挨拶

ふみゅうひぅ

命の物語について3


私1「…という訳なんだが、どう思う?」

私2「ふざけるな!あれも入れてしまったら命の物語は完全に私たちの趣味になる!」

私2「それを入れてない…それが最後の砦でもある………おねショタを…!」

みたいな葛藤

で、でももし仮に入れてもちゃんとシリアスも入れようと思う!(`・ω・´)
シリアスおねショタです!(。ò ∀ ó。)

もう読んでる人が「おねショタかノーマルかこれもうわかんねぇな」

ってなるように頑張る(o´ω`o)


とりあえず趣味でも多少はいいかなって思い始めてます
それも個性なのかなって

まあ多少はね?

「挨拶」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く