異世界スキルガチャラー

黒烏(クロウ)

社の秘密

「あ、ケイト君、おかえ……」

結局寝付けなかったルカは玄関で待っていたのだが、戻ってきた啓斗がディーラを抱えていることに言葉を失った。

「……ルカ。とても言い難いことではあるんだが……」
「ううん、大丈夫。マモンに捕まってる皆の中にいなかったからもしかしたら、なんて希望は持ってたけど」
「ディーラお姉さんも…死んじゃったんでしょ……?」

その両目からはボタボタと大粒の涙が流れる。

「ああ、俺たちを…助けるために…命を落としてしまった」

そう言った啓斗も顔を伏せている。
ルカは痛む足に耐えながら啓斗に近づき、ディーラの顔を見る。
その顔は酷く穏やかで、眠っているようだった。
だが、その皮膚の冷たさが、ディーラの命が既についえていることを嫌でも分からせる。

「ねぇ、私ちょっとディーラお姉さんと一緒にいていい?」
「…分かった。俺はまだ少し用事がある。待っててくれ」

ディーラをベッドに下ろし、啓斗はやしろに向かう。
ルカはベッドの横に腰掛け、啓斗が出ていくのを見ると、ディーラにすがり付いて泣き出し始めた。










「ハァ…ハァ……スキル無しでこの階段上るのはやっぱキツいな……」

啓斗は、社に続く階段を上りきって息を切らしていた。
ようやく立ち上がり、社の前に立つ。
社の扉は開いたままになっていた。
中に入ると、大僧正の亡骸が静かに座っていた。

「大僧正さん……」

そのまま近づくと、大僧正から【追憶の目】が反応する際の淡い光が発せられた。
大僧正の死に際の記憶が浮かび上がる。




 
「……さて、こんな所かのう」
「まさか、あれほどの強さを持つ悪魔が現れるとは思わなかった」

大僧正は机に向かうと、何か手紙を書き始めた。
内容はこうだ。

ルカへ
お主が旅立ってからわしはずっとお主を見守っておった。
だが、今日戻ってきたのは災難だったな。お主は絶望の光景を見たかもしれない。
しかし、里の皆はまだ生きておる。
まだ間に合う。里の皆を攫った奴は森の「禁域」におる。
奴は、禁域におった神官から護符を奪い、禁域を根城にして妙なことをしている。
お主なら奴を倒せるかもしれない。
だが、禁域に入るには護符が必要だ。
儂のものを持っていけ。首にかけてある。

それとは別にもう1枚手紙を書いて引き出しに入れる。
そしてルカ宛の手紙を2つ折りにして手に持つと、部屋の中心に座る。

(まさか、儂が中から出ることも出来ないほど強力な封印の陣を扉に敷きおるとは……)
(司祭達も思い切りがいいと言えばいいのか、無謀と言うべきなのか)

そう、エルフの司祭たちは悪魔達からこの場所と大僧正を守るために社の扉を封印したのだ。

「さて、それでは最後の仕事をしようかの」
「護符を遺跡の鍵に変える。儂ももう歳だからのう。命を落とすじゃろうな」

そんな言葉を他人事のように呟き、精神を集中させる。
首にかけた護符が光り始める。
大僧正が目を閉じるのと同時に、記憶の景色も暗転した。




「…………………」

無言で正座して大僧正に手を合わせた後、啓斗は隅にある机に向かう。
引き出しを開けると、1枚の手紙が入っていた。


この手紙を見つけるとは大したものだ。
見つけたのがルカか啓斗君かは分からぬが、万が一のためにここに隠しておいた。
儂の背後にある壁を押せ。
そこは書庫になっている。
その最奥の本棚にある「他と違う本」を読むのだ。
そこに記されている情報は必ず役に立つだろう。


読み終わると、啓斗は書いてあった通りの壁を押してみる。
壁の一部がドアのように開いた。
場所を知らなければ壁と一切見分けがつかないほど巧妙な細工である。



奥には、巨大な本棚に本が所狭しと並んでいた。
その更に奥の奥まで行く。
最奥には、一面青い背表紙の本で埋まっていたが、三冊だけ緑色の背表紙の本があった。

本には、「壱 」、「弍」、「参」とある。
保存状態が良かったのか、かなり古そうだがページが痛んだりはしていないようだ。
啓斗は、まず「壱」の最初のページをめくった。




まず、最初に言っておかなければならないのは、この本は限られた者しか読んではいけないものだということだ。
私はこの森で大僧正をしている者だが、恐らくこの本は私が命を落とすまで読まれることはないだろう。
この本を手に取るということは、遠い遠い昔、本当に遠い昔。
まだ地龍が生存していた頃の秘密を垣間見るということだ。
君にその覚悟があるのなら、ページをめくりたまえ。





「……!?」

そこで背後に気配を感じて振り返る。
そこには、遺跡の中(詳しく言うと遺跡で見た謎の風景)で出会った男が立っていた。

「そんなに警戒するな。後ろから刺そうって訳じゃない」

そう言って男は、啓斗が持っている本を見やる。

「それを読めば、この里の真実が分かるだろう」
「「巫女」という肩書きの意味、儀式であの門番の女が命を落とした理由も分かる……が、読めばお前も後戻り出来なくなるぞ? それでも真実が知りたいのなら、読むがいい」

その言葉を聞き、啓斗は目を閉じて考え込む。
だが、すぐに意を決した。
啓斗は、「壱」の本の2ページ目を開いた。

「よほど、巫女が気に入ったらしいな。ま、そうするだろうと思っていたが」

男はため息混じりにそう言うと、本棚の影に混じって消えた。

「異世界スキルガチャラー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く