異世界スキルガチャラー

黒烏(クロイズク)

降りしきる雨の中で 5

「ナビゲーター、お前も聞いたか!?」
『はい、確かに聞こえました! 咆哮が2つ!』
「あっちだな!?行くぞ!」

遠くから聞こえた2つの怒号を聞きつけた啓斗は、全速力で敵を蹴散らしつつ先に進む。






一方のルカは、既に激烈な戦闘を行っていた。

「ウガァァァ!!チョロチョロ避ケンジャネェ!」
「ははっ!そっちが遅いのが悪いんだよーだ!」

この戦闘で目を見張るものがあるとすれば、ルカの移動スピードの圧倒的速さにある。その人間など足元にも及ばない動体視力とそれによる回避を可能にする龍の筋力、そしてその2つを最大限に活かす完璧な反射神経。
この能力をフル活用し、巨大な斧を振り回して攻撃してくる敵モンスターの攻撃を全て回避する。

(凄い……あいつの動きが止まってるみたいに見える!)
(これが、龍の力……でも、なんだろう?何か変だヨ)

なにか、心の奥に広がる何とも言えないざわざわした感覚。
しかし今はそれに気を使っている暇がない。理由はこの圧倒的身体能力に由来するものだ。
どういうことかというと、ルカは元々エルフ族であるとはいえただの少女だ。数日前に能力を手に入れて、悪魔と戦い大敗を喫した後は力を抑えきれず暴走、つまりここまでのだ。
よって、この反射神経と動体視力に脳が着いていかないという事象が発生している。
ならばどうやって敵の攻撃を避けているかというと、本能的な反射回避を行っているだけなのだ。

「わっ、たっ、とっ! ほあっ!?」
「コノ、サッサト、当タリヤガレ!」

イナバウアー並みののけぞりや超速バックステップ、極めつけは熊が横薙ぎに振った斧の上に飛び乗ってそのまま斧の柄を走り抜けての攻撃だ。

「どおぉぉりゃあぁぁぁ!!!」
「ゲブアァッ!?」

龍の脚力を最大限に活かしたジャンプからの膝蹴りが熊の顎にクリティカルヒットし、大きく後退させた。

「よし! 感覚で戦えば勝てるかも!」

ルカは気づいていない。意識的に行動を制御せず戦い続けることの意味を。
理性ではなく自身の感覚、つまり「野生」に戦いを委ねることは彼女にとって最もリスキーなことであり、暴走の引き金を引いてしまいかねない行為なのだ。

「行ける、勝てる、倒せル……殺セ……え?」

思考の中に一瞬よぎった言葉。「殺せる」と言いかけそうになった自分に気付き、急いで平静を取り戻そうとする。だが、それは今まで回避していた攻撃が直撃するという結果を招いた。
咄嗟に右腕で防御する。異常な程の硬さの龍鱗のおかげで腕が千切れ飛ぶような事は無かったが、衝撃で近くの廃墟に突っ込んだ。






「なんだ? 明らかに敵数が増えてきてる」
『敵の本拠地に近づいてきたってことだと思いますよ。ていうか、地上からだとホントに遠いですねー』

啓斗はルカを追って街を走り回っていた。
まるで湧いて出てきているかのように至る所から現れるモンスター達を倒しつつ進む。

『ん? この反応は……』
「どうした?」

ナビゲーターがいきなりスマホらしきものを取り出して画面を操作しだした。

『啓斗様、どうやらこの近くの家の中に誰かいるみたいですね。バイタルサインが微弱で、このままだとまずそうです』
「……ルカも心配だが、それも放ってはおけないな。どこだ?」
『ここから北に2ブロック行って左手にあります。ドアが半開きになってるはずなのですぐ分かると思いますよ』

ナビゲーターの言葉に従って移動を開始する啓斗だったが、移動中にあることに気づいた。

「ちょっと待て。ナビゲーター、お前そのスマホで位置調査できるのか?」
『あ、はい。出来ますが、私に索敵やらを頼むのはお門違いってものですよ。私はある程度の「ナビ」をするのが仕事なんですから』
「いや、仲間の位置が分かるだけでもだいぶ違うんだってことも分かるだろうが」
『ふーむ、確かに。じゃあ私の匙加減で程よくサービスいたします』
「なんでお前の感覚が基準になるんだよ……」

依然としてモンスターとの戦闘は継続中だが、啓斗とナビゲーターは少々余裕を持っていた。






龍が目の前にいる。
深緑の鱗を全身に纏わせたその巨大かつ荘厳な生物は、優しげな瞳でこちらを眺めている。
私は、その顔に触れようと手を伸ばす。
龍もそれに応じるように頭を下げてきた。

そして、私の手が龍の鼻先にほんの少しだけ触れた瞬間、視界が光に包まれた。






「………う、ん!」

瓦礫の中から立ち上がったのは、紛れもない「龍人」だった。
だが、その目は狂気に侵されてはいない。

「ちょっとだけなら、行けるかも」

完全な龍人状態に変化したルカは、戦闘を再開すべく広場へと走った。

「異世界スキルガチャラー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く