しろいへや

ろう(16)

しろいへや(4):

僕は僕は僕はぼくだけではないみたい
君のなかにそんざいするぼくかもしれないし
僕のいしきのなかの僕かもしれないから
すきなようにしていいよ




それしか    ない   

「しろいへや」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く