しろいへや

ろう(16)

しろいへや(5):

僕は水色の息を吐く   
しろいへやはいろをつかさどる   
安らかな死 うれしそうな僕
脳がずぶずぶとしずんでいく    まってよおう まってよおう  まってくれ    
幼少期のゆれる緑のカーテンをつかまえようと   木漏れ日  ちらちらと 今では偏頭痛にとってかわって 僕を蝕む 白い光は眼球に問い詰める  

きみはもうここには        ない  の


僕はさがす 僕はここにいる 理解が欲しい 確認して 床はここに 僕はここに 

「しろいへや」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く