異世界スキルガチャラー

黒烏(クロウ)

平和な日常 1

開けっぱなしにしていた窓から部屋に飛び込んだ2人を待っていたのは、鬼のような形相をしたゼーテであった。
2人は弁明する隙すら与えられずに彼女から怒鳴りつけられ、4日間の城からの外出禁止を言い渡された。
ちなみに、ルカはともかく啓斗までもの反抗心を消し去った最後の文句はこうである。

「もしも次に城の中から勝手に逃げ出そうとしたら、貴方達の両脚斬り落とすから覚悟なさい!!!」

その目は120%本気であり、言葉を聞いた2人が息を呑んで頭を下げざるを得なくなったほどである。

そんなことがあったにはあったが、その日1日は特に何事もなく平和に過ごすことができた。
シーヴァが全身ズタボロなうえにゼーテも片腕を骨折しているため、城内を案内してもらうといったようなことは出来なかったが、ただのんびり食事を楽しんだり本を読んだりと、久々に骨を休めることができた。

その夜。
ゼーテの粋な計らい(という名の強引な押し付け)によってルカと同じ部屋で寝るしか選択肢が無くなっている啓斗は、また床に布団を敷きなおして眠ろうとしていた。

「えー、ケイト君また床で寝ちゃうのー?」
「いや、この状況ならこおれは普通だって昨日言ったはずだよな?」
「お願いだからこっちで寝てよ。ねえ、見てよ、どうしてか分かんないけどベッドが朝より大きいの」

言われて振り返った啓斗は、舌打ちをしたくなるのを全力で抑える羽目になった。
確かに、昨日ルカが寝ていたベッドより一回り大きいサイズに変えられている。さらに、枕のサイズも確実に2人で寝ることを予期したような大きさだ。

(ゼーテめ……)

啓斗には、ゼーテが意地の悪い笑みを浮かべてこちらに手を振っているのが容易に想像でき、頭を抱える羽目になった。
そんな時、いきなりナビゲーターが目の前に現れる。

『はい、こんばん……あり、お邪魔でした?』
「何の用かによる」
『あ、すぐ終わりますんで寝る準備しながら聞いていいですよ。けっこう重要ですが』

ナビゲーターは小さく咳払いすると、いつもの様子でペラペラと喋り出した。

『マギクニカへ出発するまで、残り8日あります。それまでに啓斗様に1つやって頂きたいことがございまして』
「何だ?」
『はい、前に話した「マスターズ・キー」ありますよね。あれのうち2つの所在が分かっていると私は言いました』
「それで?」
『実はですねー、「100層ダンジョン」の最奥から、「パワー・キー」の反応があるんです。これは是非とも今の内に手に入れておきたい!!』
『5つある鍵の中でも「パワー」はかなり有用なんですよ。特に人間・・にね。どうでしょう、今度はお仲間さん方と一緒にあそこに挑戦してみては? キーを手に入れることが出来れば、啓斗様だけでなく皆さん全員に利益を約束致します』
「……考えてはおく。今は外出禁止にされてるけどな」
『了解しましたー。何か質問があれば、私の代わりに処理する機械アシスタントを設置しときますんでそれを使って下さい。それでは、またお会いしましょう!!』
『……ああ、そうそう』

ナビゲーターは何やら思い出したように啓斗の耳元に寄ると、小さく囁いた。

『パーティメンバーの管理はしっかりすべきだと思いますよ? 体調もそうですが、関係面・・・もね? 』
『では、オヤスミナサーイ!!!』

ナビゲーターは啓斗に意味ありげな視線を向けたかと思うと、逃げるように消えてしまった。

「おい、待て! ……くそ、喋りに喋って即退散か」
「ケイト君、早くこっちに来る!」
「うおっ!?」

ルカが啓斗の胴体を掴んで思い切り引っ張り、そのままベッドにダイブする。
顔面同士の距離が数センチのところまで近づき、自ずと見つめあうような姿勢になった。
整い切っているが、少女としてのあどけなさを残した美しい顔、風呂でいいシャンプーでも使ったのだろうか、金色に輝く髪からは爽やかで甘い香りが漂ってくる。
そして、顔の比率に完璧に合った大きな青い瞳がじっとこちらをベッドの中で見つめている。
そしてルカは啓斗を自分の傍にグイっと引き寄せると、抱きしめるような形になったまま眠りについてしまった。

(んなっっっっっっ!!???)

啓斗は反射的に引きはがそうともがいたが、17歳の少女の力とは思えないほどの剛力でがっちりとホールドされており、抜け出すことができない。
啓斗はこの体勢から抜け出すのを諦め、自分も眠りにつくことを選択せざるを得なかった。
目を閉じて眠るまでの間、自身の胴体に感じる絶妙に柔らかな感触については全力で考えないように努力した。

「異世界スキルガチャラー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く