作者ネタ切れにより「俺、幼なじみ(男の娘)と同棲します」は思いついた日常を季節関係なく書きます

煮干

4月1日 (4)

 学校が終わりを告げるその瞬間、各々の青春満喫タイムが始まる。デートをするリア充、部活に汗を流してライバルと研磨する者、そして...…何もない俺たちのような者...…。


「大樹君!良かったら帰りに買い物に行こ?」


 勝った……。


「およよ?デートですか?」


「ふん...…想像に任せる…...だかな、お前らとは違い俺には予定が...…」


「横島!カラオケ行こうぜ!」


「悪いな、俺と竜岡にも予定があるんだ…...」


 いや、考えろ。俺はむさ苦しい男とは違い、女と勘違いしてしまうほどの魔性の男だ。つまり勝ちだ!


「残念だなぁ!俺の方が高嶺の花だ!」


「あいつ何言ってるんだ?」


「関わらないが吉だよ。行こうぜ竜岡。」



「えっと......白滝買ったし、じゃがいも買った。後はないから......大樹君、寄り道しない?」


 明希にしては珍しいな。


「いいけどどこ行く?そことかどうだ?」


「大樹が行きたいな......バカバカバカ!」


 明希は突然赤面する。無理もない、俺が指したのはホテルだ。それも愛を育む場所の。


「ほ、本屋!本屋にしよ!」


 すぐさま明希は近くの本屋を指差して強引に俺の腕を引っ張る。


「なんかカップルみたいだな」


 次の瞬間、明希の動きが停止する。


 目の錯覚だろうか、明希の頭から湯気が立っているような……。


「な、何言ってるの?友達だよ…...」


 あ、もしかして朝のことを気にしてるのか。


「えー、婚約者のつもり…...」


 これ以上は言えば命の保証はないと明希の顔が訴えかけてくる。笑顔なのに溢れる殺意、恐るべし...…。


「ええ、友達ですよ」


 だが、笑顔は崩れない。殺意だけは消えた…...気がする……。


「作者ネタ切れにより「俺、幼なじみ(男の娘)と同棲します」は思いついた日常を季節関係なく書きます」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く