Number

ささみ紗々

#6 断章

「あれ? うみ、それなに?」

「ん?」

 とん。友達の綾香が、瞬間、触れた。
 ぶるっ。私の体が震える。冷や汗が出る。そこはダメ。触らないで。
 首筋を指でなぞりながら読みあげる絢香の、声が、響いた。

「1888?」
「いやっ!」

 あ。

 ぱしっ! 払い除けた手が、そのまま空で静止する。絢香の目が少しずつ大きく開かれていく。

 やっ、ちゃった。

「ごめ、」
「うん、大丈夫」

 ニコニコと笑う絢香に安心。の、はずだけれど。

「聡美~!」

 くるりと踵を返した絢香が、五人で話す女子達のグループに混ざって、同じ色に染まる。

 あ。

 また、私は一人になる。


 こうなるともう、魚眼レンズで見た景色みたいに私の世界は歪む。
 ぐるっと私を取り囲むようにみんなが立ってる。みんなから薄く伸びた影が、長く濃くなって私の元に来る。口元がぐいっと裂けた影。私を笑うのは、やめて。



 教室はキャンパス。でっかいでっかいキャンパス。
 顔を初めて合わせる日は少しだけ緊張して暗い色が浮かんで、そんな色はすぐ大きな声に消されてオレンジになる。

 人はそれぞれ色があると思う。ちなみに私はグレーかな。薄い色。誰にも気づいてもらえない色。
 綾香は黄色。明るい鮮やかな色。でもその色は、時に攻撃的になる。
 聡美たちのグループは赤。クラスで一番目立つ色。でっかいでっかいキャンパスに、でっかいでっかい存在感を放つ。

 人には人の、居場所ってものがあるんだ。

 私はここに来る意味があるんだろうか……どうせいつか、死んでしまうのに。
 ここに来ることが苦手だ。きっとみんな私を気味悪く思う。
 どうして自分だけにこんな辛いことが待っているのか、なんでみんなは何も知らないで笑っていられるのか。……神様は差別的だと思う。

 私はそっと首筋を触った。……怖い。

「Number」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く