いじゃ」
 嘲笑すらも、彼女であれば美しい。女性の発言に、アスリエルは怒りを覚えていたが、やりにくさも感じている。
 しかし、服装から察するに、女性は戦闘に向いてはいない。やりにくさも特に弊害にはなるまいと思ったか、アスリエルは剣を抜いた。
「……まあいい。貴様が魔人だという事は分かった。その上で聞くのだが、私の部下達はどこだ?」
 女性は無言で、アスリエルが蹴っ飛ばした米俵を指す。
 何の事だか訳が分からなかったが、蹴っ飛ばしたあの時、アスリエルは感じた。米俵が妙に重いと。その時は苛立っていて気にならなかったが、何というか、重さが米にしては偏っている気がしたのだ。
「向かわんのか?」
 言われなくてもわかっている。女性の脇を通り抜け、先程の俵へと向かう。注視してみれば、米俵が僅かに動いている事が分かった。いや……そんな馬鹿な。
 その予感を否定したい一心で米俵を叩き切るが―――そんな希望は、無情にも打ち砕かれた。
 脈動する臓器。その周りに巡る無数の血管。無造作にくっついた四肢。溶けた眼球が、むき出しの筋肉に張り付き、その隣には、口まである。
 おそらく、これを見た時の感想は、共通する。
  気持ち悪い。
 この魔人とも、人間ともつかない生物は、一体? そもそも生物なのか?
 疑問は尽きない。だが、もっとも解決すべき疑問は、これが部下なのかという事だ。こんな肉塊になってしまった以上、個人の証明は不可能。女性の言葉を信じるしかない。
 これが部下だったものとは、信じたくない。だからアスリエルはそれを証明しようと、俵を叩き切った―――
 仮に。部下だとするなら。そう仮定するならば。
 気づけば、女性へと斬りかかっていた。
「ハァァァァッ!」
 怒りが込められたそれは、アスリエルの中でも最速の一撃だった。あの服装ならば、避ける事は出来ないだろうと思って繰り出した。まさに必殺の一撃だった。
 しかし、それはアスリエルの常識であって、世界の常識ではない。
 剣が振り下ろされると、女性の体はあっさりと割れて、まるで霧のように分散した。勢い余って、剣が地面へと突き刺さる。
 まるで手ごたえが無かった。
「ほれ、どうした。その程度なのかえ、大帝国の騎士というものは。もっと妾を楽しませるのじゃ」
 声が後ろから聞こえる。反射的に背後を薙ぐが、やはり肉の手ごたえが無かった。
「つまらんのぉ。せっかく妾が嘘を拵えてやったというのに、何じゃ、その動きは? ふざけておるのか?」
「……嘘?」
 次々に出てくる女性を、アスリエルはひたすらに斬っていった。それでも、声は途絶えないし、数も減らない。川の石を全て積もうとするようなものだ。到底終わらない。
「あの肉の事じゃ。あれは貴様の従魔、魔人の死体の集合体じゃよ」
「幾ら死体といえど、同族で作ったというのか……まあいい。そうだとするなら、部下はどうしたんだ?」
「どっちにしろ戻っては来んよ。妾の虜になっておるからな」
 次の一撃は、さっきまでとは違い、受け止められた。刃の先には、女性の持つ扇状の何か。今は閉じられているそれが、アスリエルの剣を防いでいるのだ。
 只の装飾品か何かだと思っていたのだが。まさかあれが……こいつの武器だというのか。
 アスリエルの剣は、極位相当の強さを持つ。生半可な武器防具では、防ぐ事すら叶わない。それなのに女性は、右手に持つ奇妙な武器で、その顔に余裕を浮かべながら受け止めている。
 我慢ならなかった。自分の常識が通じないのが腹立たしかった。自分の強さが一切通じないのが、怖かった。
「ぬうう……」
「暑苦しいのう」
 武器が一瞬離れた。そう思った時には、既に女性は、アスリエルの剣へ、武器を叩きつけていた。あまりの早業に、アスリエルは自らの剣を、少しも動かせていない。
 直後に破砕音。
 アスリエルが、驚いて後退。叩きつけられた部分の刃は、完全に砕けていた。
「ほお、流石に硬いのう」
 その発言に、アスリエルは初めて危機感を覚えた。余裕が無くなっているのが、自分でも分かる。いや、自分だからこそ分かる。
 ここは森の大男を部下が倒すまで、時間を伸ばそう。
「少し話をしないか?」
女性は少し考え、やがて首肯する。
「いいじゃろう。何を話すんじゃ?」
「貴様らのボスは、どんな奴なんだ?」
「どんなやつも何も、魔王じゃよ。妾が生涯添い遂げようと決めた、愛しい人よ」
「そんな事を聞いているんじゃない、どんな魔人なのかと聞いているんだ」
 女性は困ったような表情を浮かべた。
「魔人ではないぞ?」
「何? では人間という事か?」
 女性は、大きく息を吐くと、改まったように、アスリエルを見る。
「お主らは、死人の事を覚えているか」
 唐突な質問に一瞬戸惑うが、少し考えた後、最適と思われる答えを口に出す。
「過去の者など、覚える必要はない。そうだろう? 覚えていたところで何も利益はないのだからな」
「……そう思うか。ならば、歴史学者にでも聞いてみると良い。きっと誰か分かるじゃろう」
「そんな暇はない……どんな奴だ?」
「強いて教えるならば『亡霊』かのう。それ以上は言えぬ」
 女性は、扇状の武器を開き、口元を隠した。
 癪に障る発言はあったが、どうにか情報は得られた。ちょろい魔人だ。後は大帝国に知らせるのみ。
 任務は失敗したが、村を壊滅させ、化け物と呼ばれる者の正体も解明させたのだ。国中から称賛を受ける事は、間違いないだろう―――
「気になっているんじゃが、どうしてお主は、ここから生きて帰れると思ってるのじゃ?」
「……え?」
 そういえばそうだ。どうして自分はここから逃げられると思ったのだろう。今は危機的状況だったではないか。
 いや、それよりもまず―――情報を持ち帰ろうなんて、自分はそんな事言っていないはず。どうしてそれが分かったのか。
 体中から変な汗が出始める。
「妾がタダで情報を出すと思っておるのか? こっちにも目的があるんじゃ。でなければ、お主の隠すつもりがあるのかすらも分からぬ作戦なぞに、引っ掛かるまいて……っと、来たようじゃの」
 女性の視線の先には、先程の大男―――ともう一人。
「時間稼ぎご苦労フェリーテ。さあ、私の左側へ」
「御意に」
 武器を閉じ、女性が分散。男の左側に、移動していた。
「いやはや、まさかこの大陸まで出張してくるとは。甚だ予想外だったよ。まあいい。自己紹介をしよう」
「お、レ……カテドラル・ナイツ……『鬼』、ま……ジ、ディナント」
「妾は『妖』と呼ばれる魔人で、カテドラル・ナイツの一人、フェリーテじゃ」
「そして私がアルドだ。魔人を束ね導く者、『魔王』とも呼ばれているよ」

「ワルフラーン ~廃れし神話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く