挨拶

ふみゅうひぅ

ワンの家系について

ついに犬丸が登場し、最強の刀2本が出揃いました

さて、あの時何故ワンが犬丸を持ってたのか…それはワンの家系に秘密があります

犬丸は猫丸と同じく妖刀として扱われ、封印されました

猫丸はファイブの家系により見守られてきました

一方犬丸は、猫丸を止めるためとは言え、犬丸という同じ妖刀を使ったという暗い事実を人々から消すため、封印と同時に人々の記憶から忘れさせるため、隠す必要がありました

そのため当時封印の儀を行った人間の家系が所有することになったのです

それがワンのご先祖さまなわけですね

ですが犬丸は別に悪い刀ではありません
ワンの無邪気な姿を見て、「こんな笑顔をする人間ならば自分を正しく扱ってくれるかもな」と、今まで自分を手にした人間と比較していました

言い換えるならば第2の親になろう、もしくは親友のように感じていたのです

そしてそんなワンがピンチということで、封印を破りワンの元に向かいます

ちなみに現代の封印は犬丸のような業物なら簡単に壊せます
悪い刀では無いので封印されててあげたのです

ですがやっと出会えた主、そんな人間を失えばまた孤独に陥ります
それを恐れた犬丸は封印をお構い無しに壊すのですね

「挨拶」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く