サクラ咲け

ささみ紗々

サクラ咲け

誰もいない教室で 友人の到着を待った
笑顔がだんだん溢れてく朝の風景
そう、ここが私の居場所であると
「おはよう」交わす言葉がこんなにも愛しい

不安だらけだった始まり
こんなに素敵な場所に変わった
毎日が楽しい思い出になった
大好きな友ができた
ありがとう ありがとう
365日の思い出 私の宝物

お弁当の匂いのする教室で 手を叩いて笑いあった
ざわめきの絶えないいつもの教室
どんなに嫌なことがあっても 誰かが隣にいること
それだけで暖かくて 寒い冬も乗り越えた

知らない人だらけだったこの場所
今じゃ何より大事な場所に
辛いこと乗り越えあって 笑顔交わしあって
いつだって思い出は心の中に

移りゆく季節 窓の外から眺めては
そっと目を閉じる 思い出に浸って
緊張してたあの頃も 笑って語り合えるから
季節が巡って大人になっても
また笑って会えますように
みんなの夢が 叶いますように
─サクラ咲け 桜の季節。

「サクラ咲け」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く