しろいへや

ろう(16)

しろいへや( 6 ):

僕は学校に行きすぎて  人生を通り過ぎてしまったようだ うねうねした道も通りたかったのに 周りを見渡せばあおい空しかないのに  き み は言わずとしろい 白 白白

僕はイヤホンの分解をはじめる
みみをやわらかくして ほ しい

「しろいへや」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く