この美少女達俺の妻らしいけど記憶に無いんだが⋯⋯

プチパン

六話 同棲を許可する学園ですからね!

 手を前に組み崇めるかのように呟くエルは昼間と違い、妙に真面目臭い話し方で随分と印象が落ち着いていた。
 和を表すかの様に美しい黒髪と雪の様に白い肌、風呂場の湯けむりと熱でほんのり赤く相まった頬がとても魅力的だ。
 その美貌に思わず生唾を飲み込んでしまう。
 ちなみにエルは、湊と二人きりになると人格が変わってしまう。
 昔、レイラがどうしてか訪ねた時には、「大好きだからです!」とそう答えられた事からレイラがこの性格で居られるのは信頼出来る人しか周りに居ない時なのだろう。
 簡単に言えば、人前ではキャラを作っていると言う事だ。
 エルは人見知りで人間不信でもある、それはエルの生い立ち上仕方ない事でもあって、湊はいつか他の人にもこんなエルの一面を見て欲しいと思っている。
 それはエルが心から信頼できる人が出来た、そう言う事だから。
 それに普段からこの状態であれば、騒々しくもなく気配りが出来て何か問題を起こす事はないのだ。
 でも⋯⋯。


「あぁ、ありがと⋯⋯で? どうして?」
「それは⋯⋯師匠と⋯⋯お風呂に入りたいなと思いまして⋯⋯だめ? ですか?」


 不安そうに足をもじもじとさせ俯き加減で聞いてくるエルの所作に湊の胸が締め付けられる。


(はぁ⋯⋯なんかこっちが悪いことしてる様な気分になってしまうんだよな⋯⋯)


「おいおい⋯⋯同学年の男女が同じ風呂は流石に⋯⋯な?」
「いえ、私達にそんな事は関係ありません、現にこの学園では男女同棲が認められてるじゃないですか」
「いや、それは⋯⋯塔攻略に必要だからだろ」


 この学園では男女の同棲が認められている、いや逆に学園側から勧められるほどだ。まぁ、結婚さえ認められているのだから当然と言えば当然なのだろうか。
 理由は、先程言った通り結婚することによって互いの能力が底上げされるからだ、我ら学園生が目指す塔攻略は未だ全人類の誰もが成し得てない偉業、それを成す為には結婚が必須なのだ。


「なら私と結婚しましょう。私は──」
「無理だ」
「ひ、酷いです⋯⋯私はこんなに師匠を愛しているんです。師匠の為なら命だって欲しくありません」


 湊がこの状態のエルを素直に可愛いと言ってあげられない理由、それは⋯⋯。
 どさ過去のあの出来事からなのかエルは湊の事を好きでいてくれて信頼してくれている。
 それは湊にとって嫌なわけがなかった。
 しかし湊は復讐の為に生きてきたようなものだ、普段の慕うような軽い感じの「大好き」ならそこまでどうと感じることはない、もはや湊とエルの一種の会話のようなものにさえ感じているくらいなのだ。
 それに、エルの明るく元気な性格と幼げな容姿のおかげでもある、しかし今のエルは明らかに同い年、そしてそれなりに落ち着いた雰囲気を持ってる。
 その雰囲気は、今までなるべく人と関わらないように生きてきたからか、エルと過ごす時間が長くなってもなかなか慣れるもので無いのだ。


「すまない、お前が俺を好きでいてくれる事は本当に嬉しい、だけど今は無理なんだ。少し待っててくれ。きちんと考えてから返事はさせてくれないか?」
「は、はいぃぃぃ⋯⋯⋯⋯ほ、ほ本当に私でいいんでしょうか。エルは今本っ当に幸せです。とうとう師匠が、私と結婚してくれる約束をしてくれました。なんて日でしょう⋯⋯ほ、本っ当に⋯⋯あ、ありがとう⋯⋯ございます」


 そう言ったエルは嬉しそうに微笑み、涙さえ流していた。


(あれ? あれれ? なんか物凄い勘違いをされてる気が──)


 そして、涙を拭いながら湊と同じ風呂に浸かり出す。
 それなりに広い風呂も、16歳となった二人には少し小さく、どうしても体が触れ合ってしまう。


(はぁ⋯⋯ ま、まぁ仕方ないか、初日でこいつも緊張したんだろ)


 そんな事をぼけーっと考え、エルに目線を戻すと、身体は綺麗で、特に歳と身体の割に大きく育った胸が⋯⋯当たって──。


「なぁ、エル?」
「は⋯⋯い⋯⋯?」


 エルは至極幸せそうな表情を浮かべ首をかしげるが、いくら湊でも「出てくれ」というのは流石に言えたものではない。
 まぁ、さっき言った通り今日は疲れてるだろうし。


「はぁ⋯⋯いや、何でもない⋯⋯今日だけな。あぁ、一ついいか?」
「はい⋯⋯私の3サイズですか⋯⋯? うぅぅ⋯⋯師匠の変態⋯⋯でも好きです」


真顔で言いながらも顔を赤く染めていくエル、湊はそんなエルを見てつい微笑んでしまう。


「いやぜ、全然興味ないから あー話がそれた」
「すみません、嬉しすぎてどうにもおかしい様で、本当にすみません」


 エルが本当に申し訳なさそうに頭を下げるが、シャンプーのいい匂いが濡れて多少色の濃くなった髪から漂よい、自然と肌とか何やらが湊の身体に触れている事を意識してしまい、普段以上に可愛らしく思える少女に湊は不意にもどきりと心臓が鳴り響く。
 湊は気持ちの切り替えにと咳を一つすると、エルも湊の雰囲気を感じ取ったのか背筋が伸びる。




「お前だったら、もし俺がお前も含めて複数の女の子と結婚するとしたら、嫌か?」


 湊は、至極真剣な声で、ハーレム展開を希望した。



「この美少女達俺の妻らしいけど記憶に無いんだが⋯⋯」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く