話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ヒロインバトルロワイヤル!

ささみ紗々

リムとアプリコット

 夢か現か…………微睡みの中にいたリムは引き戻される。
 ぐいっと引っ張られているような感覚。

「うっ……吐きそうだし……」

 頭が回る。

 ここはどこ?
 目を開けると、そこは先程までとは全く違う場所。まるで森のような……木に囲まれた場所にいた。
 周りには人っ子1人いない。

 もしかして、ここが『FAIRYTAIL FIELD』?

 リムは記憶を遡る。
 まるで夢を見ているようだったから、どれくらい前のことなのかはわからない。非現実的だとは思ったが、リュミエール王国そのものが不思議に包まれた国。何でもありだからなぁ……と、彼女はため息をついた。

 もしかして、招待状が来たことすら夢だった……?

 リムはおもむろにニット帽に手を伸ばす。深くかぶったピンク色のそれは、長年愛用しているもの。

 手を入れると、カサリと音がした。招待状だ。

 ……じゃあ、まだ私はお城に行っていない? お城に行く夢を見ていただけ?
 だったらここはどこ?

「わかんないんだし……」

 その時、耳元で声がした。

『やっと皆さん意識が戻ったみたいですね』

「ひっ!」

 誰かいると思ったが、振り向いても誰もいない。
 何があってもなかなか声を上げることのないリムが、この時ばかりは恐怖を感じた。

 誰の声か?
 その出処は、いつの間にかつけられたインカム……のようなもの。耳にはしっかり嵌っているが、マイク部分は耳から1、2センチ程しか伸びていない。不良品かと思ったが、そうでもないらしい。

『城のメイド、メイベルです』

 ……女王様は?
 リムは思った。というか、城のメイドということは……やはり自分は城に行っていたのだ。夢ではなかった。

『女王様は他にも職務を沢山抱えてらっしゃるので、この件は私が担当することになりました。
 これから毎晩、亡くなった方の報告をさせていただきます。皆さんお互いがどこにいるのか分かりませんよね? 私が皆さんの架け橋ということで……
 ご理解いただけましたか?』

 シーン。向こうからは何も聞こえない。

『おっとそうでした、返答してくださった皆さんありがとうございます。返答は他のヒロイン候補者には聞こえないようになっています。返答次第でどこにいるかわかったら大変ですから。
 もし私に個人的な質問がある場合、耳たぶあたりについているスイッチをオンにしてください。私が他の方との外線を一時的に切りますので』

 複雑な説明に、リムが眠くなってきた目をこすった、その時。

 ガサガサッ!

 出かけた欠伸を引っ込めて、リムは音の方を振り向く。その手はニット帽にかかっていた。

「ニャアオ」

 木の向こうから出てきたのは黒い猫だった。

「なんだし……」

 ほっと息をつく。
 死ぬだとか物騒な話を聞かされたばかりなのだ。眠いと思うのはいつも通りだが、それでもいつもより気が張っている。

 ニット帽にかけた手を、ゆっくり下ろそうとする。

 はて……?
 それにしても、なぜ猫?

 念を入れ、ニット帽を外しておく。中から覗くグレーのお団子。
 ニット帽の穴を上に向け、リムは手を突っ込んだ。真剣な眼差し。背筋はピンと張っていた。

「ふぅっ」

 息を吐いて、勢いよく振り向く。

 黒猫!?

 さっきの猫が、飛びかかってきていた。
 鋭い爪がリムの喉元を狙う。

 …………いや、黒猫じゃ、ない。

「チッ……バレた」
 黒猫、もとい猫耳のは空中で顔を歪めた。しかしその手は依然としてリムを狙う。

 ダメだ、このままじゃ死んでしまう。

「まずは君が私の餌第1号になるのかなっ!」
「早々でやられるなんて、カールソン家が廃るんだし!」
 リムは勢いをつけてブリッジ、そのまま勢いを殺さず足をあげ、彼女の腹を蹴り上げた。

