異世界スキルガチャラー

黒烏(クロイズク)

1000連目 「普通の」休日

第1部 3章 「絶望の森と龍の巫女」




リュートタウンの呪いを解き、唯一の生存者のマリーを救出した啓斗達。
その後、馬車の中で疲労がどっと出た4人は、城に帰還した直後に各々の部屋に直行、一日中眠り続けた。











翌日。

「ケイト!喜べ!王が特別に5日間連続で休みをくれたぞ!」

寝起きでボーッとしている啓斗をシーヴァは力強く揺さぶっていた。

「シーヴァ……ノックくらいしてくれ」

シーヴァを押し退けてベッドから這い出しながら言う。

「ああ、すまない。今日はどうする? 街のカフェでも行くか? それとも部屋でゆっくりするか?」

僕はゼーテといつものカフェに行くがね、と謎のドヤ顔で言うシーヴァは、相変わらずのテンションだ。

「……そうだな、休みと言っても何もせずに過ごしたんじゃ意味が無い。俺も行く」

啓斗もシーヴァ達に同行することにした。

「分かった。じゃあ、城のホールで待ってる。1階のだ。素早く来てくれよ!」

身をひるがえして去っていくシーヴァを見ながら、啓斗は着替えを始めた。
時刻は午前8時である。







「お、美味いな」

啓斗は双子の行きつけのカフェで朝食を食べていた。

「だろう?コーヒーの味もそうだが、ここは料理も美味いんだ」

ブラックコーヒーをすすりながらシーヴァが言う。

「外観の雰囲気も良いし、内装もオープンで気に入ってるのよ」

ゼーテも同じくコーヒー(ただし飲む前に砂糖とミルクは多めに入れていた)を飲みながら言う。

「ごちそうさまでした。……そういえば、ルカはどうしたんだ?」

目玉焼きを完食して一息ついた後に啓斗が最初に口にした言葉がこれだった。

「ああ、ルカも誘ったんだけど、用事があるって断られちゃった」

ゼーテが窓の外を眺めながら答える。

「僕は訓練場で見たぞ。弓の練習をしてた」

シーヴァが追加注文したチョコチップクッキーを食べながら言う。
それを聞いて啓斗は頭を掻く。

「……精神的に一番消耗してるのはルカだろうに。止めに行ってくる」

店主に代金を払うと、啓斗は訓練場へ走り出した。




「ひゅー、ケイトやっさしー」

ゼーテが人の悪い笑みを浮かべる。

「……ゼーテ、何か悪いこと考えてるだろ」

シーヴァはゼーテに疑いの目を向ける。

「いや、別にー?」

そっぽを向いたゼーテだが、心の中ではこう考えていた。

(ルカの方がケイトのこと好きなのは間違いないはず)
(ケイトも無自覚なだけかもしれない。明日にでもお膳立て・・・・してみようかしら)

妹がそんな事を考えているとは露知らず、シーヴァはこんな提案をした。

「そうだ、ゼーテ。この前から探していた小説を見つけたんだ。本屋に取り置きするように頼んでおいたから、今から行こう」

そのまま返事を待たずに二人分の代金を払って店を後にする。

「え、ま、待ちなさいよシーヴァ!」

ゼーテは慌ててコーヒーの残りを飲み干すと、シーヴァの後を追った。






「ルカ、昨日あんなことがあったのに戦闘訓練なんてしてるのか」

訓練場に着いた啓斗はルカに注意していた。

「疲労は蓄積するのが1番いけない。今日明日くらいゆっくり休んだらどうだ」

汗をダラダラ流しながら、それでも弓を手放そうとしないルカの頭を軽く叩く。

「やめろ。やめないなら担いででも連れていく」

その言葉を聞いて、少し顔を赤くした後にルカは渋々休憩を承諾した。
訓練場の砂地に座り込みながらルカは、訓練をしていた理由をこう述べた。

「私、ケイト君と一緒になってからずっと、逃げてばかりだから。これからも魔物に襲われることもあるだろうし、少しでも役に立てるようになりたくて……」

うつむきながら話すルカの顔を、啓斗は無理やり上げさせた。

「ルカ、戦いの時は良心とか不安とかが色々混ざり合う。だから、無理して戦う必要も無い」
 
前に彼女を慰めた時と同じように、優しい声で言う。

「……じゃあ、どうしてケイト君は魔物を容赦なく倒せるの?異世界の人なんだから、もっと怖いはずじゃないの?」

そう言われて、啓斗は自分が魔物や敵と戦っている時にあまり動揺していないことに気がついた。

「……そういえばそうだな。多分、現実味がないからだろう。今でもこれは夢なんじゃないかと思う」

苦笑い気味の顔でそう言うと、消化不良という感じだったが一応ルカは納得した。
すると、城の執事が突然現れた。

「ケイト様、ルカ様。リュートタウンから救出された少女の安全が確認されました。身柄をお引き取り願ってよろしいでしょうか?」

マリーは、呪われた街から生還した人物ということで、害のある怨念がついてきていないか城の魔道士たちに検査されていたのだ。

「ああ、分かった。ルカ、行こう」

2人は立ち上がり、執事に続いて城の医療室へと向かった。
その後、マリーは無事に意識を回復し、ルカの部屋に一緒に寝泊まりさせることになった。
両親と兄達は「しばらく出かけている」ことにしてどうにか誤魔化した。





「久しぶりに平和な1日だった」

午後11時、ベッドに腰掛けて啓斗はそう呟いた。
そのまま横になって寝ようとした時、ふと思い出してガチャ画面を開く。

「危なかった。1日引かないだけでかなりの損だからな」

そのまま100連ガチャを引く。
すると、虹色の光球が出てきたのだが、光球は腕時計に吸収された。



『おっめでとうございます!ただいま啓斗様が入手なさったのは、腕時計のグレードアップでーす!』

突然、ナビゲーターのホログラムが現れる。

『今回のグレードアップは、「トークシステム」の追加です!』
『簡単に言うと電話ですね。電話を所持している方や、通信魔法が使える方に自由に通信ができるようになります』
『あ、こっちからかける時は迷惑にならないように気をつけて下さいね!』
『グレードアップは他にも数種類あるので、是非狙ってみてください!』

今回も喋るだけ喋ってホログラムは消えた。

「相変わらず自由で謎な奴だな……」

今回は運悪く他にめぼしいスキルが無かったので、そのまま寝ることにした。

「異世界スキルガチャラー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く