短編シリーズ

ふみゅうひぅ

気が変わった殺人鬼

殺人鬼「……マンションから誰か見ている」

殺人鬼「……あれは何階だ?」


下から数える


殺人鬼「……?」


そこであることに気づく


殺人鬼「…なんであの部屋、電気がついたり消えたりしてるんだ……?」


よく見るとほかの部屋もバラバラについたり消えたりしている


殺人鬼「……!」


その意味を知った時、俺の時間は止まった


殺人鬼「あ…い…し…て…る……」




殺人鬼「……馬鹿野郎、俺もだよ」





END

「短編シリーズ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く