「かはっ……」

 彼女は呻く。
 リムは立ち上がり、手についた土を払った。その間、ニット帽は宙に浮いていた。

「やっぱりそれ、なんか入ってるのかな?」

 彼女は言った。

「さっきからいじってたから、何か出てくるのかと思いきや……まさか道具を使わないなんて、これは予想外なのかな」

「誰だし? 全く、猫だと思って一瞬油断した自分が憎いんだし」

「アナタの敵なんだな……ここでも、現実世界でも」

「? どういうことだし」

「アナタさっき言ってたのかな。『カールソン家が廃る』と。……私の名前はアプリコット。アプリコット=フラン。アナタの家、カールソン家は私の家の政敵なのかな」

「へぇ……」

「ここで会えたのもなにかの運って言うのかな?
 ──アナタは……リム=カールソン、お前は私が殺す」

「政治のことはよくわからないんだし。けど……殺されるのはゴメンだし。殺られる前に殺ってやるんだし」

 ニヤリ、微笑んだアプリコットは舌なめずりをした。
 そういえば、ここに来る前にも変な奴がいたような。もしかして、こんな奴らばかり集められているのか? リムはそう思ったが、すぐに考えを改めた。城でよく話していた金髪や赤髪は違う気がする。

「何考え事してるのかな?」

 アプリコットは顎をひけらかし、笑った。
 真っ白な細い腕の先にある、狂気のような細い指。その爪はまるで猫のように尖っていて、引っ掻かれたら一溜りもない。

 リムは宙に浮いたニット帽を取ると、目を細めた。
 中から短剣を2本右手で取ると、帽子を腰に挟んで戦闘態勢に入る。

「殺してやるのかな!」

 言い終わるが先か、アプリコットはリムに飛びかかった。その勢いは猫よろしく、しなやかな肢体がリムの上に覆いかぶさるようにして先手をとる。

 かろうじて立つリム。体力がないのが苦である。
 アプリコットの手を短剣でしのぎつつ、リムはどう抜け出そうか考える。

 キィン! カン! カン!

 爪と剣の出す音が、静かな森に響き渡る。リムの剣さばきは上手く、2本の短剣で見事にしのいでいた。

 と、その時。

「っ?!」

 リムは崩れ落ちた。

 どうして? 全てしのいでいたはず……。

 閉じかけた目が捉えたのは、アプリコットの足だった。その先は獣のように大きくなっており、手と同じくらい鋭い爪を持っている。

 注意が足りなかった……。
 リムは目を閉じる。

「もっと骨のあるやつと思っていたのかな」

 落胆した声が、リムの上にかけられる。

「ま、どちらにしろ勝ちは決まったってことなのかな」

 アプリコットは戦闘に使った爪をゆっくりと舐めていく。

「じゃ、サヨナラなのかな。……リム=カールソン」

 倒れたリムの上に、アプリコットが覆いかぶさるようにし、手を振りあげた時。
 アプリコットの背中に、鋭い痛みが襲った。

「!?」

 アプリコットが思わず振り向き、リムから目を離す。リムはその隙にアプリコットから離れる。傷ついた足のせいで、思うように走れない。
 アプリコットは困惑した。振り向いた先には、のだ。ただ空虚な世界が広がるだけ。

 しかし、アプリコットの背中には、依然として痛みが続く。鋭利な刃物のようなものに、何度も何度も刺されている。
 アプリコットはとうとう立っていられなくなった。吹き出した血がじわじわと地面を染めていく。

「油断大敵、なんだし」

 アプリコットがなんとか頭を動かし声の方を見ると、そこにはニット帽に手を突っ込んだリムがいた。

 彼女も彼女で息が荒い。先程アプリコットにやられた際の傷が抉れ、時間を追うごとに痛みが増す。魔法でも使っているのだろう……。

 リムは何やらニット帽から取り出すと、それを自分に振りかけた。そして宙に浮く。
 足が使えないから飛ぶことにしたのだ。もう1つ、今度は武器を取り出す。
 アプリコットの背中を襲う刃物はもう姿を消していた。

 飛びながらやってくるリムの姿に、アプリコットは恐怖を覚えるしかなかった。もう動けない。避けることも、立つことすら……。
 眼前に迫り来るカーブのかかった刃。その向こうに見えるリムの笑顔。

「死神……」

 アプリコットの最後の言葉だった。

「一時は危ないと思ったけど……なんとかなったし。それにしてもこの傷をどうにかしなきゃだし……」

 鎌をニット帽の中に戻し、再び先程使っていた短剣を2本取り出す。短剣の先から鞘までアプリコットの血がついており、その争いの悲惨さを物語っている。

 ニット帽をかぶり直し、リムは身を翻した。

「ヒロインバトルロワイヤル!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く